中国Webニュース

Google検索市場シェア75.8%

最近、あるメディアが検索市場に対するシェアのデータ統計によると、グーグルが検索市場75.8%を占め、2019年までに、グーグルは検索広告市場の80% 以上に達するであろうとしています。このため、老舗貿易会社のスタッフにとって、インターネット+外国貿易は依然として転換・グレードアップの為の必然の選択であるとしています。

松松ブログの2011年の記事『グーグルの検索市場におけるシェアは30%から18%へ下落』によると当時、百度は中国の検索エンジンの市場シェアの77.7%に達しており、グーグルが中国市場から撤退してから、怒涛の如く検索市場を独占しました。

グーグルの貿易の推進にご注意下さい!現在、インターネット+外国貿易がもはや中国の貿易発展の新たな動向になっており、また、グーグルが攻勢を維持するために最も頼りになるのはモバイル検索市場の勢いです。貿易会社でお仕事されている人はこの動向による業態の転換がお分かりになれます。

また、ネットユーザーがまとめた2017年中国貿易の最新動向は以下の通りです。

(貿易のお仕事をしている人の助けになれば幸いです)

1:インターネット+外国貿易の優勢によって数年以内で従来の薄利多売の優勢から完全にとって代わります。

2:輸出市場の消費はより細分化され、中産階級の台頭によって製品の品質・ブランド化への要求の流れが更に高まります。

3:中国企業が海外へ進出し、海外の顧客が参入すれば、純粋な貿易会社は完全に市場を失います。

4:外国貿易の仕組みは全面的に新しくなります。

[原文]

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。