現在、多くの人が仕事でWeChatやQQを使用していますが、WeChatもQQも当初の開発コンセプトはSNSであって、あまりオフィスワーク向けではありませんでしたが、このマーケットを誰もほったらかしにしませんよね?テンセントが生み出した秘密兵器、それがTIM版QQです。数ヶ月のテストを経て、遂に3月1日のサービス開始が決まりました。このTIMのリリースは、テンセント側にとってやはり重要であり、手軽かつオフィスで使えるQQのシステムの完成とTIMのリリースでライト版QQから全面的な切り替えを求めました。

TIMはTencent Instant Messengerの略称で、Team Instant Messengerとも解釈できます。そのドメインはhttp://office.qq.comで、 「QQをもっと手軽に、オフィスをもっと便利に」のコンセプトをより体現しています。

TIMの特徴:

1.広告ゼロ:TIMはダイアログがシンプルで、ユーザーは仕事に集中でき、広告に煩わされることは全くありません。

2.カスタマイズ・エンターテイメント機能のカット:TIMはQQメンバー、天気、QQ秀、厘米秀、アバター、Q-Zone、ゲーム等の多くのカスタマイズ、エンターテイメント機能を見えなくして、ユーザーから仕事以外の情報を遮断します。

3.公式アカウントのモジュールを簡略化:TIMは重要なサービスアカウントのみをいくつか残しましたが、購読アカウント、サービスアカウント、QQのショップアカウント等オフィス向けモジュールには合わないため、カットしています。

4.ビジュアルスタイル:TIMのビジュアルスタイルは全体的にコンテンツそのものをより強調し、ニュートラルでシンプルな機能、ユーザーの仕事中のコミュニケーション効率をより重視しました。

TIMのPCインターフェース:

TIMもビジネスシーンをサポートする機能が豊富ですので、きっと釘釘の強力なライバルになるでしょう!

ただ、ネットユーザーの中には:大手企業は自社の社内チャットソフトを利用し、会社内のサーバーを使用するという意見もあります。悪く言えば、内部機密がテンセント流れるということです。テンセントはパクリの評判もあるため、人々はまだ心から安心できません。

皆さんはどう思いますか?

役にたったら
いいね!して下さい

中国Webマーケティングラボを
中国向けホームページの制作は中国Web専門会社にお任せください

株式会社レクサー(LXR Inc.)は中国を専門とするホームページ作成・広告マーケティング会社です。

中国語でのホームページ制作はもちろん多言語ホームページや越境ECサイト作成。中国現地のWebマーケティングやSNSマーケティングから中国観光客に対するインバウンドマーケティングまで中国のWebビジネスをワンストップで提供できます!