中国Webニュース

最新ニュース:実名認証無ければドメイン名削除

アリババクラウドは今年5月31日までに実名認証が完了していない領域内のドメイン名は全て「クライアントホールド(ドメイン名用不可)」されると発表しました。

【アリババクラウド】ご利用のお客様へ***aliyun.com:2017年より工信部から全面的なドメイン名の実名認証の要求に基づき、現在、アリババクラウドから関連登録局へ通知しておりますが、サイトおよびメールへ正常なアクセスを確保するため、必ずドメイン名の実名認証してください。

ご注意:

1.2017年5月31日までに、実名認証が完了していない.com/.netのドメイン名は登録局が一時停止し調査を行います。

2.2017年5月15日までに実名認証がお済みでないtop/.xyz/.vip/.ciub/.shop/.wang/.renのドメイン名は登録局が一時停止し調査を行います。また、関連登録局が4月1日頃から現在までのドメイン名の認証状況について二次審査を行います。実名認証に関する詳しい情報は公式サイトの通知をご覧ください。

現在、転換されていないドメイン名は、5月が過ぎた分は国に没取され、Godaddyへの転換が推奨されています。このページでは「アリペイ」の利用を勧めており、簡体中国語版もあります。

国際化ドメイン名の実名制はICANNからの要求であり、虚偽の情報をICANNは削除する権限を持っていますので、毎年お知らせの通知が届きます。Godaddyは非常に官僚的で、ドメイン情報の正誤を確認する権限があります。中国語ユーザーの権限は小さく、アメリカのカスタマーサービスへ英語で電話またはオンラインで連絡しなければならず、面倒臭さを身をもって体験します。

さらに詳しく: 『ネットにおけるドメイン名管理方法』

領域内で接続するドメイン名はレジストラが提供したものであり、レジストリが管理しているものでなければいけません。領域内のネットに接続する際、レジストリが管理しているドメイン名でなければ、プロバイダはネット接続サービスを提供できないため、実名を選択しないでドメイン名を転換してしまうと、国内のネットに接続出来なくなります。ご注意ください!

[原文]

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。