中国のハッカーサイト「WooYun」のクローズは、所属ハッカーがほかのサイトの利益を妨害したからであると噂されています。ネットに関する法律がだんだん発展を遂げた現在では、ハッカー組織はとても脆い存在です。もしかしたら独立独歩こそ、現代のハッカーたちの進むべき道かもしれません。

 

最近、中国の著名ハッカーグループ1937cnがホームページのクローズを発表しました。

中国ハッカーグループ1937cnの紹介:

中国ハッカーグループ1937cnは2008年、ネットワークエンジニアにより創立されました。1937cnの創始者のハンドルネームは“越南邻国宰相”(ベトナムの隣国の宰相)です。

 

%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%97193701

 

中国ハッカーグループ1937cnに関する事件:

2016年7月29日、ベトナムの二大空港にハッカー事件が発生しました。ハッカーは電光掲示板やアナウンスをジャックし,“南海是中国的固有领土”(南シナ海は中国の固有領土である)などのメッセージを発信し、一般のウェブサイトへの攻撃を遥かに超える視覚や聴覚の衝撃を乗客にもたらしました。ハッカーは自らを1937cn team”と名乗り、中国の民間組織であると宣言しました。しかし、1937cnは直ちに否定声明を発表しました。

2016年7月31日、“越南邻国宰相”がインタビューで、ベトナム空港のハッカー事件、1937cnは“参与しない、承認しない”と発言しました。

 

1937cnハッカーグループが解析を停止すると発表しました:

2016年8月28日、1937cn運営サイトは1937cnグループは解析を停止し、すべての活動を休止すると発表しました。

中国1937グループは2008年5月6日から2016年8月28日、8年の経営に渡り、国内のハッカー界に崇拝され、多大な人気を誇っていましたが、2016年7月29日のベトナム空港事件の影響で、中国全土および世界範囲に大きな振動を与えました。

 

 

役にたったら
いいね!して下さい

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
中国向けホームページの制作は中国Web専門会社にお任せください

株式会社レクサー(LXR Inc.)は中国を専門とするホームページ作成・広告マーケティング会社です。

中国語でのホームページ制作はもちろん多言語ホームページや越境ECサイト作成。中国現地のWebマーケティングやSNSマーケティングから中国観光客に対するインバウンドマーケティングまで中国のWebビジネスをワンストップで提供できます!