Wechatのアプレットはすでにネット上で発表されてから何日も立っているが、まだ目立った騒動は引き起こしていません。メディアの調査によると、実はユーザーのたった8%しか継続的に使用しておらず、6%のユーザーは週に一回、他のユーザーは基本的にはお試しでしか使っていないことがわかりました。
「今日のトップLite」は1月9日に発表された、アプレットの中でも最古参のものの一つです。数日前、このアプレットの使用中に、ネットユーザーが「今日のトップ」のアプレット版に、「おすすめ」と「チャンネル」の2つの選択肢しか入っていないことに気が付きました。検索もままならず、機能もかなり制限されていました。しかし「今日のトップ」は16日にはバグから回復してアプレットの運営を再開していました。

QQ宣伝部長の張軍氏もブログ上で発言しているように、アプレットに関して、どんなタイプの企業にも適合するというのはべつに不思議なことではありません。一度始めてしまえば通信量を管理する必要もなく、オフラインの環境のほうが大事だということを注意しましょう。この知識を知っていればバランスを保つことができます。なにもしなければ、良い状況があってもなにも出来ません。

この話は明らかにアプレットがバランスをとることで正常な状態を保てる、ということを言っています。最近、投資ファンドに対して、証券監督管理委員会が緊急に書面で取引機能のあるアプレットをしばらく使用しないように通知しました。商品ページに展開されている機能のみが使用を許可されています。「銀華赢在定投」、「広発基智理財」、「建信基金+」、「華夏基金通」の4つのアプレットがすでにオフラインになっています。

アプレットはちゃんとオンラインになっていますか?そうでないアプレットはほとんど役にたちません。Wechatのアプレットを普段から使っていますか?

役にたったら
いいね!して下さい

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
中国向けホームページの制作は中国Web専門会社にお任せください

株式会社レクサー(LXR Inc.)は中国を専門とするホームページ作成・広告マーケティング会社です。

中国語でのホームページ制作はもちろん多言語ホームページや越境ECサイト作成。中国現地のWebマーケティングやSNSマーケティングから中国観光客に対するインバウンドマーケティングまで中国のWebビジネスをワンストップで提供できます!