中国 中国Web 中国EC

【中国】2016年上半期の中国Web市場状況

中国大手データ分析会社Analysys Yi Guan(易観)が発表した「中国インターネットショッピング市場の期ごとの報告書 2016年第2季」のデータによると、2016年の上半期の中国インターネットショッピング市場は22323.4億人民元まで規模が拡大しているとのことです。中国インターネットショッピングのB2B市場の規模は12000.6億人民元になり、同時期に比べて38.6パーセント増加しています。

第2季のインターネットショッピングB2C市場は時節にうまくあったために売り上げが大きく回復し、春夏の変わり目は、ファッション業界と3C家電製品のインターネットショッピングは大変人気となるのです。大型家電のセールスキャンペーン「4.18」、「4.23」、「5.20」や、「6.18」と通してアパレル業界、3C家電業界、雑誌出版業界の商品の消費者の需要を開放することができました。インターネットショッピングが中国国内経済において、下行が長らく続く中、疲弊した消費市場を再興しつつ、かつ増加傾向を保ったのです。

市場占有率につては、インターネットショッピングのB2C市場の現在のトップは「天猫(T-mall)」、「Jing Dong(京東)」、「Wei Pin Hui(唯品会)」で合わせて売り上げ市場の87.1パーセントを締めています。そのうち、天猫(T-mall)は56.6パーセント、つまり売上市場の半分以上を依然と占めており、堂々一位を獲得しているのです。Jing Dong(京東)は「6.18」のキャンペーンを通して市場占有率を2015年第2季の24.8パーセントから26.8パーセント拡大し、また、Wei Pin Hui(唯品会)は2015年第2季において3.5パーセントから3.8パーセントに上昇していて、連続4季で第3位の座を占めています。「Su Ning(苏寧)」、「Guo Mei(国美)」、「Dang Dang(当当)」などの大手電化製品会社の市場占有率も基本的に安定しています。

Analysys Yi Guan(易観)の分析によると、すでに発展成熟期に入った中国インターネットショッピング市場は、増加が緩やかになりつつある中、電化製品会社は先々までの見通しを立て、売上増加の傾向を持続させ、さらに市場で安定したステータスを維持したいがために、いま新たなセールスキャンペーンのモデルを模索している模様です。

2016年上半期に、電商業界でにおいて以下の数点が見受けられた。

1.深度調整を通して新たな構築をすることですべての小売りルートへ参入する

インターネットショッピングの小売りは長年形成された「セールス」に主に依存した増加方式ののち、中国国内の消費市場は徐々に冷静さと品質重視傾向を取り戻し、インターネットショッピング市場は同時により健康的で持続する発展モデルを模索しています。2015年の電化製品会社と中小企業の交代と合併に引き続き、電商の二大巨頭は近いうちに前後して重要な戦略を開始するでしょう。Jing Dong(京東)とAo Er Ma(沃尔玛)は戦略上の深い合意に達し、1号店を買い付けました。また天猫(T-mall)マーケットは「ダブル20億計画」を打ち出し、Mai De Long(麦徳龍)などの海外マーケットと深く提携しました。

大手電商会社はそれぞれ良質の小売り資源と強い整合性を持ち、インターネットショッピング市場は小売業のすべてのルートに向けて発展していっています。一方では、オンライン・オフラインの小売ルートが融合し、インターネットショッピングサービスは「ルート沈降」、「ピンポイントセールス」などの戦略以外でも顧客の獲得を目指し、大量消費してくれる顧客の依存度を上げようとしています。もう一方では、小売りの売上が停滞している成熟した供給チェーンの資源を実体化させ、インターネットショッピング小売りサービスの有効な供給チェーンの効率を改善し、早急に品ぞろえを拡大することを助けることができるのです。

Analysys Yi Guan(易観)が分析するには、今回の大手電商会社と実際の小売り業が戦略的に強く手を結んだのは中国国内小売業のすべてのルートのアップグレードを加速させ、小売り業が店頭販売、電商ルート、移動電商ルートなどのセールス方式の融合を導き出し、消費者が必要としている商品を買い求める際にネットショッピングと店頭販売で違いが感じられないようにするだけでなく、同時に隅々までの物流体系を完璧にする中でより多くの探索方式を投入しようともしています。小売りルートは近々一歩進んだ拡張が進むでしょうし、インターネットショッピング市場もこれを機に徐々に競争の壁を厚くし、、将来的に市場の破局に影響してしまうのです。

2.越境輸入小売り電商が規格窓口の段階に入り、発展の中心は加速から質の改善へとシフト。

今年4月、税関総署は越境輸入の電化製品にかかる関税について新たな政策を打ち出し、順を追って施行に踏み切っています。6月、上海で電子商務法の草稿についての会議が開催され、7月、連合国国際貿易法委員会は中国が提案した案をもとにした「越境電子商務交易インターネット争議解決技術の手引き」と通しました。越境電商を打ち出すにあたって生じた一連の政策は、すべては中国の越境電商産業が規範的に発展する「窓口期」を志向しているのです。

Analysys Yi Guan(易観)の分析によると、越境輸入小売り電商は、少しずつ、いい加減な発展に終止符を打ち、規範化された体制期に入り、発展のニーズは質を上げるということでアクションを増長します。運営の流れの改良の探索を開始し、供給チェーンを改善し、差異化商品を展開することで、より健康的で積極的な発展をしていくことでしょう。

2016年、越境輸入電商業界は以下の発展の傾向を持つでしょう。

1)消費はより落ち着いた方向へ推移し、SKUが越境消費の非正規品を爆買いする傾向は持続するでしょう。
2)輸入品の供給のコントロール力は越境電商が中長期に発展するための基礎となるでしょう。
3)物流の欠点を解決し、保税と直郵モデルを共存させ、同時に間接輸送は減っていくでしょう。
4)商品販売をすべての側面においてサポートする、ワンストップ式の親切なサービスでより多くの消費者の利用を期待できるでしょう。

3.場景化運営の掘り起こし、大胆で創造的なセールスがインターネット小売り電商のセールス形態になる。

場景化運営は金券ものすごいスピードで崛起している電商セールスモデルです。電商の場景化運営は、街でのショッピング体験とインターネットショッピングを結合し、消費者に心地よいショッピング体験をしていただくためにあります。生中継やIP運営を主な手段とする場景化運営の電商への推進力は顕れつつあるのです。

アリババや天猫(T-mall)などのサイトは生放送を押し出し、生放送の形式を利用して相互場景を作り出し、KOLのIPを正確に投下することで効果を生み出し、事前の商品お問い合わせサービスで消費者の問題解決を早めることができるようになり、電商生放送高視聴率の土台を立ち上げたのです。

Wei Pin Hui(唯品会)は場景化運営ですでに「電商+芸能人+KOL+生放送」による形式を確立しており、非常に強いIP運営モデルを構成しています。Wei Pin Hui(唯品会)の芸能人IP、KOLIP、場景IPなどは擬人化・場景化運営の特徴を通して、自身の電商業界での地位と樹立したのです。

電商運営は今まさに伝統的なデータ通信による運営から、場景化運営へのシフトを模索していく段階に入っており、業務についてはさまざまなアプローチを持ったものが順次打ち出されていくでしょう。しかし、当面の業界内では資源を質の向上、及び社会集団を感化することに向けて集めており、顧客ひとりひとりと注意深く向き合い、より強力な連動性、真実性、趣味性、即時性を備えた電商運営モデルを形成しようとしています。

KOLビジネス

KOLは新たなサービスを生み出します。中国のインターネット環境とウエブの伝わり方はこの変遷に伴って、KOLは1.0から2.0、そして3.0の時代の変遷を経験しているのです。

1)KOLビジネスの仕組みを大解剖
2)KOLのビジネスモデルの「銭」景
3)KOLビジネスの発展の傾向の予測

①KOL電商が扱っている種類はより豊富になり、より多くの実態企業が結成されるでしょう。
目下、KOL電商の品ぞろえはレディースファッションと化粧品が主です。KOLの人格化セールスは、中国ネット住民の日に日に個性化していくことへの消費需要を満たしたのです。ほかの領域のKOLも電商を通じての変化を試してみたこともあります。より多くの種類の商品、例えば赤ちゃんを持つ家庭、住居、アウトドアなど、が取り扱われるようになりました。KOLの商品のラインナップの変化に参入し、そうすることでより多い企業と結合するのです。

②記事を中心としたKOLは大いに異彩を放ち、競争は必ずエスカレートしてくるので、末永く続けるためにはIP化が必要であり、サイトを作る必要があります。
社交サイトの失中心化で、生放送はブームになり、内容と表現様式が多元化しており、多くのKOLが現れました。アマチュアもしくはプロの領域のささやかなKOLは驚くほどのスピードで増加し、競争もどんどん熾烈になっていくでしょう。記事を中心としたKOLは、電商KOLよりも一般的にブレイク期間が短いのですが、長期のブームを得るためにはIP化とサイト化が必要です。

③生放送形態によるKOLのビジネスはボーナス期に突入し、将来の発展の空間は巨大である。
PCショーやゲーム生中継番組の市場は安定し、成熟してきています。生放送サイトの場景及び内容の絶え間ない開拓に従って、ネットビジネスのポテンシャルはより一層拡大しています。ショッピング、エデュケーション、フィナンシャル類の番組の生放送によるKOLは顧客サービス以外の方法を通して変化することもできます。生放送を用いたKOLは、現状ボーナス期に入り、将来的な発展の空間は計り知れません。

4.電商の「記念日づくり」による消費の刺激、消費市場は理性を失ってきている。

Tao Bao(淘宝)の「Nian Huo Jie(年貨節)」や、Jing Dong(京東)マーケットの「Hu Die Jie(胡蝶節)」や、Su Ning(苏寧)の「Gui Mi Jie(闺蜜節)」、Guo Mei(国美)のオンラインの「Hei Se Xing Qi Wu(黒色星期五)」Jing Dong(京東)の「618」などなど…上半期は、各大手電商サービスが熱狂的に「お祭り制作」をしており、これは中国国内の電商競争が依然として激しい競争にあるということを反映しています。ただし、この類の「祭日作り」は実はやはり電商産業界の混戦になってしまいました。これまでの例から、消費者の関心は次第に失われていき、電商サービスは必然的に高品質をめざし、改良体験などの高いレベルでの競争モデルへと発展していくことでしょう。

5.移動端末がデータ通信の大部分を占めており、インターネットショッピングの主要人口となるだろう。

電商業界がたえず拡大しているのと同時に、天猫(T-mall)+Tao Bao(淘宝)、Jing Dong(京東)、Wei Pin Hui(唯品会)はPC端末で優勢を保ち、移動型端末の分野において、常に先頭を走りつづけています。2015年、スマートフォンのインターネットショッピングはもうすでにPC端末の枠組みを超えており、インターネットショッピングの主要人口を占めています。Analysys Yi Guan(易観)の分析によると、2016年移動端末を通したインターネットショッピングの交易の規模は拡大を続け、75パーセント前後にまで上昇するとのことです。天猫(T-mall)+Tao Bao(淘宝)、 Jing Dong(京東)、Wei Pin Hui(唯品会)はPC端末の優勢を保ち続けるし、移動端末の分野でも競争していくでしょう。

Analysys Yi Guan(易観)が発表した「中国インターネットショッピング市場の季度ごとの観測報告書 2016年第2季」のデータが示すものは、2016年第2季では、中国の移動型端末を通したインターネットショッピング市場の交易の規模は8771.4億人民元となっており、同時期に比べ104.5パーセントも増加しているのです。

2016年第2季は、移動式端末を通したインターネットショッピングの増加率は2015年同期の155.2パーセントからかなり緩やかになってはいるものの、移動型端末を通したインターネットショッピング市場は依然として高スピードで成長していて、移動型端末による交易の規模はインターネット上での小売りの売上は72.3パーセントを占めるようになっているのです。これは移動式ショッピングの便利性によるところだけでなく、同時に第2季の電商サービスの「年中セールス」の力と「ルート沈降」戦略によるところも大きいでしょう。

市場分布から見て、移動式端末を介したインターネットショッピング市場の様相は依然安定しています。スマートフォン上でのTao Bao(淘宝)+天猫(T-mall)市場の割合は85.8パーセントに達しており、スマートフォンを用いたJing Dong(京東)の市場割合は10.2パーセント、スマートフォンWei Ping Hui(唯品会)の市場は2.4パーセントを占め、第三位となっています。

Analysys(易観)の分析によると、移動式端末はインターネットショッピングの小売りルートとしてすでに最も重要な地位を占めるようになっており、移動式端末を介したインターネットショッピング市場は同時に商家に向けて多くの顧客を提供しており、転化のチャンスを上げ、将来的なインターネットショッピング市場の局面への影響はますます大きくなっていくでしょう。

第2期は、電商が移動式社交電商への発展が比較的突出してきました。ひとつには、電商の移動式端末の顧客への刺激のしやすさと、口コミによるセールスの特性は、ソーシャルメディアを電商が顧客を獲得するための新しい入り口にした。もう一方では、世論のデータがより一層企業に顧客の所属集団を理解させやすくしているのです。膨大なデータは的を射た的確なセールスのために、今後インターネットショッピング小売業のためのサービスの商店ともなるのでしょう。

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。