中国 中国SEO

中国の最新検索エンジンシェア 2016年度版

search-2041815_1280

中国検索エンジンにおけるシェアの最新情報を紹介します。

%e5%9b%b31

2016年8月の総合ランキングです。百度は77.88%で揺るぎない一位です。続いて二位はHAOSOUの8.18%、こちらは日本ではあまり耳にしないかもしれませんが、セキュリティーソフト出身の奇虎360が開発した検索エンジンです。神马は三位で6.22%、搜狗搜索は3.15%、Googleは2.81%、その他は1.76%です。

総合ランキングでは百度の一人勝ちに見えますが、こちらのグラフもご覧ください。

2

こちらは7月から9月の線状グラフです、ご覧の通り、実は百度の市場シェアはだんだん下がっていることが分かります。

3

こちらはデスクトップPCが使用している検索エンジンのシェアグラフです。百度のシェア率はスマートホンやタブレットなどの移動端末に依存している部分が大きく、デスクトップシェアは360検索エンジンに侵食されつつあります。

現代の中国人はサードパーティーブラウザを使ってウェブサイトを閲覧することが多く、具体的な統計はありませんが、360ブラウザは相当なユーザーシェアを保有していると考えられます。

 

中国検索エンジンの市場収益規模

%ef%bc%94

Analysys易观による2014Q1から2016Q1の検索エンジンの収益グラフです。

 

中国ではインターネット市場が広く、2016Q1は178.2億元の総収益があります。

前期と比べて17%減少していますが、中国市場はパターンがあり、年末に向かって上昇する傾向がありますので、2016年全期がどのような数字になるかはまだ分かりません。

 

%ef%bc%95

 

2016年度の百度では市場シェアが減りつつありますが、検索エンジン市場の80%以上の収益を占め、今年最大の勝者になるでしょう。

 

 

まとめ

 

中国の検索エンジン市場は昔の百度の一人勝ちとは全く異なり、現在では360、搜狗等の好敵手が出現し、市場シェア率の争奪戦を始めています。

2016年は中国検索エンジン市場の大きな変革における重要な年です。検索範囲はさらに広くなり、ユーザー体験を向上させ、検索エンジンの固有のビジネスパターンも大きく変わるでしょう。同時に、検索エンジンは移動端末への発展が成功し、好成績を収めました。移動端末のユーザーをどうやって保持していくか、検索エンジン市場のこれからの大きな課題になるでしょう。

役にたったら
いいね!して下さい

中国Webマーケティングラボを
中国向けホームページの制作は中国Web専門会社にお任せください

株式会社レクサー(LXR Inc.)は中国を専門とするホームページ作成・広告マーケティング会社です。

中国語でのホームページ制作はもちろん多言語ホームページや越境ECサイト作成。中国現地のWebマーケティングやSNSマーケティングから中国観光客に対するインバウンドマーケティングまで中国のWebビジネスをワンストップで提供できます!

株式会社レクサーのメンバーは中国で10年以上の経験を持つ代表を初めホームページ作成専門家、Webサービスの制作専門家、越境ECサイト及び中国現地の天猫等のECモールの専門家、経営コンサルタント、元中国現地法人の広告代理店勤務者、中国での経理・法務経験者、翻訳者など中国ビジネスのプロフェッショナルの集団です。日本と上海に拠点があり、グローバルに対応可能です。