訪日中国人観光客の急増にともない「中国人はマナーが悪い」との声が聞かれるようになり、全国的にその印象が染み付いてしまいました。しかし、いつまでもそうなのではありません。そこで中国人観光客のマナー問題について近年の動向をレポートします。

中国からみた中国人観光客のマナー

2017年7月10日の人民網(人民日報社のニュースサイト)で「中国人観光客の海外での評価が向上した」とするレポートを取り上げ、訪日ツアーを担当するガイドの声を紹介しました。「中国新媒体発展報告2017」という名称のレポートは中国社会科学院新聞伝播研究所と社会科学文献出版社が発表したもので、「中国人の被調査者の8割以上が自分の海外旅行でのマナーに満足している」といい、海外の被調査者の間でも「5年前に比べて中国人観光客のマナーは向上した」との認識が強まっているという内容が記載されています。そして観光客のマナー向上を最も感じ取れる職業の一つとしてガイドの仕事を紹介しており、10年以上旅行業務に従事していて主に訪日ツアーを担当してきたあるガイドは「中国人観光客の印象はここ数年で明らかに変わった。以前の訪日ツアーではごみのポイ捨てや喫煙場所について何度注意してもマナー違反がたびたび起こっていたが、近年は出発前に自ら旅行中の注意事項を尋ねる客が増えていて、ルールを守ろうという意識を持っている」「自分としても政府が作成した訪日旅行マニュアルを喜んで配布している」と語ったといいます。このことから読み取れるのは中国政府当局が中国人の海外でのマナーの悪さを認知して「訪日旅行マニュアル」を作成するなど対策に乗り出しており、それとともに観光客もマナー向上の意識を持っているということです。

在日中国人の目線

日本に慣れ親しんだ在日中国人の方は訪日中国人観光客をどう視ているのでしょうか。福建省出身の中国人男性を夫に持つ女性のコラム記事の一部ですが、中国人の夫とある飲食店で食事をしていた時に、中国人観光客がたくさん居て、店が混んでいるのに食べ終わってもいつまでも居座っており、他の客がいるのに遠慮せず周囲の写真を撮りまくったりしていたそうです。すると夫がすっと立ち上がって写真を撮っていた中国人観光客の方へ行き、中国語で「写真、撮らないでくれる?」と言ったそうで日本人の女性としては信じられない気持ちでいっぱいだったが、夫は正々堂々本人たちの前ではっきり不快感を表したというのです。「喧嘩になるのではないか…」とハラハラしていたが、夫に注意された中国人たちは「うん、分かった」とあっさり写真撮影を止めたそうで、席に戻った夫は「ああいう人たちがいるから中国人旅行者はマナーが悪いって言われるんだ」とブツブツ言っていたが、「まさか本人たちに直接言うとはビックリで、しかも言われた方もあっさりと止めていた」と記していました。同じ中国人でも日本に慣れ親しんだ中国人は日本人目線で視ており、同国人のマナー不足を恥じるかのように自分の責任で中国人観光客に注意を促したのでしょう。この女性の「まさか本人たちに直接言うとはビックリ」という言葉に表れているように、日本人は見て見ぬふりをするが中国人はハッキリとものをいうのです。中国人観光客が中国人に(中国語で)注意されたことで「これは良くないことだ」と理解したからこそ素直に従ったのであり、日本人が黙って他人目線でにらめていてもなにも変わらないのです。中国人はお互いに言いたいことはハッキリ言う気質なので、逆にいえば何も言われなければ何も問題は無いと解釈しているのであって、何も注意を促さず黙って視ている方にも問題はあるのです。

中国人観光客のマナーは確実に向上している

昨年行われた調査、米国・英国・フランス・日本・韓国・タイ・シンガポール・インドネシア・香港・台湾の10カ国の市民を対象にオンラインで行われた調査では「中国人観光客のマナーが向上した」との認識は、インドネシア・フランス・シンガポール・英国・米国の5カ国で特に顕著でした。先に述べたように報告書では「中国人旅行者のマナーは5年前に比べて向上したというのが、回答者の一般認識だ」としています。その背景には旅先で著しくマナーを欠く問題行動を起こした人を掲載する、政府当局のいわゆる「観光客の非文明的行為のブラックリスト」の存在があります、それを74%の人が「知っている」と回答しており、「同制度を支持する」と答えた人は全体の93%で「同制度は非文明的行為の懲罰に一定の効能がある」は58%に上っています。つまり、中国人の殆どの人が海外旅行でのマナー問題を認知しており自ら現地のルールに従う意識を持っているのです。

マナー問題の根源は何か

日本国内で社会問題として取り沙汰され続けてきた中国人観光客のマナー問題に対し、日本在住のある中国人ジャーナリストは、中国人観光客のマナー問題にはとくに「国の違い、経済発展の違い」に起因する文化的問題も存在すると指摘しています。その例として中国人観光客の声の大きさを挙げ、土地が狭く人が密集しているゆえ抑揚の少ない言語文化を持ち小声で話すことが習慣化している日本と、土地の広さゆえ大声で話すことが習慣化している中国との差異であるとか、さらに、お金を払う前に商品を開封するのは「中国にはニセモノが多いゆえに開封しないと心配」という経済文化の発展段階の違いがあること、またトイレの使い方の問題にも文化や発展の違いという背景があることを上げています。そのうえで、批判ばかりが目立ってきた日本のメディアにおいて「文化や発展段階の違いで衝突が起きるのは当然の話だ」という解釈がなされるようになってきたことを評価しているとも言っています。

中国人観光客のショッピング天国のひとつとなっている銀座では商店関係者たちが「中国人のマナーが向上している」と語るとともに、銀座で楽しく時間を過ごすための提案、例えば食べながら歩かない、列に並ぶなどといった内容を盛り込むとともに、銀座の歴史や特徴、風景も紹介した「外国人向けガイドブック」の作成に取り組み、中国人観光客が「郷に従う」努力をするのを喜びとともに見つめているといいます。そして地方の旅館経営者からも「中国人観光客のマナーが向上してきた」との声が聞こえるようになってきました。

NewsPicks_button_01

役にたったら
いいね!して下さい

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受け取る

当ブログの記事を1週間に1通のペースで最新記事をお届けします。下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

中国向けホームページの制作は中国Web専門会社にお任せください

株式会社レクサー(LXR Inc.)は中国を専門とするホームページ作成・広告マーケティング会社です。

中国語でのホームページ制作はもちろん多言語ホームページや越境ECサイト作成。中国現地のWebマーケティングやSNSマーケティングから中国観光客に対するインバウンドマーケティングまで中国のWebビジネスをワンストップで提供できます!