中国 中国Webトラブル 中国事情

中華人民共和国のインターネットセキュリティ法[翻訳文]

以下は2016年11月7日に“中国全国人民代表大会情報センター”がネットで公開したもの(編集者:Ma Dongxiao氏)を中国語から日本語に翻訳したうえで、余分なスペースを削除し、数値表記に統一性が無かったのを統一すべく修正しております、また日本文法上不明部分は???としました。
原文URL : www.npc.gov.cn/npc/xinwen/2016-11/07/content_2001605.htm

中華人民共和国のインターネットセキュリティ法

(2016年11月7日、第12回全国人民代表大会常任委員会第24回会合で採択)
第1章 総則
第2章 ネットワークセキュリティのサポートとプロモーション
第3章 ネットワーク操作の安全性
セクション1 一般条項
セクション2 主要情報インフラストラクチャの運用上の安全性
第4章 ネットワーク情報セキュリティ
第5章 早期警告および緊急時の取り扱いの監視
第6章 法的責任
第7章 附則

第1章 総則
第1条 ネットワークのセキュリティを保護するために、サイバースペースの主権と国家安全保障、社会的および公的利益を保護し、市民、法人その他の団体の正当な権利と利益を保護し、経済社会情報の健全な発展を促進する。

第2条 この法律は、中華人民共和国のネットワークの建設、運用、保守および使用、ならびにネットワークセキュリティの監督および管理に適用される。

第3条 国家はネットワークセキュリティと情報開発の開発を主張し、ネットワークセキュリティの人材の訓練をサポートし、健全なネットワークを確立し、ネットワーク技術革新とアプリケーションを奨励、ネットワークインフラストラクチャの構築と相互接続を促進する、安全性を確保する法律に従って、アクティブな使用、科学的開発、セキュリティシステムは、ネットワークセキュリティの保護を向上させます。

第4条 国家は、ネットワークセキュリティ戦略を策定し、継続的に改善し、ネットワークセキュリティの基本要件と主要目的を明確に定義し、主要分野におけるネットワークセキュリティポリシー、タスク、および対策を提出しました。

第5条 国は、中華人民共和国の領土から発生するネットワークセキュリティのリスクと脅威の監視、防御、処分、重要な情報インフラストラクチャの攻撃、侵入、妨害および妨害からの保護、法律に従ってサイバー犯罪者を処罰し、サイバースペースのセキュリティを維持し、注文。(?)

第6条 国家は、正直で信頼できる、健全で文明的なネットワーク行動を主張し、社会主義的な価値観の普及を促進し、社会全体のネットワークセキュリティ意識とレベルを向上させる措置を講じ、社会全体がネットワークセキュリティを促進する良い環境を形成する。

第7条 国家は、平和で安全で開放的かつ協力的なサイバースペースの建設を促進し、多国間、民主的かつ透明なネットワークガバナンス体制を確立するために、サイバースペース管理、ネットワーク技術の研究開発と標準化、インターネットに対する犯罪を積極的に行う。

第8条 州のネットワークレター部門は、ネットワークのセキュリティ作業とそれに関連する監督と管理作業の調整を担当しています。国務院の通信部門、公安部門および関連機関は、この法律および関連する法律および 行政規定の規定に従って、それぞれの責任範囲内でネットワークセキュリティの保護および監督および管理を担当 するものとする。
郡レベル以上の地方自治体の関連部門の行政上および行政上の責任は、国の関連する条項に従って決定されるものとする。

第9条 ネットワーク事業者はビジネスとサービス活動を実行するために、社会倫理の尊重、ビジネス倫理、誠意を遵守するために、ネットワークセキュリティ保護義務を果たすために、政府と社会監督、社会的責任を受け入れるために、法律や行政規制に準拠する必要があります。

第10条 ネットワークセキュリティや安定した運用、ネットワークセキュリティインシデントへの効果的な対応、技術的な対策やその他の必要な措置を取るために、法律や行政規則、国家基準の強制要件に準拠して、犯罪行為、ネットワークデータの整合性、機密性、ユーザビリティの維持。

第11条 ネットワークの関連組織は、定款に従って、業界の自己規律を強化し、ネットワーク安全規則を策定し、ネットワークセキュリティ保護を強化し、ネットワークセキュリティ保護のレベルを向上させ、業界の健全な発展を促進する。

第12条 国家は、市民、法人その他の組織が法律に従ってネットワークを使用する権利を保護し、ネットワークアクセスの普及を促進し、ネットワークサービスのレベルを高め、安全で便利なネットワークサービスを提供し、法律に従ってネットワーク情報の自由な流れを保証する。
ネットワークを使用するすべての人と組織は、国家権力を破壊する国家安全保障、名誉と利益を危険にさらすためにネットワークを使用してはならない、国家を分割する扇動、社会主義体制を倒すために、憲法を遵守する必要があります、国家憎悪、民族差別の促進、暴力の広報、猥褻なポルノグラフィー、経済秩序や社会秩序を破壊するための虚偽の情報の作成と普及、他人の評判、プライバシー、知的財産権その他の正当な権利と利益を侵害する国家統一の破壊、テロリズムの促進、その他の活動。

第13条 国は、未成年者の健全な成長に資するネットワーク製品及びサービスの研究開発を支援し、未成年者の肉体的及び精神的健康を危険にさらす活動にネットワークを使用することを罰し、未成年者にとって安全で健全なネットワーク環境を提供する。

第14条 個人または組織は、ネットワーク、通信、公安およびインターネットの安全に害を及ぼすその他の部門 に報告する権利を有する。報告書を受け取った部門はそれをタイムリーに処理し、部門の職務に属さない場合は、速やかに対応する部門を移管するものとする。
関連部署は、内部通報者の関連情報を保管し、内部通報者の正当な権利と利益を保護しなければならない。

第2章 ネットワークセキュリティのサポートとプロモーション

第15条 国家は、ネットワークセキュリティ基準制度を確立し、改善するものとする。国務院の標準化担当部署、国務院の関係部署は、それぞれの職務に従って、ネットワークセキュリティ管理やネットワーク製品、サービス、運用安全に関する国内標準と業界基準を整理し、策定し、改訂する。
国内のサポート企業、研究機関、大学、ネットワーク関連の業界団体は、ネットワークセキュリティの国家標準、業界標準に参加する。

第16条 国務院及び省、自治区及び自治体の人民政府は、全体的な計画を立て、投資を拡大し、主要なネットワークセキュリティ技術産業及びプロジェクトを支援し、ネットワークセキュリティ技術の研究開発及び応用を支援し、安全で信頼性の高いネットワーク製品及びサービスを促進し、ネットワーク技術の知的財産権、サポート企業、研究機関、大学の保護は、国家ネットワークセキュリティ技術革新プロジェクトに参加する。

第17条 国は、ネットワークセキュリティのための社会保障サービスシステムの構築を促進し、関連する企業及び機関に対し、ネットワークセキュリティ認証、試験及びリスクアセスメント等の安全サービスを奨励する。

第18条 国家は、公共データ資源の開拓を促進し、技術革新と経済社会開発を促進するために、ネットワークデータセキュリティ保護及び利用技術の開発を奨励する。
国家は革新的なネットワークセキュリティ管理、ネットワークセキュリティ保護のレベルを高めるために新しいネットワーク技術の使用をサポートしています。

第19条 さまざまなレベルの人々の政府および関係部門は、サイバーセキュリティに関する定期的な広報と教育を組織し、ネットワークセキュリティの普及と教育のために適切な部署を指導監督しなければならない。
マスメディアは、ネットワークセキュリティの広報と教育のために、コミュニティにターゲットを絞るべきです。

第20条 国家は、高等教育機関、職業学校、その他の教育訓練機関を支援し、ネットワーク安全関連の教育訓練を実施し、ネットワークセキュリティ職員を養成するための様々な方法を採用し、ネットワークセキュリティ職員の交流を促進する。

第3章ネットワーク操作の安全性

セクション1 一般条項
第21条 国家は、ネットワークセキュリティ保護のシステムを実施するものとする。ネットワーク事業者は、ネットワークセキュリティレベル保護システムの要件に従って、以下のセキュリティ保護義務を実行して、ネットワークデータの漏洩や盗難を防止するために、干渉、損傷、不正アクセスからネットワークを保護し、
( 1 )内部安全管理システムと運用手順を策定し、ネットワークセキュリティ責任者、ネットワークセキュリティ保護責任の実施を決定する。
( 2 )コンピュータウイルスおよびネットワーク攻撃、ネットワーク侵入および技術的対策のネットワークセキュリティ動作の他の危険に対する予防措置を講じること。
( 3 )ネットワークの運用状況及びネットワークセキュリティインシデントを監視記録するための技術的対策 を講じ、6ヶ月以上の規則に従って当該ネットワークログを保持する。
( 4 )データの分類、重要なデータのバックアップと暗号化と他の措置を取るために、
( 5 )法律および行政規定によって定められたその他の義務。

第22条 ネットワーク製品及びサービスは、関連する国内規格の必須要件に適合しなければならない。ネットワーク製品、サービスプロバイダは、悪質なプログラムを設定することはできませんが、ネットワーク製品、サービス、セキュリティ上の欠陥、抜け穴およびその他のリスクを発見した場合、ユーザーのタイムリーな通知の規定に従って、直ちに是正処置を講じ、関連当局に報告しなければなりません。
ネットワーク製品およびサービスの提供者は、製品およびサービスの継続的な保守を提供するものとし、当事者または当事者が定めた期限内に安全保守の提供を終了してはならない。
ネットワーク製品、サービスは、ユーザー情報機能のコレクションでは、プロバイダーは、ユーザーの個人情報を含むユーザーに同意し、同意を得る必要がありますまた、この法律や個人情報保護の要件に関する関連法律や 行政規制を遵守する必要があります。

第23条 主要機器及びネットワークセキュリティ製品のネットワークは、関連する国内規格の必須要件に従って 販売又は提供され、有資格の安全認証又は安全検査によって販売又は提供されるものとする。国務院の関連部門と一緒に国家ネットワークの手紙部門は、ネットワークキー機器とネットワークセキュリティ製品のディレクトリを開発し公開し、認証の重複を避けるために、安全認証と安全性試験の結果相互承認を促進する。

第24条 ネットワーク事業者は、ネットワークアクセス、ドメイン名登録サービス、固定電話及び携帯電話等のサービスを取り扱うか、情報公開及びインスタントメッセージ等のサービスを提供し、利用者との契約又はサービスの確認を行うものとするユーザーは真のアイデンティティ情報を提供するように求められます。ユーザーが真の識別情報を提供しない場合、ネットワーク事業者は関連サービスを提供してはならない。
国は、異なる電子身元間の相互認識を推進する、安全で便利な電子身元認証技術の研究開発を支援する信用できるアイデンティティ戦略のネットワークを実装している。

第25条 ネットワーク事業者は、ネットワークセキュリティインシデントのセキュリティのための緊急時計画を策定し、システム脆弱性、コンピュータウィルス、ネットワーク攻撃、ネットワーク侵入などのセキュリティリスクを迅速に処理し、ネットワークセキュリティを脅かす事象が発生した場合には、是正措置を講じ、規制に従って管轄当局に報告する。

第26条 国家の関連規定に従うべきであるネットワークセキュリティ認証、テスト、リスクアセスメントなどの活動を行うために、システムの脆弱性、コンピュータウイルス、ネットワーク攻撃、ネットワーク侵入およびその他のネットワークセキュリティ情報をリリースする。

第27条 個人又は組織は、違法に他のネットワークに侵入し、他人のネットワークの正常な機能を妨害し、ネットワークデータ及びその他のネットワークセキュリティ上の危険を奪う活動に従事してはならず、侵入ネットワーク に従事する特別な活動をしてはならず、ネットワークのセキュリティ活動、ツールを危険にさらすネットワークデータやその他の活動、ネットワークセキュリティを危険にさらすような活動に従事していること、技術サポート、広告、支払い、決済の助けを提供していないことを知っている。

第28条 ネットワーク事業者は、公安機関及び国家安全保障機関に対し、国家安全保障及び法律による犯罪捜査を保護するための技術支援及び援助を提供しなければならない。

第29条 国は、ネットワークセキュリティ情報の収集、分析、通知及び緊急時の取り扱いにおけるネットワーク 事業者間の協力を支援し、ネットワーク事業者の安全及びセキュリティ能力を向上させる。
関連業界団体は、業界のネットワークセキュリティ保護規範と協調メカニズムを確立し、ネットワークセキュリティリスクの分析と評価を強化するために、リスク警告の定期的なメンバーをサポートし、ネットワークセキュリティリスクに対処するメンバーを支援する。

第30条 ネットワークセキュリティ保護の機能を果たすために、ネットワーク部門と関係部門が取得した情報は、ネットワークセキュリティの維持にのみ使用することができ、他の目的には使用しない。

セクション2 主要情報インフラストラクチャの運用上の安全性
第31条 国家は、公衆通信および情報サービス、エネルギー、輸送、水利管理、財政、公共サービス、電子政府およびその他の重要な産業および分野、ならびにその他の損害、機能の喪失またはデータ漏洩などの分野における国家安全保障を真剣に危険にさらす可能性がある、人々の生活、主要な情報インフラストラクチャの公共の利益、ネットワークセキュリティレベルの保護システムでは、キーの保護の実装に基づいて。主要情報インフラストラクチャーの具体的な範囲と安全保護は、国務院によって策定されるものとする。
国は重要な情報インフラストラクチャ保護システムに自主的に参加するよう、主要な情報インフラストラクチャ外のネットワーク事業者に奨励している。

第32条 国務院が定める責任分担に従って、主要情報インフラストラクチャの保護を担当する部署は、業界の実施、重要な情報インフラストラクチャのセキュリティ計画、指導、監督を準備し、組織する。仕事。

第33条 重要情報インフラストラクチャの建設は、事業の安定した継続的な運営を支援する遂行能力を有し、安全性と技術的措置が同期、同期、同期されることを保証するものとする。

第34条 本法第21条の規定に加えて、主要情報インフラストラクチャの運営者は、以下のセキュリティ保護義務を果たすものとする。
( I ) 専任の安全管理および安全管理担当者を設置し、責任者および主要職の安全性の審査を実施する。
( 2 ) 従業員のネットワークセキュリティ教育、技術訓練、技能評価を定期的に実施する。
( 3 ) 重要なシステムおよびデータベースの災害復旧。
( 4 ) ネットワークセキュリティ事件の緊急時計画の開発、および定期的な運動。
( 5 ) 法律および行政規定によって定められたその他の義務。

第35条 主要情報インフラストラクチャの運営者が、国家の安全に影響を及ぼす可能性のある製品およびサービスのネットワークを購入する場合は、国家ネットワーク部門が主催する国家安全保障審査を国務院の関連部門と合致させなければならない。

第36条 主要情報インフラストラクチャの運営者は、規定に従ってセキュリティ製品及びサービスを購入し、セキュリティ及び機密保持の義務及び責任を明確にするために、プロバイダとセキュリティ及び機密保持契約を締結するものとする。

第37条 中華人民共和国の領土内の主要情報インフラ事業者の運営者が収集し生産する個人情報及び重要なデータは、当該地域に保存されるものとする。ビジネスニーズのために、国家評議会の関連部門と一緒に国家ネットワークの手紙部に準拠して、安全評価を開発する必要がある外に提供する必要がある、その条項に従って別に提供される法律および行政規定。

第38条 主要情報インフラストラクチャの運営者は、自らの費用で、ネットワークセキュリティサービス組織に、ネットワークの安全性と可能性のあるリスクの少なくとも1年間の評価と評価を依頼し、評価と評価の措置を責任者に提出する主な情報インフラストラクチャセキュリティ保護作業。

第39条 国家ネットワーク書簡は、重要情報基盤の保護のために以下の措置を講じるよう関連部門を調整するものとする。
( 1 ) 主要情報インフラストラクチャのセキュリティリスクを点検し、必要に応じてネットワークセキュリティサービス機関にネットワークのセキュリティリスクのテストと評価を委託 する改善策を提案する。
( 2 ) 定期的に主要情報インフラストラクチャの運営者を編成してネットワークセキュリティ緊急訓練を実施 し、ネットワークセキュリティインシデントに対応するレベルと調整能力を向上させる。
( 3 ) 主要情報インフラストラクチャーと関係する研究機関とネットワークセキュリティサービスの関係部門 と事業者との間のネットワークセキュリティ情報の共有を促進する。
( 4 ) ネットワークセキュリティインシデントの緊急処分とネットワーク機能の修復のための技術サポートと支援を提供する。

第4章 ネットワーク情報セキュリティ

第41条 ネットワーク事業者は、収集した利用者情報を厳重に保管し、健全な情報保護体制を確立しなければならない。

第41条 ネットワーク事業者は、個人情報を収集又は使用する場合には、合法性、理性及び必要性の原則に従い、規則を公的に収集し使用し、情報の目的、方法及び範囲を明示的に収集し使用し、???
ネットワーク事業者は、提供するサービスに関連しない個人情報を収集してはならず、また法律および行政規則の規定および両当事者の合意に違反して個人情報を収集または使用してはならず、法律および行政規則の規定およびユーザー、個人情報の???

第42条 ネットワークの運営者は、収集した個人情報を漏らしたり改ざんしたり破損したりしてはならず、収集者の同意を得ずに他人に個人情報を提供してはならない。ただし、処理が特定の人物を認識せず、回復することはできません。
ネットワーク事業者は、収集した個人情報が漏洩、毀損、情報漏えいを防止するのに安全であることを保証するため、技術的対策などの必要な措置を講じます。発生または個人情報の開示、損害、状況の損失が発生する可能性がある場合は、ユーザーにタイムリーな通知の規定に従って直ちに是正措置を講じ、関係当局に報告しなければならない。

第43条 個人が法律 及び行政規定の規定又は二者の同意に違反して自己の個人情報を収集又は使用したと 認めるときは、ネットワーク事業者が収集し保存した個人情報を発見しなければならない情報が間違っている、 ネットワークオペレータの修正を要求する権利。ネットワークオペレータは、削除または訂正する処置を取る必要があります。

第44条 個人または組織は、他の違法な方法で個人情報を窃取または取得することはできず、違法に個人情報を販売したり、違法に他者に提供することはできません。

第45条 法律によるネットワークセキュリティの監督と管理を担当する部署とその職員は、個人情報、プライバシー、営業秘密を職務の遂行において厳格に管理し、他者に開示、売却、違法に提供してはならない。

第46条 個人または組織は、インターネットの使用行為に対して責任を負うものとし、詐欺行為、刑法の執行、 禁止された記事の作成または販売、支配条項およびその他の違法行為の目的でウェブサイトおよびコミュニケーショングループを設立してはならないインターネット出版は、詐欺の実施、禁止品目の製造または販売、商品の 管理、および情報の他の犯罪行為を含む。

第47条 ネットワーク事業者は、利用者の情報の管理を強化し、情報の公表又は送信を法令及び行政上の規制が禁止する情報を発見し、速やかに情報の伝達を停止し、情報の漏洩を防止し、関連する記録と関係当局への報告。

第48条 個人または組織から送られた電子情報には、アプリケーションソフトウェアが提供され、悪意のある手続きは設定されず、法律または行政規制によって禁止されている情報は含まれないものとする。
電子情報発信サービス事業者及びアプリケーションソフトダウンロード事業者は、安全管理義務を果たし、利用者が前項の行為をしたことを知り、その提供を停止し、消去等の措置を講じ、関連する記録を保存しなければならないレポート。

第49条 ネットワーク事業者は、ネットワーク情報セキュリティの苦情及び報告制度などの情報を整備し、苦情を報告し、方法を報告し、速やかに苦情を受け取り、ネットワーク情報のセキュリティに関する報告をしなければならない。
ネットワーク事業者は、法律に従って、ネットワーク部門および関係部門の監督と検査に協力しなければならない。

第50条 国家ネットワーク及び関連部署は、法令に基づきネットワーク情報セキュリティの監督及び管理の職務を遂行し、法令及び行政規則により禁止されている情報を発見した場合には、送信を停止し、???中華人民共和国外の情報源からの情報は、拡散を阻止するための技術的対策およびその他の必要な措置を講じるよう関連機関に通知するものとする 。

第5章 早期警告および緊急時の取り扱いの監視

第51条 国家は、ネットワークセキュリティの監視と早期警戒と情報通信システムを確立するものとする。ネットワークセキュリティの監視と早期警告情報の統一されたリリースの規定に従って、ネットワークセキュリティ情報収集、分析および通知作業を強化するために、関連する部署を調整する必要があります。

第52条 主要情報インフラストラクチャのセキュリティ保護部門は、業界におけるネットワークセキュリティ監視及び早期警報及び情報通信のシステムを確立し、改善し、規則に従ってネットワークセキュリティ監視及び早期警告情報を提出するものとする。

第53条 国家ネットワーク部は、ネットワークセキュリティリスクアセスメントと緊急作業の仕組みを確立し完結させ、ネットワークセキュリティインシデントの緊急時計画を策定し、定期的に訓練を組織するために関連部門を調整する。
主要な情報インフラストラクチャのセキュリティ作業部門の責任は、業界、ネットワークセキュリティインシデント対応計画の分野を開発し、定期的に練習を組織する必要があります。
ネットワークセキュリティインシデント対応計画では、事故後の被害の程度や影響度などの要因に応じてネットワークセキュリティイベントを分類し、対応する緊急対策を規定する必要があります。

第54条 サイバーセキュリティの事故の危険性が高まると、地方レベル以上の人民政府の関連部門は、規定された権利と手順に従って、ネットワークセキュリティリスクの特性と可能性のある害に応じて以下の措置を講じ なければならない。
( 1 ) ネットワークセキュリティリスクのモニタリングを強化するために関連部門、機関および要員に適時に 関連情報を収集および報告するよう要求する。
( 2 ) ネットワークセキュリティリスク情報を分析し評価するために関連部門 、機関および専門家を組織し、事故の発生の可能性、影響の範囲および害の程度を予測する。
( 3 ) コミュニティのリリースネットワークのセキュリティリスク早期警告、回避するためにリリース、害の対策を減らす。

第55条 ネットワークセキュリティ事故が発生した場合は、直ちにネットワークセキュリティ事故の調査・評価を行うためにネットワークセキュリティ事故対応計画を立ち上げ、ネットワーク運用者はセキュリティリスク を排除し、公開関連の警告メッセージをコミュニティに公開する。

第56条 地方レベル以上の人民政府の関連部署は、ネットワークセキュリティ監督管理の職務を遂行して、ネットワークに大きなセキュリティリスクやセキュリティ事件があると判断した場合、ネットワーク運用者の法定代理人は、担当者または主担当者。ネットワーク事業者は、必要に応じて措置を講じ、隠れた危険を排除するための整流と整流を実施しなければならない。(整流:?)

第57条 ネットワークセキュリティ事故、予期せぬ事故又は製造安全事故が発生した場合には、中華人民共和国の法律に基づき、中華人民共和国の安全生産法に関する事故対応法及び中華人民共和国法???

第58条 暫定措置は、国家安全保障及び社会公共秩序の保護及び主要な社会保障事件の処分を目的として、国務院の決定又は承認により、特定の地域におけるネットワーク通信に課されることがある。

第6章 法的責任

第59条 ネットワーク事業者が本法第21条及び第25 条に規定するネットワークセキュリティ保護の義務を履行しなかった場合、関係する管轄部門は、ネットワークセキュリティ及びその他の結果を是正し又は害することを拒否するよう訂正及び警告を命じなければならない人は、1万元以上10万元以下の罰金を科され、直接担当者には5千元以上5万元以下の罰金を科される。
関係法務部は、本法第33条、第34条、第36条、及び第38条に定める主要な情報インフラストラクチャの運営者がネットワークセキュリティ保護の義務を履行しない場合は、訂正及び警告を命じなければならない。ネットワークセキュリティの結果を是正または害することを拒否し、10万元以上100万元以下の罰金は、直接責任者に1万元以上10万元以下の罰金を科される。

第60条 この法律の第1項、第2項及び第48条第1項の規定に違反して、次の行為の1つが関係当局により訂正及び警告を命ずるものとする。またはネットワークのセキュリティと他の結果に害を引き起こす、50万元以上の罰金に5万元で、1万元以上の10万元の罰金を直接責任者???
( 1 ) 悪質なプログラムを設定する。
( 2 ) 製品やサービスの存在時に安全上の欠陥や抜け穴などのリスクに対して直ちに是正措置を講じないか、または規定に従ってユーザーに通知しなかったこと。
( 3 ) 製品およびサービスのセキュリティを終了すること。

第61条 ネットワーク事業者が本法第24条第1段落の規定に違反し、真正な身元情報を提供しない、又は真正な身元情報を提供しない利用者に関連サービスを提供する必要がない場合、関係する主務部は訂正を命ずる。事件が訂正されなかった場合又は事情が深刻な場合は、5万元以上50万元以下の罰金を科され、関連する業務を 中断し、訂正のために事業を停止し、ウェブサイトを閉鎖し、関連する事業免許を取り消し、責任者およびその他の直接責任者は、1万元以上10万元以下の罰金を科される。

第62条 この法律第26条の規定に違反する者は、ネットワークセキュリティ認証、試験及びリスクアセスメント等の活動を行い、システム脆弱性、コンピュータウィルス、ネットワーク攻撃及びネットワーク侵入等のネットワークセキュリティ情報を公表するものとする。所管省は、訂正を命じ、訂正を拒否するか、または状況が重大である場合は、1万元以上10万元以下の罰金を科され、関連する事業を中断し、業務を中断し、ウェブサイトを閉鎖し、直轄担当者及び直接責任者には業務免許を取り消し、5千元以上5万元以下の罰金を科す。

第63条 本法第27条の規定に違反して、ネットワークの安全を危うくする活動に従事する者、又はネットワークの安全を危うくする活動に従事する活動、道具、道具又は活動の技術的手続を提供する者は、広告、支払い、決済などは、犯罪を構成していない、公安機関は、違法所得を没収し、5日未満の拘留され、5万元以上50万元以上の罰金を課すことがあります??? 15日間の勾留で、10万元以上100万元以下の罰金を課すことができる。
前項のいずれかの行為をしているときは、公安機関は違法な利益を没収し、10万元以上100万元以下の罰金を科し、前項の規定により直接責任者及びその他の直接責任者に罰金を科す。
本法第27条の規定に違反して、セキュリティ管理者が処罰した者は、5年以内にネットワークセキュリティ管理及びネットワーク運用の主要業務に従事してはならない??? 刑事罰の対象者は、ネットワークセキュリティ管理及びネットワーク運用の主要な職務仕事??? 。

第64条 ネットワーク事業者、ネットワーク製品又はサービスの提供者は、本法第23条第3項及び第41条から第43条までの規定に違反して、法に基づき保護すべき個人情報の権利を侵害しなければならない関係する主務官署から訂正を命じ、状況に応じて、または同時に警告して、違法な利益を没収し、違法所得の10倍以下の罰金を科され、違法所得がない場合は、100万元以下の罰金を課され、監督者その他の直接責任者は、1万元以上10万元以下の罰金を科され、重大な事態が生じた場合には、当該事業を中断し、業務を中断し、ウェブサイトを閉鎖し、関連する事業免許を取り消し、
この法律第44条の規定違反、盗難その他の違法な方法で他人に個人情報を取得し、違法に売買したり違法に提供することは犯罪にはならず、公安機関は違法な収入を没収し、違法所得がない場合は、100万元以下の罰金 が科せられる。

第65条 重要情報インフラストラクチャの運営者が本法第35条の規定に違反した場合、安全審査又は安全審査を経ないで渡されたネットワーク製品又はサービスの使用は、当該主管部門が部門の使用を停止するよう指示するものとする。10倍以上の罰金、直接担当者およびその他の直接責任者は1万元以上10万元以下の罰金を科される。

第66条 重要情報基盤の運営者が本法第37条の規定に違反した場合には、インターネットデータが海外に保管されている場合や海外のネットワークデータが提供されている場合には、関連する事業を中断し、整理のために事業を中断し、ウェブサイトを閉鎖し、関連する事業免許を取り消し、または事業免許を取り消すように命ずるべきである??? 責任を負う直接責任者および1万元10万元以上の罰金 。・・・?

第67条 この法律第46条の規定に違反して、犯罪行為の犯行を目的としたウェブサイト又はコミュニケーショングループを設置し、犯罪行為の実施に関する情報を犯罪を構成するものではなく、1万元以上10万元以下の罰金を科さなければならない???事情が深刻な場合は5日以上5日以内に拘留され、5万元以上50万元以下の罰金を科される。犯罪行為、コミュニケーショングループの実装のためにウェブサイトを閉じます。
前項があるときは、公安機関は、10万元以上50万元以下の罰金を科され、直前の担当者及びその他の直接責任者に対し、前項の規定に基づき処罰されるものとする。

第68条 ネットワーク事業者が本法第47条の規定に違反したときは、法令で禁止されている情報が送信を禁止するか、情報の送信を停止せず、削除等の対処方法を講じ、関連する記録を保持している場合には、関連する事業を中断し、整理のために事業を中断し、ウェブサイトを閉鎖し、関連する事業免許を取り消し、または事業免許を取り消すよう命令する( 以下、”事業免許”という)?直接1万人以上?の責任者に1万元以上10万元以下の罰金を科す。
この法律第48条第2項に規定する安全管理義務を怠った電子情報発信サービス事業者であるアプリケーションソフトウェアダウンロードサービス提供者は、前項の規定に基づき処罰する。

第69条 ネットワーク事業者がこの法律の規定に違反し、次に掲げる行為をしたときは、所轄官庁は補正を命じ、訂正又は重大な事情があるときは5万元以上50万元以下の罰金に処する。責任者およびその他の直接責任者は、1万元以上10万元以下の罰金を科される???
( 1 ) 情報の送信または送信を禁止する法律および行政上の規則に関連する部門の要件に従って情報の処分 または送信に失敗したこと。
( 2 ) 法律に基づいて関係部門が実施する監督および検査を拒否または妨害すること。
( 3 ) 公安機関および国家安全機関に技術支援と援助を提供することを拒否すること。

第70条 第12条第2項の情報の公表又は送信を行う者は、情報の公表又は伝達を禁止するその他の法令及び 行政規定は、係法令及び行政規程に従い罰しなければならない。

第71条 この法律の規定に違反する者は、関連する法律および行政規定に従って信用状に貸方記入され、公表されるものとする。

第72条 国家機関の行政機関の運営者がこの法律の規定に基づく義務を履行しないときは、上級機関又は関係機関により訂正を命じ、直接責任者及びその他の直接責任者は、法律により処罰される。

第73条 手紙部及び関係部門が本法第30条の規定に違反した場合は、ネットワークセキュリティ保護業務を行う上で得られた情報を他の目的のために使用し、直接責任者及び直接責任者を与えなければならない???。
罰を与えるための法律によると、ネットワーク部門とスタッフの関連部門は、義務、権力の乱用、偏見を無視し、犯罪を構成していません。

第74条 この法律の規定に違反して、他者に損害を与える者は、法律に従って民事責任を負わなければならない。
この法律の規定の違反は、セキュリティ管理罰を与えるために法律によると、公安管理行動の違反を構成する??? 犯罪を構成する、犯罪責任を負わなければならない。

第75条 中華人民共和国の重要な情報基盤を危険にさらし、攻撃、侵入、干渉、破壊などの活動に関与する機関、組織および個人は、重大な結果を引き起こし、法律にしたがって法的責任を負うものとする???公安部門および国務院の関連部門それは機関、組織または個人に凍結財産またはその他の必要な制裁を課すことを決定するかもしれない。

第7章附則

第76条 この法律における以下の用語の意味
( 1 ) ネットワークとは、コンピュータその他の情報端末及び関連機器からなる一定の規則及び手続に従って情報を収集し、保管し、送信し、処理し、処理するシステムである。
( 2 ) ネットワークセキュリティとは、攻撃や侵入、干渉、破壊、違法なネットワークの使用や事故を防止するために必要な措置を講じることにより、安定した信頼性の高い運用を行い、ネットワークデータの完全性と機密性を確保することを意味する、利用可能な能力。
( 3 ) ネットワーク事業者は、所有者、マネージャー、ネットワークサービスプロバイダーのネットワークを指します。
( 4 ) ネットワークデータは、様々な電子データの収集、保管、伝送、処理、生産を通じてネットワークを指します。
( 5 ) 個人情報とは、電子的またはその他の方法で記録された情報をいい、単独で、または他の情報と組み合わせて、自然人の名前、生年月日、身分証明書番号、個人の生体情報、住所、電話番号などを入力します。

第77条 国家秘密情報を含むネットワークの運用及び運用の安全及び保護は、この法律の遵守に加えて、機密保持法及び行政規則の規定に従うものとする。

第78条 軍事ネットワークの安全保障は、中央軍事委員会によって別個に策定されるものとする。

第79条 この法律は、2017年6月1日から施行する。

翻訳:Google翻訳
編集:LXR Inc.

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。