中国Webニュース

百度(Baidu /バイドゥ)が違反ニュースサイト整理活動を展開

最近、ネットユーザーからの情報によりますと、バイドゥ検索にてニュースを検索する時に、特定のキーワードを使用すれば、違法内容が宣伝されてしまうそうです。バイドゥ側は、“これはニュース元サイトが容疑者に改ざんされ、ユーザーのアクセスを自動的に違法サイトへ導くということです”と発表し、直ちに“削除”しました。

百度(Baidu /バイドゥ)によりますと、サッカーワールドカップの期間は、バイドゥニュース元サイトの被害現象がひどくて、しかも、事前に対策をしっかりしている大型サイトも被害にあっています。
バイドゥ運営側は、大量のニュースサイトを整理し、被害サイトは即時にさくじょをするなどとしています。その方法は《宝くじ・ギャンブル・卑猥類サイト対象方法》マニュアルを参考した上実行くださいと指示し、被害にあっていないサイトも事前に《ニュースサイト被害防止経験》を参考した上、事前対策を備えてくださいと呼びかけました。

この様な状況に対して、バイドゥニュース運営グループは整理を行い、特殊なプロジェクトも実行していくことで、ユーザー体験を守る方針です。オリンピック期間に伴い、ネットユーザー検索ニーズも上がると見込んで、バイドゥは更に被害ネットサイトの処理を強化し、問題サイトへ不定期通知を送る方針です。“バイドゥネット長” (zhanzhang.baidu.com)経由で審査を受けたサイトに対し、すべての判定や知らせが届く様になっています。まだ審査を受けてない運営側は、直ちに審査を受け、整理や処理を実施するよう、宜しくお願い致します。

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。