中国Webニュース

ハッカーのサイトへの悪事行為を打ち砕くべく、360捜索が悟空算法2.0を発表

私たちがブラウザでネットサフィーンしているとき、よく破廉恥なページや賭博関連のページが出てきたりすることがありネットサフィーンされてるユーザーの方々にひどい悪影響を及ぼしていないでしょうか。この状況を打開すべく、360捜索は「悟空算法2.0」を正式発表しました。
現代社会においてサイトが攻撃されるという現象は少なくなく、多くの人がハッカーによるコード読み取りなどによって、乗っ取られたり悪さをされたりすることがあります。今回発表した悟空算法2.0について「より正確に、そしてより早くハッカーのサイト攻撃を識別し、悪意あるサイトがネットサーフィンの邪魔になったりユーザへの悪影響をおよぼすことを減らし、360捜索へのハッキング行為に対して深刻に立ち向かいます」というメッセージ発表がありました。
同時に360捜索は多くの対策ソフトの提供、フィードバックを行いました。サイトがハッキングされ「360捜索リスク」の通知に気づいた際は「360サイト衛士」の「360サイト安全検査」を利用し、サイトの安全チェックをするよう反ハッキング団体から推薦を受けました。またハッキングを受けた後サイトが正常に回復した際、360に報告すると、360が審査を行い、審査の結果ハッキングによる影響の疑いがあったと判断した場合はフォローアップを行います。
この「悟空算法2.0」の最大の役目はサイトがハッキングされた後にブラウザ検索ページが正常に表示されない等の問題解決です。悟空算法の登場後、ウェブマスターたちからの支持を集めました。

[原文]

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
中国向けホームページの制作は中国Web専門会社にお任せください

株式会社レクサーは中国を専門とするホームページ作成・広告マーケティング会社です。