中国Webニュース

【中国】「站長之家(Chinaz.com)」親会社ついに上場

最近では、Webサービス会社が上場することは、もう珍しいことではありません。「虎嗅(huxiu.com)」や人気セルフメディア(中国語では「自媒体」)はすでに上場しています。現在は、上場することこそが会社の成功を象徴しています。そして、ついに站長之家の親会社もまもなく上場します!

最近、站長之家の親会社である廈門享聯科技株式有限会社は、新三板への上場を正式に申請しました。享聯科技は姚剣軍と蔡文勝が2005年に設立した会社です。同社の株主構成表によりますと、姚剣軍は享聯科技の全株式の内55%を保有し、蔡文勝支配下の米林隆領は25%を所有しています。

201610013296_379

「站長之家(Chinaz.com)」親会社ついに上場       微新聞

「公開譲渡説明書」によりますと、站長之家のメイン業務には起業や科技内容があり、虎嗅綱・36氪(36kr.com)・極客公園(geekpark.net)・钛媒体(tmtpost.com)などの科技媒体が同社の当業界のライバルです。現在、新しい商品やサービスに注目が集まっています。

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。