2016年の訪日外国人数は、前年比21.8%増の2403万人になり、その中でも訪日中国人数は前年比27.6%増の637万人でした。訪日中国人の行動パターンもショッピングから「こと体験」や「食体験」へ変化の兆しも見られます。そんな訪日中国人に的確な情報を提供し、日本での体験が便利に快適にでき満足してもらえるよう新たなサービスがスタートしました。それは『AI コンシェルジュサービス「Bebot」』です。

AIコンシェルジュサービス「Bebot」とは!

「Bebot」は、訪日外国人向けの画期的な情報提供サービスです。外国人がスマートフォンを使って飲食・レジャーなどの質問やリクエストをすると、365日いつでもどこでも対応してくれる英語を中心としたAIコンシェルジュサービスで、2016年にホテル向けとしてサービスを開始しました。
具体的には、飲食店やアクティビティのお薦め情報と予約、道案内や穴場探しなどができます。AI(人工知能)なので、24時間年中無休で対応ができ、日本全国で利用することが可能です。
「Bebot」を開発提供している株式会社ビースポークは、2017年6月10日から中国語によるサービスを開始すると発表しました。中国語の提供は初の試みになり、今後は韓国語、タイ語、スペイン語も順番にリリースする予定で早い開発が待たれます。

「Bebot」を使う訪日外国人のメリット

「Bebot」のサービスを受ける訪日外国人にはどんなメリットがあるのでしょうか。まずは、周辺のレストランや文化体験の予約、道案内などを、日本の親しい友人のように気楽に頼むことができます。しかも、その友人がホテルのコンシェルジュのような豊富な知識を持っているので、これほど安心なことはありません。
旅行先で現地に知り合いがいれば、同じ旅行でも体験に大きな差がでます。一人では到底辿り着けない場所でも、「Bebot」が連れて行ってくれます。
「知り合いがいない外国でも、まるで現地に友人がいるような体験を味わえる」 それが「Bebot」の最大の魅力です。

「Bebot」を導入する宿泊施設のメリット

訪日外国人の満足度が間違いなく向上すると思われる「Bebot」ですが、導入している宿泊施設にはどのようなメリットがあるのでしょうか!まず一番は人件費の削減です。宿泊施設は外国人宿泊客に対応するため、外国語を話せる人材を雇用する必要がありますが、「Bebot」さえあれば外国語を話す人材を雇用しなくても対応できるため、人件費の削減ができます。
2番目は、「Bebot」がリアルタイムで顧客に詳細な情報を提供するため、日本に詳しいコンシェルジェが常に一緒にいるような安心感を与えることができ、顧客満足度が向上し口コミのアップにもつながります。よくある例は、外国人客が空いた時間に「夕飯まで3時間くらいあるけど何かできますか?」とか「新宿駅で道に迷ってるけど?」と言われた時に、コンシェルジュのようにアドバイスや道案内を自動でしてくれることです。
3番目が、訪日外国人のホテル周辺での行動や趣向データを入手でき、宿泊客の行動実績を可視化できることも可能になり、顧客サービスの向上につながります。

レンタカー業界でも「Bebot」導入

これまでは主に宿泊施設で活用されていた「Bebot」ですが、レンタカー業界でも導入の動きが現れました。
『タイムズモビリティネットワークスは、訪日外国人向けAIコンシェルジュサービス、「Bebot」をタイムズカーレンタル成田空港店で6月19日から導入した』と発表しました。
「Bebot」導入により、レンタカーを利用する訪日外国人がスマートフォンを使って、チャットで質問や相談をするとコンピューターが自動で応答してくれます。レンタカーを使っている時や観光地での情報、飲食店の予約など日本滞在時の色々な質問や要望をリアルタイムに相談できます。レンタカーを利用する外国人客の利便性を画期的に向上させるサービスと期待されます。
このサービスは、テストケースとして利用客が多いタイムズカーレンタル成田店で実施して、テスト期間の利用状況によって全国展開する予定です。

まとめ

日本政府観光局は、東京オリンピックが開催される2020年に、訪日外国人数4,000万人達成をめざし誘致に向けた取り組みを加速しています。そのために、訪日外国人向けアプリやサービスの開発とリリースが必要です。
今回紹介しました『AI コンシェルジュサービス「Bebot」』も、さらに進化させようと対応力をアップさせる活動をしています。その方法は、日々訪日外国人にインタビューして、その情報を「Bebot」に流し込みパワーアップさせています。
英語、中国語以外の多言語も充実すれば訪日外国人にとって強い味方になることでしょう。

NewsPicks_button_01

役にたったら
いいね!して下さい

中国Webマーケティングラボを
中国向けホームページの制作は中国Web専門会社にお任せください

株式会社レクサー(LXR Inc.)は中国を専門とするホームページ作成・広告マーケティング会社です。

中国語でのホームページ制作はもちろん多言語ホームページや越境ECサイト作成。中国現地のWebマーケティングやSNSマーケティングから中国観光客に対するインバウンドマーケティングまで中国のWebビジネスをワンストップで提供できます!