中国Webニュース

ネットデマが原因で、1000を超えるWechat公式アカウントが処罰対象に

ネットデマ、ありきたりの現象ではありますが、しかし、ネットデマの恐ろしいところは人騒がせだけではなく、今後、デマを拡大した人に罰を与えられることになります。

Wechatが規則に違反している文章の処罰を実施してから、多くの公式アカウントが規則違反で処罰の対象となりました、もしくは永久使用停止の罰則です。

 

その為、Wechatが設立した公式アカウントは“デマフィルター”として毎週金曜日にデマの打ち消しや選別が行われています。既に11回目になっております。

下記はデマ記事のタイトルの例です:

《李白,すごい,最後の一行見たら感心!》

《雲南省のおっぱい触り祭り,勉強になる!》

《どうやらあなた家毎月光熱費高くて,原因はここだ!》

 


《馬蓉と王宝強のマネジャー不倫動画流失》
《最新ニュース:王宝強の元マネジャー“宋喆”8月15日に事故、北京協和病院救急処置無効、死亡確認!》

 

《王宝強奥さん浮気報道、李白予言的中、世間人々が驚愕》

 

デマ記事を配信した運営側はそもそも冷やかし半分で王宝强事件をからかうつもりでした。しかし、これはあくまでネタとして使えますが、ちゃんとした記事として配信するべきではありません、李白は有名な詩人であり、明らかに李白の作品への侮辱となります。上記三つの案件、全部エンターテイメントの要素が多くて、Wechatにデマとして判断されたのも、記事タイトルに原因があり、読者を誤解させてしまうからです。

デマであるかどうか、真剣に検証することによって判断され、まぐれを期待するわけにはいきません。ここで、各Wechat公式アカウント運営側及び個人メディアへ注意を呼びかけます、記事転送配信する前に、必ず内容の真偽を確認し、人気記事や話題になっている記事ですぐ読者の注目を集めないで欲しいと思います。

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。