ビットコインはまだ正式に認められていませんが、仮想通貨は流行する傾向があり、中央銀行もビットコインの研究を発表しています。ただし、ビットコインはまだまだコントロールが十分ではなく、リスクがついて回ります。ブルームバークによりますと、中国国内二つのビットコイン引取所が、“百度はビットコインを含め、全て仮想通貨の広告を取り消し”と発表しました。これはネット詐欺への警戒も高まっていくことを意味しています。

 

OKCoinと火币網が、“百度は今週木曜日から何かの動きがある”と外部メディアへ発表しました。今回は再び、百度の広告整理活動になるかもしれません。特にギャンブルや医療などに関しての広告スキャンダルが続きゅういたタイミングです。

 

百度のビットコイン整理活動は、政府の意思反映かもしれません。全世界ビットコイン取引の9割が中国国内で行われています。にもかかわらず、中央銀行は正式な通貨として認めておりません。人民銀行は既に、ビットコインが金融システムに入り込みすぎないように、防止対策に取り組んでいます、尚且つ、人民銀行の仮想通貨を研究・発行する可能性もあります。

 

百度にて“ビットコイン”をキーワードとして検索すれば、確かに広告が出ず、他のキーワードで検索すれば(例えば“外国為替”) ビットコインの宣伝広告がヒットします。

 

中国は最大のビットコイン取引市場であり、90%以上のビットコイン取引は中国で行われています。中央銀行はビットコインを正式の通貨として認めておりませんが、ブロックチェーン技術を利用した仮想通貨を研究し、発行しています。百度がビットコイン広告を取り消した原因としては、中国が新しい数値通貨に関する国家政策の前兆であり、消費者の権利を守る為でもあります。現在、ビットコインの価値に大きな変動はありません。

 

役にたったら
いいね!して下さい

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
中国向けホームページの制作は中国Web専門会社にお任せください

株式会社レクサー(LXR Inc.)は中国を専門とするホームページ作成・広告マーケティング会社です。

中国語でのホームページ制作はもちろん多言語ホームページや越境ECサイト作成。中国現地のWebマーケティングやSNSマーケティングから中国観光客に対するインバウンドマーケティングまで中国のWebビジネスをワンストップで提供できます!