中国 中国Web

中国のIT企業トップ10

skyscraper-825546_1280

中国では目覚ましい経済発展が続いており
特に、IT産業は著しい勢いで成長しています。
携帯電話やパソコンの生産台数に於いても世界を席巻するほどの勢いで伸び、システム開発の分野でも海外からの委託も含め需要が拡大しています。

中国IT産業躍進の理由は・・・。

今日における中国IT産業の躍進は国策として取り組んだことに大きな要因があると言えます。
中国政府は1990年代にはIT産業を国の重要な分野と位置づけてさまざまな施策を推進してきました。
当時の5カ年計画で数々の野心的な目標が設定され、ITのインフラを早急に整備し、勤勉な国民性と優れた人的資源が豊富だったこともあり、IT産業を短期間で先進国の水準までアップさせていきました。

また、中国でITエンジニアを目指す人は、向上心が非常に強く仕事に対する姿勢はたいへん意欲的と聞きます。
IT分野に優れた頭脳が結集する構造となっている様です。
さらに、中国のインターネットユーザーは日本の総人口を上回り、携帯電話の加入件数も4億~5億件といわれています。
莫大な人口基盤と高度な経済成長に支えられているのも大きな要因と思われます。

さて、ここで中国IT産業を牽引し、中国経済にも多大な  影響を与えているIT業界の企業トップ10をご紹介します。

ランキング指標としての企業総資産額
1位 アリババ   約225億ドル
2位 テンセント  約160億ドル
3位 バイドゥ   約150億ドル
4位 シャオミ   約130億ドル
5位 JDドットコム 約70億ドル
6位 シンエイ・テレコム・テクノロジー 約65億ドル
7位 ネットイーズ  約62億ドル
8位 テンセント・ホールディングス   約55億ドル
9位 ジャイアント・インタラクティブ  約35億ドル
10位 AACテクノロジーホールディングス 約32億ドル

1位 アリババ
1999年設立。企業間電子商取引をサポートするマッチングサイト「阿里巴巴(Alibaba.com, アリババ・コム)を運営。多くの会員を集めて短期間で急成長!、240余りの国家と地域で5340万以上の会員を保有しています。
同社の知名度を高めたのは、2005 年に行ったYahoo中国の 買収案件を成立させた事や、アリババグループの株式を上場した際に、総額250億ドル強の資金を市場から調達し、世界の投資家の注目を集めました。

2位 テンセント
1988年設立。ソーシャルネットワーキングサービス、インスタントメッセンジャー、Webホスティングサービスなどを提供している。テンセントのアプリ「ウィーチャット」は、この数年間で最もグローバルな成功を収めたメッセンジャーサービスと高く評価されています。
日本のアニメ著作権購入や日中合作のアニメ制作などアニメ市場にも積極的に進出しています。

3位 バイドゥ
1999年設立。同国最大の検索エンジンを提供する企業です。
全世界の検索エンジン市場において、Googleに次いで第2
位、中国国内では最大のシェアを占めています。
特に、若者に人気のあるコミュニティやマルチメディアサービ(画像・動画)を拡充したことが、中国ユーザーの人気をひきつけています。

4位 シャオミ
2010設立。スマートフォンメーカーとして創業。
2013年には販売台数が1870万台に達し、売り上げは
316億元(約6000億円)となり、シャオミは中国でトップ3のスマートフォンメーカーとなりました。
世界でも屈指の評価の高い非上場企業へと成長しています。

5位 JDドット・コム
中国のアマゾンと呼ばれオンライン直販事業を行っています。JDドットコム最大の強みは、中国全土に倉庫を配備し、配送拠点や取引拠点が整っている事です。
現在ではすでに半分以上の荷物を当日や翌日に届けることができるといいます。
アリババが国内最大のライバルです。

6位 シンエイ・テレコム・テクノロジーグループ
本社が北京にある電気通信会社。

7位 ネットイーズ ウィリアム・ディン
中国三大ポータルサイトの一つであり、世界最大級のオンラインゲーム会社へと成長しています。
中国モバイルゲーム市場は約5520億円にも達しており
中国の大ゲーム会社は世界レベルのCGを駆使した大作ゲームを市場に相次いで投入しておりネットイーズも2.5Dの新作大型ゲームをリリースしています。

8位 テンセント・ホールディングス
投資持ち株会社であり、中国を初め、米国、欧州などのユーザーにインターネットおよびモバイル付加価値サービ(VAS)、オンライン広告サービス、電子商取引サービスを提供しています。
さらにウィーチャットという無料インスタントメッセンジャーアプリを提供していることで有名です。

9位 ジャイアント・インタラクティブ
オンラインゲーム開発会社で「ZTオンライン」を運営。
中国国内でのモバイル端末の急激な増加に伴い急成長。
古代中国の格闘技をテーマとするRPG,ZTオンラインを通じて収入の大半を稼いでおり同ゲームに新機能を追加したり、新作を投入して顧客を拡大している。

10位 AAC・テクノロジーズ・ホールディングス
電子部品メーカー、音響機器及び関連商品の生産をしています。同社の製品は、スマートフォン、タブレット、ウェアラブル、ウルトラブック、ノートパソコン、電子書籍リーダーなどのモバイル機器に使用されている。米アップルにマイクロホンやミニスピーカーを供給。

以上、中国IT企業トップ10でした。

まとめとして

中国のIT分野は、現在でもその規模と成長率は
衰えを知らない状況です。
特にインターネット普及率とネット利用者数は増大し続け ていても、まだまだ巨大な潜在市場が存在していることが
感じられます。

役にたったら
いいね!して下さい

中国Webマーケティングラボを
中国向けホームページの制作は中国Web専門会社にお任せください

株式会社レクサー(LXR Inc.)は中国を専門とするホームページ作成・広告マーケティング会社です。

中国語でのホームページ制作はもちろん多言語ホームページや越境ECサイト作成。中国現地のWebマーケティングやSNSマーケティングから中国観光客に対するインバウンドマーケティングまで中国のWebビジネスをワンストップで提供できます!

株式会社レクサーのメンバーは中国で10年以上の経験を持つ代表を初めホームページ作成専門家、Webサービスの制作専門家、越境ECサイト及び中国現地の天猫等のECモールの専門家、経営コンサルタント、元中国現地法人の広告代理店勤務者、中国での経理・法務経験者、翻訳者など中国ビジネスのプロフェッショナルの集団です。日本と上海に拠点があり、グローバルに対応可能です。