中国Webニュース

グーグルが画像圧縮新技術を開発、四分の三の容量を節約可能に。

私達がウェッブページ或いはその他のメディアプラットフォームを閲覧する場合、その速度はそのままユーザーの快適さを決定する。現在、文字、画像は重要な展示内容であり、画像の最適化はユーザーの使用に非常に大きな助けとなる。最近グーグルはRASIRという画像圧縮技術を導入した。オフィシャル発表によると、画像の画質を変えぬまま75%削減できる。
RASIRはRapid and Accurate Super Image Resolutionの略であり、仮想人工知能の神経系統の活動方式を利用し、画像を32×32画素の小ピースに分解し、その後システムが100個の圧縮効率が最も悪い画像に学習を行い、不明瞭な画素を補完し、もとの鮮明さまで復元する。

簡単に言うと、システムはクリアな画像中より学習し、学んだアルゴリズムを運用し、低分析率の画像中から、ディティールを復元し、低分析率の画像を用いながらも元のハイビジョンな画面を復元できる。
この人工知能によりコピーされた画像は容量を圧縮出来、同時に原図とほぼ変わらない画質を維持する事が出来る。グーグルによればRASIRの技術はまだ75%の帯域幅の節約が可能であり、Google+上での使用を優先するという。
伝統的なJPEG画像圧縮技術と比べてグーグルRASIRの人工知能圧縮技術は効率が更に良いものである。
目下この技術がいつ応用出来るかは不明だが、もしかすればJPEG圧縮技術は淘汰されるかもしれない。

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。