中国Webニュース

BaiduとSogouはPPC医療広告で処罰

最近、上海市工商局はBaiduとSogouが検索エンジンとして広告を審査する義務を果たせず、資格のない医療機関のPPC広告を表示させたため、Baiduは2.8万元(約46万円)Sogouは1.03万元(約17万円)の罰金を課せられたとのニュースがありました。

「インターネット広告管理暫定措置」は、承認されていない医療用広告のリリースは禁じており、本来の検索結果と区別するため、検索エンジンに「広告」とラベルを付けるように明示的に要求しています。
以前PPC(Pay Per Click)クリック課金型広告は広告法の規定範囲に定められていなかったため、検索エンジンの虚偽広告は誰も管理監督することがありませんでした。

“魏則西事件”後、Baiduの医療プロモーションはかつて国民の批判の対象となっていました。
今回のBaidu、Sogou違法罰金について、大勢のユーザーは罰金の金額に注目し、「間違費用」が低すぎると批判しています。

@互联网黑天鹅:ついにPPC広告も管理される.
@睿哥only:Baidu Sogou罰金課せられた事で警告の役割を果たすことを願う、結局懲罰より警告の意味が大きかった。
@波仔MX:正直言って、Baiduの医療広告はヒドイ!
@发呆撒:偽装を知りながらもリリースしたから、数千万の罰金を課せないと抑止できない。

同時に、Baidu側では今回の事件について釈明し、「各地の規制要件が統一されていないため、上海地区の特定の規定を認識できなかった、監査システムを改善する。そして、社会各業界の人々に監督および報告することを期待する」と述べました。

今回のPPC医療広告で処罰を受けた事件、あなたならどのように受け止めますか?

[原文]

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。