中国Webニュース

2345.com深刻な違反により喚問を受ける

3月7日、深刻な違反行為にあった中国のURLウェブガイドサイト2345.comの編集長は、上海市インターネット情報オフィスと上海市反ポルノオフィスから合同喚問をうけました。同サイトの「リラックス」、情報、健康など項目に違反の疑いがあり、サイト自体にも強制拘束、ハイジャックなどの暴力違法行為があったそうです。

2345.comではインテグラルプロモーションモデルを採用し、コンピューター技術者、ネットワーク管理者、プログラマがユーザーコンピューターのホームページを2345.comに設定することを奨励しました。

ホームページに設定した技術者にはポイントがどんどん溜まり、たまったポイントはショッピングまたは換金が可能なため、プッシュする技術者は許可を得ずユーザーのコンピューターのホームページをデフォルトで2345.comに設定していました。これは2345.comへのトラフィックを増やし、潜在的価値を創出する技術的手段にすぎません。

皮肉なことに、昨年5月19日に2345.comはhao123.com、114la.com、hao.uc.cnなど中国8大ナビゲーションサイトと共同提案書を提出し、全国のウェブサイトのナビゲーションサイトが正しい方向に維持し、積極的に社会的責任を負い、共にインターネットの健全な発展を促進するように呼び掛けていました。

ウェブサイトナビゲーション事業は想像の余地がなく、サンセット産業に転落し、2345.comが合同喚問されたのは事業の発展に再度警鐘を鳴らすものとなりました。

現在、ウェブサイトのナビゲーションは専門化、垂直化、細分化の方向に進化しつつあり、すべての市場セグメントには莫大な資金と技術サポートが必要となり、一度落ちこぼれると排除や買収の危機に直面します。

[原文]

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。