中国金融機関をカードで統一世界中で13億人以上が利用

銀聨(Union Pay)とは、2002年に中国の銀行カードの発展と普及を目的に作られたサービスです。銀行の「銀」と連合(聨合)の「聨」を合わせて「銀聨」と命名されました。銀聨設立以前は、中国の金融機関の決済は地域やそれぞれの金融機関でシステムやルールがバラバラでした。異なった金融機関間の取引や同じ金融機関の異なった地域間の取引では、決済できない場合があるなどのトラブルがありました。

銀聨から発行されるカードが銀聨カードと言われ、中国国内はもちろん世界中に普及しています。中国では、与信審査や信用情報が未発達のため、銀聨カードの多くはデビットカードです。銀聨カードは中国国外へも加盟国を広げており、VISAやMasterCardのように国際ブランドになりつつあります。中国国内外の利用者数は13億人以上、累計発行枚数は50億枚以上と言われています。

デビット機能付き銀行カードのような存在

銀聨の加盟店は大都市から地方都市まで広がっており、地方都市のローカルなスーパーでも使えます。利用方法は、店頭で6桁の暗証番号の入力とサインの両方で行います。後は、銀行口座から代金が引き落とされる仕組みです。日本ではそれぞれ口座を設けている金融機関のカードを持ち歩くのが一般的ですが、中国では、小売店などの店頭での支払いはもちろん、コンビニなどのATM端末でも現金の出し入れが行えるため、現金の取り扱いにおいて銀聨カードは日常生活に欠かせないカードとなっています。

また中国では、最高額の紙幣が100元(約1500円)と高額紙幣がないため、高額な買い物をする際に大量の現金を持ち歩かなければなりませんが、銀聨カードがあればその必要もありません。手数料も不要で、デビットカードという特性上、低所得者などの信用審査も不要のため、その手軽さと便利さから中国全土に普及しました。

世界で広がる銀聨ネット決済

銀聨は中国、世界中での普及率の高さから中国国内はもちろん越境EC(海外とのインターネット商取引)でも利用されています。中国国内では、銀聨オンラインショッピングモール「銀聨在線商城」をはじめ、ネット通販の決済でも利用が広がっています。銀聨を通じて外貨換算から加盟店の審査業務まで、オンライン決済サービスをトータルでサポートする企業も現れており、今後、越境ECでの利用拡大が見込まれます。

日本旅行には必須の銀聨カード

中国国内はもちろんですが、中国の人が日本を訪れる際も銀聨カードを持って来ない人はいないでしょう。中国では中国元の現金での持ち出しが制限されているからです。空港内のショップ、百貨店、家電量販店、ドラッグストア、ホテルをはじめ外国人が訪れる観光地の至るところの小売店やサービス店で「Union Pay 銀聨」のロゴが見られるほど、銀聨は広く普及しています。上限額や一部手数料があるものの、大手銀行やコンビニのATMでの現金の引き出しも可能で、日本での中国人の買い物になくてはならないものとなっています。

役にたったら
いいね!して下さい

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
中国向けホームページの制作は中国Web専門会社にお任せください

株式会社レクサー(LXR Inc.)は中国を専門とするホームページ作成・広告マーケティング会社です。

中国語でのホームページ制作はもちろん多言語ホームページや越境ECサイト作成。中国現地のWebマーケティングやSNSマーケティングから中国観光客に対するインバウンドマーケティングまで中国のWebビジネスをワンストップで提供できます!