中国人が日本で使っている銀聯カード(Unon PAy)を
徹底解説します

中国人訪日客の「爆買い」が注目されていますが、小売店の入口で Union Pay銀聯 というロゴ看板があちこちで見られるようになりました。しかも、高額商品でもこのマークの付いたカードで買えるようです。中国の方々はこのカードを振りかざしながら爆買い中です!
このカードの正体は、銀聯カード(ぎんれんカード)です。
銀聯カードは中国人のおサイフ代わりなんです。
中国の人々のための決済カードといったところでしょうか。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-20-17-04-47

カード右下に表記されている UnionPay銀聯 というアイコンが店頭表示されている店で利用することができますよ。

銀聯とは・・・ユニオンペイ

ユニオンペイは国内でバラバラになっていた金融システムの統合を目的に複数の金融機関が国の政策として新たに組織され、その組織名が銀行の「銀」と聯合の「聯」を合わせて「銀聯」と命名されました。
英語ではUnionPay(ユニオンペイ)と表記されます。

中国国内で銀聯カードが登場する前は・・・

今ほど、決済カードがあまり普及していなかった中国では、高額な品物を買う場合でも、いちいち現金を持ち歩かなくてはなりませんでした。
例えば、2万元(約30万円)の品物を買う時は、高額紙幣の100元を大枚で200枚も持ち歩くことにもなりかねません。
中国では現在でもスリ、強盗がはびこり、治安も不安がありますよね・・・
大金を数える時の手間なども考慮すると、大変不便です。

また、金融機関での取引(残高照会、預入、振込、引き出し)に関しても、それぞれの地域や金融機関によってシステムやルールにばらつきがありスムーズな処理ができませんでした。
さらに、同じような金融機関であったとしても、別な地域間での取引はシステムが統一されていない為、一貫した決済処理ができない問題がありました。

その問題を解決する為に「システムやルールを統一しよう」と国内80強の銀行が共同で「中国銀聯」を設立したことがはじまりです。

銀聯カードが登場してからは、お買い物が大変便利で安心です。

銀聯カードは日本で使っても大変便利なカードです

中国には外貨持ち出し制限という法律がある為に60万円以上の現金を、旅行でも海外に持ち込むことは禁止されてます。
“銀聯カード登場”によりその問題は解決しました!
100万円以上の利用であっても、銀聯カードなら外貨持ち出しという扱いにはならないのです。
上限を気にしないで買物を楽しめることが出来るんです!

銀聯マークのシールが貼られている場所では日本円が無くても
「人民元で買い物できますよ」というサインを出しています。
これがいわゆる「中国人による爆買い」につながっているという見方もできます。

日本国内でも銀座や、お台場などで銀聯カードが不自由なく利用できるし、どんどん加盟店が増え初めている事にも納得です。

キャッシュカードとして現金を引き出せるし、両替不要!

銀聯カードはキャッシュカードとしても使えるため、ATMから現金を引き出すことも可能です。
更に現地通貨で引き出せるため、両替の手間や手数料を抑えることができます。
日本国内でも銀聯カードが使えるATMがセブン銀行をはじめとして多数設置されています。

日本でも発行できます

日本では三井住友カードが初めに発行しました。他5行でも発行
三井住友カードは発行手数料2,000円+税/更新時1,000円+税

アニメ調のパンダデザインと中国大陸地図調の2種類あります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-20-17-06-41

中国以外の国でも使えます

銀聯カードは発足された後からは、どんどん取扱加盟店を増やしていき、今日では国内外でも10,000店以上、海外でも各国、各地域でグローバルな国際カードとしての広がりをしています。

銀聯カードを使う時のメリット

銀聯カードは支払う時、自分の預金口座から即時に決済ができる デビットカードです!
クレジットカードとは違い、購入者と店との手数料が不要です。
この単純なシステムが国民に受け入れられ、低所得の方でも銀行口座を開設すれば、キャッシャカードとして発行されます。
買い物のとき、店内の専用POS端末に銀聯カードを通すと利用代金が自分の口座から落ちます。
手数料も無いため、中国人にとっては、お財布そのものカードです!

中国人訪日客が使っている銀聯カードはデビットカードです。

ここで、デビットカードとクレジットカードの違いについてご説明

クレジットカードは購入した商品代金を後払いできるカードです。現金の手持ちが無くても欲しい時に欲しい物を買うことができます。
デビッドカードは商品購入時に即時決済となる為、後払いで買うことができないカードです!購入時に自分の口座に残高が無ければ商品を買うことができません!
ほとんど現金の代わりです。

クレジットカード:引き落とし日までに口座に入金する必要があります
デビッドカード :商品購入時に口座に残高が必要です

また、デビットカードの発行企業は、カード会社ではなく銀行です
銀行口座に直結しており口座に残高が無いと利用できません。  故に、デビットカードは、銀行が発行するカードです。

銀聯カードは、中国の人々に適したカードです

中国での一般的な給料と平均所得は日本と比較すると低い所得水準となっているので、VIZAなどの与信審査のある有名な国際カードの取得は大変難しいと思います。
審査をパスするのは一部の富裕層のみとなる可能性があります。
デビットカードであれば審査は不要で、口座を開設すれば預金残高内でのカード利用が誰でも利用できることになりました。
クレジットカードであれば利用限度額に拘束されますが、銀聯カードは預金残高まで使えるので「中国人セレブが何百万の高級腕時計を買った」というのはこの銀聯カードでの利用によるものです。
銀聯カードは少額での利用と支払いができる為、毎日の食品や日用品の支払いも銀聯カードで支払うことができます。

このように、便利で安心なカード支払いが可能となった事により
ほとんどの中国の国民が銀聯カードを利用することになりました。

中国に長期滞在するなら銀聯カード

反対に日本人が中国に行った際には、中国での利便性の高い銀聯カードを持っていくと良いと思います。というのも中国ではVIZAカードやマスターカード加盟店が少ないためです。
長期滞在であれば銀聯カードは必需品とも言えます。

中国原産、国産カードがグローバルなカードに!

今では国内の観光地・デパートなど、どこにでも中国人観光客が見受けられるようになりましたね。
特に、中国の富裕層の人たちが海外旅行を楽しんでいる様です。
この富裕層が海外の各地域に行くようになったことで銀聯カードが世界的に広まっていく理由になったと言えます。
世界142カ国の地域で利用できるようです。
銀聯が利用される前のアジア系カードの国際ブランドはJCBでしたが、現在ではJCBを上回る勢いでグローバルなカードの地位を築いています。

銀聯カード発行枚数は、2015年の時点で45億枚です!

8年前で約13億枚だったそうですからここ数年で驚異的な発行枚数となっていますね。
中国国内の経済成長が急激に発展している表れかもしれません。

まとめとして

銀聯カードは、正に中国の人々に適したカードです。
訪日観光客の方々も楽しくお買い物ができるようになりました!
イッパイ買って!イッパイ売れて!正に銀聯カードは一石二鳥
の国際カードです。

NewsPicks_button_01

役にたったら
いいね!して下さい

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
中国向けホームページの制作は中国Web専門会社にお任せください

株式会社レクサー(LXR Inc.)は中国を専門とするホームページ作成・広告マーケティング会社です。

中国語でのホームページ制作はもちろん多言語ホームページや越境ECサイト作成。中国現地のWebマーケティングやSNSマーケティングから中国観光客に対するインバウンドマーケティングまで中国のWebビジネスをワンストップで提供できます!