中国 中国ホームページ制作 多言語Web

多言語ホームページを作成する理由

businessmen-786073_1280

多言語のホームページを作成する理由はどこにあるのでしょうか。
多言語ホームページを作成する理由をまとめてみました。

ホームページなどのWEBサイトは全世界共通のものです。
特定の国を対象として、一言語のみで構成されているホームページも多く存在しますが、読めるか読めないかの違いだけで、WEBサイト自体を開き閲覧することは世界中で可能です。

例えば、世界共通の写真(世界遺産や旅行写真)などをホームページに載せている例では、写真は、海外の方でもひと目見た瞬間わかる場合があります。
その時に、写真のキャプションにちょっとした英語などが記載されているだけで、海外の方でも理解することが出来ます。

旅行系のブログなどでも街角や路地裏、店の紹介などの情報に英語の説明が書いてあると、コメント欄やレビューに海外の方からのコメントや情報が寄せられ、良い情報交換の場になりえます。連絡先としてメールアドレスを書いておくとメッセージが来たり、さらに、FacebookやTwitter,LinkedINなどの世界基準のSNSを介して申請が来ることなどもあります。

LinkedINなどはビジネスチャンスを求めている方からの申請なので、ビジネスに発展する可能性もあります。多言語で記載したホームページの内容がビジネスに発展する可能性を持っているだけでなく、ホームページそのもののデザイン性や技術が気になってアクションを起こしてくる人もいます。

閲覧したホームページのデザインが気にいって、この程度のスキルを持っている人と繋がり、「何かビジネスをはじめたい」と思っているLinkedINの利用者などが接点を求めてくるケースもあります。

ECサイトなどを運営していて海外発送などにも対応している会社は、多言語ホームページにすることが売り上げなど収益にも影響してくるので、多言語ホームページにすることが必須条件と言えます。衣類などファッションや雑貨だけでなく飲食などのお店や風俗産業もそうですが、イラストレーターなどが自分の作品やポスターなどを販売する時にも、多言語対応していることで買いたい購入者との接点の可能性が上がります。

国内発送しか行なっていないようなお店やサービスのホームページでも、外国籍の在住者が購入する際に売り上げに繋がります。

グローバル時代となっている昨今、バイリンガルなホームページ作りは重要なことだと言えます。

海外からアクセスが取れることでアクセス数は飛躍的に上がりますし、在住者が閲覧することも出来るため、サービスなどを提供しているWEBサイトには、収益などの面でも可能性が広がります。

このように、多言語ホームページを作成する意味はあると思われます。
これからホームページを制作しようとしている方は、是非、多言語ホームページにチャレンジしてみて下さい。

役にたったら
いいね!して下さい

中国Webマーケティングラボを
中国向けホームページの制作は中国Web専門会社にお任せください

株式会社レクサー(LXR Inc.)は中国を専門とするホームページ作成・広告マーケティング会社です。

中国語でのホームページ制作はもちろん多言語ホームページや越境ECサイト作成。中国現地のWebマーケティングやSNSマーケティングから中国観光客に対するインバウンドマーケティングまで中国のWebビジネスをワンストップで提供できます!

株式会社レクサーのメンバーは中国で10年以上の経験を持つ代表を初めホームページ作成専門家、Webサービスの制作専門家、越境ECサイト及び中国現地の天猫等のECモールの専門家、経営コンサルタント、元中国現地法人の広告代理店勤務者、中国での経理・法務経験者、翻訳者など中国ビジネスのプロフェッショナルの集団です。日本と上海に拠点があり、グローバルに対応可能です。