中国 中国アプリ

微信(WEIXIN)は代金受け取りの「褒賞」、チップの「褒賞マーク」を作成しましたが、これは個人がネット外の取引での代金の受け取る時に使用するのが主な目的です。

「褒賞」による褒賞、チップ等の受け取りを要求するユーザーはネット外で速やかに代金を受け取ることができます。微信(WEIXIN)が作成した「褒賞マーク」はネット外での支払いを拡大するでしょうか?それとも微信(WEIXIN)の公式アカウント「褒賞」の制限された問題を解決することになるのでしょうか?
10月19日の夜にios版微信(WEIXIN)は6.5.19版本となり、同時に“自分の「褒賞マーク」を作成して賞を受け取る”機能を付加しました。「褒賞マーク」とは何でしょうか?「微信(WEIXIN)チーム」は1時間で受領:“「褒賞マーク」は微信(WEIXIN)が新たに作った支払いを受け取る機能で、個人が「褒賞」を受け取る時に活用できるもので、少額のチップ等をネット外で早く受け取ることができます。”現在、アンドロイド(安卓版)もこの機能を付加する準備しています。
どうして「褒賞マーク」を作成する必要があるのでしょうか?具体的に説明すると、ユーザーが微信(WEIXIN)のメインページを開き、右上の“+”表示を開き、“收付款”機能をクリックします。
その機能の中に、以前からある二维码收款、 群收款、面对面红包の3大機能以外に、「褒賞マーク」の機能が多く出ています。
最初に「褒賞マーク」機能を開いたユーザーは上部にある空欄の枠に「褒賞」に関連する言葉を入力し、下方にある6種類の「賞金額」を選び、その金額を修正することができます。入力が完成した後に下方にある「賞賛マーク更新」をクリックします。もし修正が必要な場合には、「赞赏设置」をクリックして、賞賛マークを変更することができます。二维码收款と同様に、ユーザーは「褒賞マーク」を直接保存することができ、「賞金額」を簡単に受領することができます。

注意するべきことは、微信团队は、「褒賞マーク」は主に個人が資金を授受する時に、「褒賞」を受領し、また少額のチップ等を要求するユーザー(飲食店の店員、作品を展示する作者等)が「褒賞マーク」機能を開いて褒賞金額と、設置された「褒賞」に関連する言葉を使ってネット外で提示された「褒賞マーク」に基づき、「褒賞マーク」完成により支払いを実施するというものです。騰訊(TENCENT)は36krを回復することができ、「褒賞マーク」の当初の目的はネット外でのサービスです。
このことから「褒賞マーク」は苹果(APPLE)の規定を混乱させ、ネット外での支払いを便利にしています。以前から「微信支付」と「支付宝」はネット外の消費の場合にはコスト高でした。その上「微信支付」は「支付宝」シェアを奪ってきました。今回「褒賞マーク」を利用できるようにしたことで、微信(WEIXIN)のネット外での支払い
機能を充実させたことになり、「支付宝」はどう対応するのでしょうか?
しかし、ネットの「微信公衆号(微信公众号)」の作者に対して、彼らの褒賞決済の問題
をどうやって解決するのか、微信(WEIXIN)はまだはっきりした方法を決めていないようです。
2017年4月19日微信团队は、苹果(APPLE)の新しい規定の影響で、4月19日17:00以降、ios版微信(WEIXIN)公式アカウントの「褒賞」機能を閉鎖すると発表しました。アンドロイド(安卓)等その他の微信赞赏機能は、苹果(APPLE)の新しい規定の影響を受けていません。微信(WEIXIN)公式アカウントが「褒賞」機能を閉鎖した具体的な要因は、2016年6月13日に、苹果(APPLE)が支払い規則を変更したからです。苹果(APPLE)の新規則3.1.1では、IAP(In App Purchase)を使用していないユーザーの売買ボタン、外部リンク、その他関連する用語のアプリは対象外としました。
9月中旬になり、苹果(APPLE)は賞の支払いに対して3割引にするというニュースがありましたが、しかし実際にはそうではありませんでした。苹果(APPLE)の最新Appstore3.2.1は商業モデル条項の第7条に明確に記載されている通り:ios使用の際に(IAP,in-app purchase)的方式を使用せず相手に“货币礼金”(monetary gift)をする以外には許可するとしています。しかし、その支払いをするためには2つの前提があり、一つは支払う側は、完全に自分で選択していることと、支払われた金額は全額受領した人の収入となることです。
それに対して苹果(APPLE)のある人は36krに対して、“苹果(APPLE)の通達でいう褒賞の支払いは個人へ褒賞の支払いであって、第三者のものとか仕事を引用したとかは関係なくて、その操作方法に関するものです。”微信(WEIXIN)公式アカウントを例にとると、もし微信(WEIXIN)の「褒賞の支払い」を行おうとした場合、ユーザーは苹果(APPLE)に30%の手数料を徴収されます。しかし「褒賞の支払い」を別のインターフエイスに飛ばしてしまえば30%の手数料の支払いをしなくても済みます。
4月19日に「褒賞」機能を閉じてから、iosのユーザーは赞赏公众号と作者はQRコードへの変更が必要と考えています。それともこの「褒賞マーク」は依然として「微信(WEIXIN)公式アカウント」の支払いに関する解決できない問題なのでしょうか。いつ解決できるのかは暫く様子を見る必要があるでしょう。

下記は、「微信(WEIXIN)褒賞マーク」についての質問と答えです。
Q. 「微信(WEIXIN)褒賞マーク」は微信小程序(WeChat Mini Apps)ですか?
A. 「微信(WEIXIN)褒賞マーク」は「小程序(WeChat Mini Apps)」ではなく、二つの形は似ているところがあっても完全に同じではなくて、例えば「褒賞マーク」と「小程序(WeChat Mini Apps)」の右下の隅のLOGOは異なるもので:「褒賞マーク」を使用するユーザーの上半身の塑像は四角形で、「小程序(WeChat Mini Apps)」の上半身の塑像は円形となっている等々です。

Q.どうして「褒賞マーク」はこのような形をしているのですか?一般のQRコードとは
どんな区別があるのですか?
A. 微信(WEIXIN)の“收付款”の中の受け取り、QRコードは伝統的な四角形で、一般の受け取りマークと区分するために、微信(WEIXIN)は「褒賞マーク」を設計する時に、新しい形を作りました、しかし、その識別方法は一般の受け取りQRコードと区別はありません。

[原文]

NewsPicks_button_01

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
中国向けホームページの制作は中国Web専門会社にお任せください

株式会社レクサーは中国を専門とするホームページ作成・広告マーケティング会社です。