中国Webニュース

マイクロソフトブラウザEdgeが、デフォルト設定でFlashを無効化

Flashは私達が使用するメモリである。過去のゲーム広告等は全てFlash上で実行されていたが、ジョブスがFlashを見捨ててから、Flashの衰退はすでに加速を始めていた。今日早くにマイクロソフトはユーザーにWindows 10 Build 15002のプレビュー版を提供した。その内、ブラウザEdgeにも多くの機能の更新がされた。

更新後のブラウザEdgeはネット上のFlash内容をデフォルト設定で無効化する為、ユーザーはFlashを実行したい場合、手動で選択する必要があります。
これ以前にグーグルは、Chrome55でHTML5をデフォルト設定し、古いFlashを完全にお蔵入りとしました。加えて今回のマイクロソフトも正式に実行を制限する事となりFlashは完全に行き詰っている状態となりました。

ネットユーザーの中には習慣的にもしくは愛好的にFlashを使用しているが、時々自分の使用したブラウザでFlashが使えない際、ブラウザを変更しなければならない事に失望する。
恐らく国内のサイトがまた足を引っ張るであろう。しかしhtml5が普及された後は、携帯ブラウザの広告がまた盛況となるだろう。

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。