中国Webニュース

ネットユーザーが登録しいていた雄安新区の中国ドメイン名が取り消された

雄安新区の設立に伴い、不動産投資家たちは雄安新区関連の買いに走ったが、雄安関連のドメイン名はサイバースワッピングに遭いました。この問題が顕在化し、一部のドメイン名が売りにかけられました。

これは中国財力の現れではありません。あるネットユーザーがイーネームというサイトで「雄安、中国」のドメイン名を登録したところ、何の説明もなく削除されたことがありました。

それ以降、中国は互联网に対する制限がを強めてきました。中国で売買されているドメインはリスクが付きまといます。権利侵害された企業は仲裁の方法でドメインを奪い返せるからです。
例えば、もしあなたが権利侵害のドメイン名を売買しているなら、権利侵害された会社は購入することなくそのドメイン名仲裁に持っていくことができるます。つまり「雄安」のようなドメインはそれなりのリスクがあるといえるのです。
[原文]

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。