中国Webニュース

マイクロソフトブラウザEdgeが、デフォルト設定でFlashを無効化

responsive-2044921_1280

Flashは私達が使用するメモリである。過去のゲーム広告等は全てFlash上で実行されていたが、ジョブスがFlashを見捨ててから、Flashの衰退はすでに加速を始めていた。今日早くにマイクロソフトはユーザーにWindows 10 Build 15002のプレビュー版を提供した。その内、ブラウザEdgeにも多くの機能の更新がされた。

更新後のブラウザEdgeはネット上のFlash内容をデフォルト設定で無効化する為、ユーザーはFlashを実行したい場合、手動で選択する必要があります。
これ以前にグーグルは、Chrome55でHTML5をデフォルト設定し、古いFlashを完全にお蔵入りとしました。加えて今回のマイクロソフトも正式に実行を制限する事となりFlashは完全に行き詰っている状態となりました。

ネットユーザーの中には習慣的にもしくは愛好的にFlashを使用しているが、時々自分の使用したブラウザでFlashが使えない際、ブラウザを変更しなければならない事に失望する。
恐らく国内のサイトがまた足を引っ張るであろう。しかしhtml5が普及された後は、携帯ブラウザの広告がまた盛況となるだろう。

役にたったら
いいね!して下さい

中国Webマーケティングラボを
中国向けホームページの制作は中国Web専門会社にお任せください

株式会社レクサー(LXR Inc.)は中国を専門とするホームページ作成・広告マーケティング会社です。

中国語でのホームページ制作はもちろん多言語ホームページや越境ECサイト作成。中国現地のWebマーケティングやSNSマーケティングから中国観光客に対するインバウンドマーケティングまで中国のWebビジネスをワンストップで提供できます!

株式会社レクサーのメンバーは中国で10年以上の経験を持つ代表を初めホームページ作成専門家、Webサービスの制作専門家、越境ECサイト及び中国現地の天猫等のECモールの専門家、経営コンサルタント、元中国現地法人の広告代理店勤務者、中国での経理・法務経験者、翻訳者など中国ビジネスのプロフェッショナルの集団です。日本と上海に拠点があり、グローバルに対応可能です。