中国Webニュース

通販ショップの不正発覚、1万社が合計1億円以上の不正に

通販ショップの刷单行為(偽りの取引で、店の売行き、ランキングを上げる不正の方法)が、CCTVに取り上げられて、中国タオバオは不正を厳しく罰すると発表しました。しかし、不正現象は未だに根絶していません。

 

浙江省工商局は最近、ネットの不正行為に関する典型的な事案を10個公表しました。その中で、”傻推网”、“整点抢”、“领啦网—赚佣金” 、“蓝天碧水”などのウェブサイト炒作(過大宣伝)案件の犯罪金額は合計で1.2億元にもおよび、タオバオ、天猫、京東などの著名通販サイトに登録している店1.86店も摘発され、不正刷单に関与する人員は6.36万人に及びました。現在、裁判が結審し、西湖区市場監督管理局は上記の四つの不正を行ったサイトに合計56万元の罰金を課せました。

その同時、後一ヶ月ちょっとで通販ショップの盛宴11月11日を迎えますが、この肝心な時に、電子ビジネスの大手たちはどう動くでしょうか。

 

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。