中国Webニュース

Googleが検索順位表示に事実確認内容調査を加え、偽ニュースに衝撃

爱范儿によると、先週の金曜日、Googleは検索結果に事実確認機能を加えました。この機能により広告主や検索サイトの内容から適切な検索結果を反映しやすくなりました。
もしこの機能がより成熟した場合、BaiduやWechat、Sugouなどの国内のウェブサイトに引用される可能性が非常に高くなるだろうと予想されます。

現在、互联网上海は1分ごとに多くの新しい文章を発表することができます。これはニュースの供給過多時代であり、偽ニュース氾濫の時代でもあることを示しています。
Googleはニュースサイトに「事実確認」タグを設置しました。このタグはニュース提供会社と事実確認機構の調査メッセージを表示します。
例えば、Google検索を開いた時、一部の検索結果に第三者機関の調査結果がある場合、Googleは検索結果の表示にもタグを表示します。

ただし、今のところ事実調査に関してGoogleは内部処理ではなく、SnopesやPolitifactといった第三者調査機関のメッセージを表示しています。
現在専門の第三者調査機関を持ち、協力期間は115社にまで増加しました。
しかしながら、すべての検索結果に事実調査タグが付けられているわけではなく、すでに検証された同一のメッセージを違う人が検索した場合でさえ、必ずしも全ての人がこのタグを見られるとは限りません。

実際、偽ニュースは多くのアメリカ国民を困らせています。昨年アメリカの選挙期間中、Google、Facebookなどのウェブサイトは「偽ニュース」事件に踊らされました。
特に大統領選挙後はこの2つのウェブサイトは疑わしいニュースサイト以上の影響を大統領選に与えました。
このウェブサイトは偽ニュースの氾濫をせき止めるよう努めていますが、現在メッセージの伝わる速度は調査速度より明らかに早くなっています。
[原文]

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
中国向けホームページの制作は中国Web専門会社にお任せください

株式会社レクサーは中国を専門とするホームページ作成・広告マーケティング会社です。