中国Webニュース

Google、HTTPが不安定であると発表

2日前、松松ブログが発表したニュース「HTTPSサイト、トップページのシェア50%超え」記事のメインの内容はGoogleの検索エンジンの検索結果画面にHTTPSサイトの比率は50%に達していますということについてです。最近、Googleは再び10月よりHTTPサイトにユーザーがアクセスすると動画形式で該当サイトへ「安全ではない」の表示の開始を発表しました。

Chromeのバージョン56 よりユーザーがHTTPサイトにアクセスした際、アドレスバー内に「Not Secure」の警告が表示されるようになりました。当時、まだ「警告」表示は全面的にスタートしていませんでしたが、HTTPサイトの登録数の減少率は既に23%に達しています。

現在、Googleは今年 10 月にリリースするChrome バージョン62では 動画方式の「Not Secure」警告の導入開始を発表しました。ユーザーがChromeブラウザでHTTPサイトへアクセスした時にすぐ、ブラウザは動画ポップアップの形式で該当サイトが「Not Secure」であると表示します。また、その目的は間違いなく「危険性」を警告し、またウェブマスターが出来るだけ早くHTTPSプロトコルを使用するよう「圧力」をかけることです。

実際、一般的な小規模サイトではやはりHTTPSを使おうとする人はあまり多くはありません。一部の資金が豊富な人だけが利用し、またHTTPSセキュリティプロトコルの利用は老舗のサイトからしてみればやはり面倒ですので、これも一部の人たちが使おうとしない原因です。現時点で百度はHTTPに対してまだ寛大です。

[原文]

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
中国向けホームページの制作は中国Web専門会社にお任せください

株式会社レクサーは中国を専門とするホームページ作成・広告マーケティング会社です。