中国では、FacebookをはじめとするSNSなどのインターネットサービスが利用できない事があります。
これは国によるアクセス規制のためで、特定のWEBサイトにアクセスがあった場合に接続ができないように措置がとられています。
個人レベルのインターネットアクセスの監視も行っている中国ですが、では何のためにFacebookなどのSNSにアクセス規制がとられているのでしょうか。

それは主に、国民による反政府活動の防止・抑止という目的があります。
SNSがきっかけとなり世界的な反政府デモとなった実例として「アラブの春」という民主化運動があります。
中国は共産主義ですから、民主化運動に非常に大きな影響を与えるであろうSNSに対してこれほどまでに規制をかけているというわけです。

このアクセス規制はかなり徹底されていて、Facebookの他にも「Google、Youtube、Twitter」などのサイトやサービスにも制限がかかっており、近年の状況としてはさらに国による規制が強化されているようです。

しかし、日本人が旅行や留学などで中国へ行った場合は、VPNサービスというインターネット接続方法で日本のサーバーを中継することにより、このアクセス規制から回避することができます。無料から有料まで様々なサービスがありますが、回避手段があるということもご存知ではない方は知っておいた方がいいでしょう。

同じ人間同士なのに、同じサービスを利用して楽しむことができないという素朴な疑問は、国家レベルによる圧力がかかっているという背景・理由があったのですね。

お国柄といえばそれまでですが、個人レベルまで監視されているとなると少し恐ろしさすら感じます。
FacebookなどのSNSを利用して自由にコミュニケーションができる環境に感謝して、マナーを守ってこれらサービスを活用しましょう。

役にたったら
いいね!して下さい

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
中国向けホームページの制作は中国Web専門会社にお任せください

株式会社レクサー(LXR Inc.)は中国を専門とするホームページ作成・広告マーケティング会社です。

中国語でのホームページ制作はもちろん多言語ホームページや越境ECサイト作成。中国現地のWebマーケティングやSNSマーケティングから中国観光客に対するインバウンドマーケティングまで中国のWebビジネスをワンストップで提供できます!