中国Webニュース

インターネットドメイン名管理方法が発表予定、域外のドメイン名は域内のサーバーでは解析不能に。

ドメイン名はサイトの名刺といえる。今でもドメイン名を打ち込んでインターネットにアクセスするのは省略出来ない方式である。しかし、インターネットのドメイン名に関して管理規定は無い。最近上海証券報の報道によると、工信部策定の「インターネットドメイン名管理方法」「略称(方法)」改訂作業がもう終わりに近付いており、もうすぐ発表となるとの事である。これは私達が国外で登録したドメイン名は国内のサーバーでは解析出来ない事を意味する。

寄せられた意見には、域内でネットに接続するドメイン名は域内で登録する機構の提供するサービスを受け、域内ドメイン名登録サービス機構において管理運営されなければならない。域内でネットに接続するが、域内のドメイン名登録服務機構の管理するドメイン名で無い場合、インターネット接続サービスの提供者はそのネット接続業務を提供してはならない。

要求された意見に従い、ドメイン名の解析サービスを提供する場合、違法ネット情報サービスにをドメイン名を提供してはならない。
検閲システムに阻止されない限り、ドメイン名とサーバーが域外でもサイトにアクセスできる。よってこの政策は主に、ドメイン名を国外で登録するが、サーバーは国内にあるサイトに対して影響を及ぼすものであり、それらは必ずドメイン名を戻さなければならない。
何故工信部はサイト管理者に域内の登録商を使用させるのか、それは国内であれば強制的にドメイン名の実名登録が可能であるから。

例えば阿里の万网はすでにドメイン名の実名登録を要求しており、さもなければアクセス出来ない。実名登録の利点はつまり容易に逮捕出来るという事である。あなたがサイトを開設し、少しでも「有害情報」に関係する評論をすれば、5分後水道メーターの検査に誰かが訪れるであろう。なんという効率の良さか。
今回のドメイン名管理方法について皆さんはどう思われますか?

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。