中国Webニュース

Wechatのプレビュー閲覧機能が制限され、多くの公式アカウントに影響

newspaper-154444_640

とあるユーザーの情報によると:Wechatのプレビュー機能が制限され、某Wechat公式アカウントの編集者が、記事を正式に発表する前に、プレビューにて確認しようとしたら、“本ページがプレビュー画面であり、アクセス回数が500回、もしくは12時間後自動的に無効となります”という表示が現れます。

Wechatプレビュー機能とは?

当初、プレビュー機能の目的は、公式アカウントの編集者がプレビュー画面を発表し、よりよく記事のレイアウトや誤字を修正出来るということが目的です。しかし、このプレビュー画面がWechatのチャットグループやモーメンツにシェアーされることは可能なので、以下の使い方に使われていました。

1.敏感内容の発表

プレビューはWechatに審査されていない内容になっている為、敏感内容が発表されるという目的に使われます。

2.緊急記事の発表

多くの公式アカウントが発表出来る記事は一日一つですが、もし本日分の記事が既に発表されましたら、このプレビュー機能が緊急記事の発表に使えます。

3.記事制作のライブ

多くのニュースメディアがライブチャンネルを持っていて、現場にて起こっているニュースをリアルタイムに更新出来ます。よって、多くの公式アカウントも、リアルタイムにWechat記事を発表する為に、一旦完成した記事を発表し、再度加筆修正を行い、リアルタイム更新という目的でプレビュー機能を使っています。

公式アカウントが発表される記事は全部制限されている為、プレビュー機能を依存しているアカウントが多数存在しております。もし、誤って間違えた記事をプレビュー機能経由で発表してしまったら、損失はきっと大きいでしょう。また、今回プレビュー機能の制限によって、Wechatにて商売をやっている人が、宣伝やライブ活動も出来なくなります。

役にたったら
いいね!して下さい

中国Webマーケティングラボを
中国向けホームページの制作は中国Web専門会社にお任せください

株式会社レクサー(LXR Inc.)は中国を専門とするホームページ作成・広告マーケティング会社です。

中国語でのホームページ制作はもちろん多言語ホームページや越境ECサイト作成。中国現地のWebマーケティングやSNSマーケティングから中国観光客に対するインバウンドマーケティングまで中国のWebビジネスをワンストップで提供できます!

株式会社レクサーのメンバーは中国で10年以上の経験を持つ代表を初めホームページ作成専門家、Webサービスの制作専門家、越境ECサイト及び中国現地の天猫等のECモールの専門家、経営コンサルタント、元中国現地法人の広告代理店勤務者、中国での経理・法務経験者、翻訳者など中国ビジネスのプロフェッショナルの集団です。日本と上海に拠点があり、グローバルに対応可能です。