中国 中国決済

中国はVisaではなくUnionPayで!日本人でも1枚は欲しい

インターネット鎖国が嘆かれている中国。鎖国状態なのはクレジットカード業界も然りです。中国ではVisaやMasterCardなどの国際ブランドは「外カード」と呼ばれてしまい、ほとんどの場所で使えません。そんな中国でもUnionPay(銀聨/ユニオンペイ)カードさえあれば、公明正大に、堂々と「刷!(シュワー)」できます。もう二度と中国のレジで、いたたまれない思いをする必要はありません。

銀聯カードとは?UnionPay(銀聨/ユニオンペイ)ってそもそも何?

日本で流通している国際ブランドのクレジットカードは、Visa、Mastercard、JCB、アメックスカードなどですが、中国のクレジットカードといえば、銀聯カードです。銀聯カードはすべて、カード番号が62から始まり、UnionPayの印が付いています。

UnionPayは2002年にスタートした、上海に本社がある企業です。銀聯(UnionPay)のクレジットカードには、ノーマル、ゴールド、プラチナ、ダイヤモンドのランク分けがなされています。

銀聯カードは全世界160の国や地域で使用できる他、中国以外のATMでもキャッシングできます。また、中国以外の店舗でのショッピングにも利用できます。中国以外の国で使用する場合、1から2%の外貨両替手数料減免が受けられる他、税金の払い戻しも銀聯カードを通してなされます。

日本人は使ったことがなくても国際ブランド!「銀聯カード」

日本人のほとんどは、国際ブランドのVisaやMastercardを使うので、銀聯カードを持っている人は少ないものの、お店などで「UnionPay」のマークを見たことはあるのではないでしょうか?

国内外の400もの組織が銀聯カードに加盟しており、日本国内では、三井住友カードと三菱UFJニコスが銀聯のプリペイドカードを発行しています。日本のお店では、インバウンド対策のために銀聯カードに対応するお店も増えてきています。

銀聯(UnionPay)カードは3種類で、ほとんどはデビットカード

中国では、クレジットカードがあまり流通しておらず、現地にはクレジットカードとデビットカードの違いを理解していない方も多くいます。クレジットカードは、中国で自分が所属している会社の証明書が必要になるため、自営業の方やパート・アルバイトの主婦には作れないカードなのです。
一方、中国で銀行のキャッシュカードを発行すれば、デビット機能がついていることがほとんどです。銀聯カードは工商銀行、農業銀行、中国銀行などの中国の主要な銀行を含むほとんどの銀行で簡単に作れます。

日本で銀聯(UnionPay)カードを作ってみよう!

中国で主に流通している銀聯カードですが、中国出張を控えている方や、中国旅行でショッピングに利用する方などのために、日本で銀聯カードを作る方法があります。例えば三井住友カードが銀聯カードの発行を行っています。

三井住友カードが発行する銀聯カードには三井住友銀聯カードとANA銀聯カードの二種類あり、高校生を除く18歳以上の方なら、誰でも発行する事ができます。ANA銀聯カードは、ANAカード会員の方のみ申し込めます。

この二種類のカードの利用枠は10万円から80万円となっており、ショッピングのみとなっています。更新時に手数料がかかるものの、新規入会手数料は無料です。また、年会費が0円というのも魅力的です。

このカードで買い物をすると、1,000円利用ごとに1ポイントのワールドプレゼントが付与され、ポイントは商品や電子マネーに交換する事ができます。

日本人でも安心して利用できる銀聯カードは、コールセンターが日本語対応となっており、上海にあるコールセンターにいつでも電話する事ができます。出張時や中国旅行の際に1枚は持っておくべきカードと言えるでしょう。

銀聯(UnionPay)カードには制限付きもある

中国国内の銀行で発行したデビット機能付き銀聯キャッシュカードは、限度額があらかじめ決められています。この限度額は銀行によって異なるため、注意が必要です。銀行別の限度額を比較してみましょう。

1回の限度額 1日(1か月)の限度額
工商銀行 5万元 5万元
農業銀行 5万元 10万元
中国銀行 5,000元 5,000元
建設銀行 1万元 1月5万元
交通銀行 2万元 2万元
招商銀行 5,000元 5,000元

参照元: http://online.unionpay.com/static/help/detail_38.html

また、中国では2016年12月以降、銀行で発行するデビットカードが3種類に別れており、1類、2類、3類の区分があります。この内、2類は1日の出し入れ合計が1万元以内と制限されています。

銀聯(UnionPay)カードを使う時に注意したいこと

銀聯カードは中国外でも引き出し額が定められています。不正な引き出しを防止するため、1回の引き出し限度額は5万円から10万円となっています。セブン銀行やゆうちょ銀行などのATMで、人民元を円で引き出す場合など、限度額に注意しましょう。

便利な銀聯(UnionPay)カード!日本での使い方。使えるお店は?

日本でも幅広く使える銀聯カード。UnionPayマークのあるお店なら、限度額の範囲内で利用できます。以下に挙げる店舗は銀聯カードが使えるお店の例です。一部の店舗のみで使えるチェーンもあるので、参考までに。

百貨店 ドラッグストア 家電 アパレル グルメ ホテル等 ショッピングセンター 空港
京王百貨店 コクミン エディオン ビームス かごの屋 京王プラザホテル デックス東京ビーチ 関西国際空港
近鉄百貨店 ドラッグイレブン コジマ BapeStore かに道楽 ザ・ペニンシュラ東京 東急ハンズ 成田国際空港
大丸 マツモトキヨシ ソフマップ 洋服の青山 かっぱ寿司 帝国ホテル 東急プラザ 羽田空港国際線ターミナル
松坂屋 ビックカメラ がんこフードサービス 阪急阪神ホテルズ なんばCITY 福岡空港ビルディング
阪急百貨店 ジョーシン グリルみその ホテルオークラ東京 福岡デューティーフリー
阪急メンズ ヤマダ電機 札幌かに本家 ホテルニューオータニ ラオックス
阪神百貨店 ヨドバシカメラ すたみな太郎 海遊館

参照元: https://www.smbc-card.com/camp/kokunai/index.html

銀聯(UnionPay)カードのメリット

元で貯蓄していても、日本ですぐ円に変えられると言うのが一番の魅力です。余った中国元も、セブン銀行などで簡単に引き出せます。日本でショッピングする際に、銀聯カードの残高を使うこともできます。

銀聯(UnionPay)デビットカードは審査がなく、即日発行、預金、利用可

中国で銀聯カードを発行する場合、直接銀行に行って手続きをするだけで、審査は必要ありません。必要なのは、パスポートと電話番号のみ。長期の中国滞在ビザがあれば、簡単に銀行口座を開設できます。

手続きをしたら、即日発行。口座にお金を入れて、デビットカードとしてすぐに使えます。デビットカードなのでポイントは貯まりませんが、中国のほぼすべてのお店、サービスで使えるというのはやはり便利です。

大部分の銀聯(UnionPay)カードはプリペイドなので使いすぎない

デビットカードは、プリペイドカードのように、残高にある分しか利用できないため、クレジットカードのように使いすぎないという利点があります。利用額が貯蓄した分を超えると、パスワードを入力しても銀行からストップがかかり、取引ができなくなります。

日本と上海に窓口がある三井住友カードの銀聯(UnionPay)

上述の、三井住友カードが発行する銀聯カードは、日本と上海にカスタマーセンターがあるので、中国からでも電話をかけられます。紛失や利用方法などの問い合わせを日本語で尋ねる事ができるのは、確かに心強いです。

三井住友カードの銀聯カードは台湾や香港の他、韓国やタイ、シンガポールなどでも利用でき、ホテルの優待などもあるので、東南アジアを旅行する際にも便利なカードです。

アリペイ・WeChatPayに押され気味とはいえまだまだ強いUnionPay

アリペイやWeChatPayが利用できるため、銀聯カードで支払う人は確かに減ってきていますが、外貨で引き出せることや、香港などでも使用できることを考えると、やはり便利なカードです。

中国ではレンタカーなどのサービスを利用する時にデポジット(押金)を払わなければなりません。预授权と呼ばれるこのデポジットを支払うと、残高の一部が一定期間凍結され、デポジットとみなされます。デポジットの支払いは今のところアリペイやWeChatPayでは行なえません。銀聯カードは、中国で生活するなら必要なカードです。

国際ブランドとなりつつある銀聯(UnionPay)カード。日本以外でも多くの国で使用できるため、中国を中心に海外出張が多いという方や、中国を頻繁に旅行するという方は、1枚は持っておくべきカードです。

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。