中国 中国SNS

中国のSNSシェア最新情報

02

中国のsnsの市場シェアの現状についてご紹介します。

01

中国は14億人もの人口を有する大国、そのなかアクティブなインターネットユーザーとソーシャルメディアユーザーが人口の半分ほどあります。その中には山ほど社交ソフト、bbs、ブログなどが存在します。

02

 

その中では百度(Baidu/バイドゥ),阿里巴巴(Alibaba/アリババ),腾讯(Tencent/テンセント),新浪(Sina/シナ)→これら4つを合わせてBATSと呼ばれます。

 

これらBATS傘下には8つのSNSおよびECブランドを有し、さらにそのそれぞれが数億規模のアクティブユーザーを有し、これらのプラットフォームが中国SNS業界における中心となっています。

中国において、BATSのパワー(規模/資金力/獲得ユーザー)がインターネットの三要素(VIP)

・バイラル性(viral)

・情報化(informatice)

・実用性(practical)

のあるものにしています。

中でも 情報化(informatice)と、 実用性(practical)の二点は特筆すべきです。

03

これは2015年のプラットフォームの市場シェアです。

04

中国で人気絶頂のwechatが30%でプラットフォーム市場のトップを牛耳っています。wechatはメッセンジャーソフトで膨大なユーザー数を確保したうえ、朋友圈(モーメンツ)というサービスを展開しました。モーメンツは友達の間でしか閲覧できないブログ形式で、あっという間にプラットフォームのトップに君臨しました。

その他、中国ではgfwと呼ばれるグレートファイアウォールが存在し、一般的なインターネットユーザーでは海外サイトへのアクセスを遮断するネットの万里の長城が存在する中、Facebookが9%ものシェア率を保有する中国のインターネットはもう、gfwではだんだん制御ができなくなり、グローバル化しつつある証拠です。

 

05

06

中国のインターネット市場は2、3年前と違って、wechatの出現により安定になりつつあります。
日本と違ってPCやインターネットが盛んな中国では、大多数のユーザーは3、4個のSNSソフトを使っています。PC上ではyyや飛信など、ネットゲーム専門としたSNSソフトも一席を有しますが、wechat、qqで国内の大半数ユーザーを所有するテンセントは、中国SNS、ソーシャルメディア界の揺るぎない王者です。

役にたったら
いいね!して下さい

中国Webマーケティングラボを
中国向けホームページの制作は中国Web専門会社にお任せください

株式会社レクサー(LXR Inc.)は中国を専門とするホームページ作成・広告マーケティング会社です。

中国語でのホームページ制作はもちろん多言語ホームページや越境ECサイト作成。中国現地のWebマーケティングやSNSマーケティングから中国観光客に対するインバウンドマーケティングまで中国のWebビジネスをワンストップで提供できます!

株式会社レクサーのメンバーは中国で10年以上の経験を持つ代表を初めホームページ作成専門家、Webサービスの制作専門家、越境ECサイト及び中国現地の天猫等のECモールの専門家、経営コンサルタント、元中国現地法人の広告代理店勤務者、中国での経理・法務経験者、翻訳者など中国ビジネスのプロフェッショナルの集団です。日本と上海に拠点があり、グローバルに対応可能です。