中国Webニュース

微信(Wechat)公式アカウント フォロー数減少の16の原因とその解決法!

公開アカウントを作っても、フォロワーが増えないどころか減る一方というのは、運営にとっては非常に頭を痛める問題です。

この問題は確かに非常に複雑で、長いスパンでの舞台裏のデータの分析を必要としますし、公式アカウントの内容を観察し、業界全体の風向きを観察しても、正確に分析できるとは限らないのです。

ほとんどの人は文章の内容がうまくないからだと思うかもしれませんが、事実はそのように単純ではないのです。

本日は、微信(Wechat)公式アカウントのフォロワー数減少の原因を大きく6パターン、16種に分類し、さらに解決方法も付けました。皆さん、自分の状況と照らし合わせてください。

 

「記事の良し悪しがフォロワーを減らす」

1、人称の変化

時に一人称、時に二人称、またときに三人称で文章が書かれています。
もっと、直接言ってしまえば、自分で文章を書いてる時と他から文章を転載しているときとがあります。
すると読者は混乱し、状況判断ができない、すると公式アカウントとの間に距離を感じ、依存度を下げることとなります。フォロワーに運営側がアカウントに対してまじめでないと思われば、フォロワーの心が離れていくのは必然的でしょう。
解決方法
もし今使われている文章の人称が依然と違うものがありましたら、最初にその文章が自分で書いたものなのか、それとも転載したものなのかを明記することです。私たちがよく新聞で見るように「~いわく」というのが比較的典型的なやり方でしょう。

2、民意に反する

例を一つ挙げましょう。「Zhi Fu Bao(支付宝)」が五福集めをしていた以前のことですが、圧倒的大多数の人が「ボーナス」を受け取れなかったのに、党活動は大成功であったという文章を書いてもそれでは民意に反するのです。文章が一時的に大ヒットするかもしれませんが、(これまでも指摘に挙がった通り)結局は正攻法ではないのです。
解決方法
正しい道をずっと続けるか、またはいっそのこと「悪」側に転じてしまうか、出なければどっち付かずになってしまうのです。

3、文章の質が不安定

文章の質が不ぞろいであるのはよくあることですが、起伏があまりの大きいのは監視委しません。データから見ても、あっという間に何百、何千と読者がつくから、これもフォロワーが減ることにつながってしまうのです。
任意の一遍の質が下がってしまうと、あなたのファンの心は離れてしまうのです。連続して何日か良質の文章がアップされなければ、関心を失う読者は大いに減るでしょう。
解決方法
読者数が少ない文章と読者数が多い文章を違いをもっと研究してください。世の中の話題の焦点をうまくつかめなかったのか、はたまた文章自身の内容によるものなのか。必要な時にネット上で公開されている比較的良質な文章を探して、アカウントでおすすめしてみてください。
またもう一つの可能性としては、新しい微信(Wechat)の編集者に変わったからというのもありますでしょう。それであれば早く担当者に慣れてもらうよりほかにないでしょう。

4、文章が多い時と少ない時がある

つまり、一つだけアップするときと一気に5編も記事をアップするときとがあり、、こうすれば必ずやフォロー数を減らすことになることでしょう。
ちょうどに一色のみのファッションをするときもあれば、5色でカラフルするときがあると、ご友人が視覚上に違和感を抱くでしょう。なぜなら、ご友人(つまりフォロワー)はもう慣れてしまっているのです。しかし、あなたは前者と後者のどちらが良いのかわかりようもないのです。
解決方法
最初から最後までアップする記事数は一定にするべきです。あまり大きな差を作るつもりであれば、多くのファンを意見を調査するのがいいでしょう。

5、文章が多岐にわたっている

例えばあなたが旅行業界にかかわっているとしましょう。初めのうちは国内旅行の情報を発信し、次第に国外旅行の分野にも手を伸ばし、そして自由旅行の攻略を、ついには親子旅行の情報についても発信しはじめてしまう。
こうして記事のテーマの多様化が進めば、様々な需要を持った読者が増えます。
仮に上記に挙げた例のような4種のテーマを持つとして、各テーマごとにファンがそれぞれ25%、であれば今日あなたが公開した記事に対して75%のファンはそれに興味がないのです。すると自然とフォロワーの関心は薄れてしまうのです。
解決方法
できれば記事には大多数のファンが読みやすいようにするべきです。どうしても厳しいのなら多めに記事を書いて、いろんなタイプのファンの需要に合うようにすれば、ファンの関心を失わずに済むでしょう。

 

「広告によってファンは減る」

1、 広告が頻繁すぎる

これはわかりやすいでしょう、このファンを獲得するのが難しいご時世に、まだ絶えず広告を流すのなら、フォロワーが減るのは自業自得ではないですか。(多くは上司に脅迫された彼のようなので……まあ、こんな上司にあってしまったらお気の毒ですが…笑)
解決方法
できればヘッダーには広告を載せないようにしましょう。どうしても広告を載せるのであればフッターに載せましょう。同時に見出しにはっきりと「広告~~~」と書いたほうがよいでしょう。
広告の頻度は多くて1日に1本で、2本以上広告を載せるおつもりでしたら、その日の記事に6つ以上は画像を載せてください。
もし毎日広告を載せるということであれば広告は毎回同じ位置に乗せるのがいいでしょう。例えば常に二つ目の段落に入れる、といったように。こうすれば読者は毎回広告が二つ目に来るとわかるようになります。

2、 広告の質の差

広告の内容に面白みがなく、品がない、順番がでたらめであるなどという問題があり、要するに広告の内容が見るに堪えないものであるのです。このような広告を載せてしまえば必ずや読者を失うことになるでしょう。例えていうならば、薬の営業や商品のセールスなどのことです。
解決方法
このような広告はできるだけ引き受けない方がよろしいでしょう。必ず相手側、つまり営業員や上司を、引き受けないように、説得しようとしてください。(たとえ多くの場合、それに効果がないとしても…)
どうしても質の低い広告を載せなければならないときには、自分でできるだけのことをして、改良するしかないでしょう。広告に自分で手を加えて、その広告の質を上げてください。

3、 無駄な広告

読者になんの助けにもならない広告、なんの価値もない広告、読者からの需要がない広告、これらをひっくるめて私は皆「無駄な広告」だと思うのです。
旅行関係の読者が多いのでしたら、教育関係のっ広告は必要ないですし、フォロワーがみな20代であれば、財産運用についての広告は載せてはいけません。
解決方法
一般的に言って、フォロワーがどのような層であるかによって、載せる広告の種類を変えるのが得策かと思われます。(例えばDurexのような)すごい広告などは除いてですが…
その広告がファンの需要にかみ合うかどうか分析してみて、もしそのうち一部の人にでも需要がありそうな情報であれば、その広告は載せても構わないでしょう。
広告を読むのに多少の価値があれば、問題は大きくないと思いますよ。

 

「更新の頻度に差がある」

1、 更新の頻度がバラバラ

二日三日にようやく一つ記事を上げるようでは、本当に本当に本当にファンの関心を失ってしまいますよ!
公式アカウントを立ち上げたのでしたら、毎日記事をアップするのが筋でしょう。
理屈から言っても、ファンは無料であなたの記事を定期購読してくれているのです。にもかかわらず、何もファンの実になるようなものがない、ということになれば、ファンは購読を中止にする権利がありますし、その後どうやって発展していくというのでしょう。
解決方法
当たり前のことですが毎日更新をしてください! それが自分ではどうしても厳しいようでしたら、ほかのかたに代筆をお願いしてみてはいかがでしょうか?

2、 更新の時間帯が一定でない

多くの人が朝に更新したり、夜に更新したりとでたらめな時間に記事をアップしがちですが、そんなこと、私には到底理解できません。私のように毎晩毎晩決まった時間に更新すればよいだけのことではないですか。それでフォロワー数が減るのも、自業自得でしかないと思います。
しかし、更新時間は固定しにくいのが実情でしょうし、多少ファンが減るのも致し方がないでしょう。本物のファンだけがあなたのアップした記事を決まった時刻に読もうとするのですし、本物のファンは決して購読を取りやめにはしないでしょう。普通のフォロワーは毎日同じ時間にあなたの更新を見るようなことはしないでしょうが、固定しないよりはもちろん固定した方がよっぽどよいでしょう。
解決方法
わざわざ言う必要がありますか? もちろん毎日同じ時間に更新することが大事ですよ。
大まかなデータによれば中国人がネットを一番閲覧する時間帯は17時~22時、8時~9時、11時~13時です。
何時に更新するかはご自分の都合と相談して決めてくださいね。まあ、どっちにしても、私は毎日深夜に更新しますから。ネット住民は皆さんはほとんどが夜ふかししがちですからね…!

 

「キャンペーンがファンを減らす」

ここで言うキャンペーンとは、微信(Wechat)内のオンラインキャンペーンやH5キャンペーン、オフラインキャンペーンなどのことを指します。
このようなキャンペーンは多くのファンを巻き込むことができるのかもしれませんが、活動自体の質はバラバラなうえに、さらにはファンはキャンペーンが終われば定期購読をやめてしまう可能性もあります。
正直言ってしまえば、私はこのような活動には賛成しません。確かにたくさんのフォロワーを獲得することができるかもしれませんが、大多数の状況において、そのように獲得したフォロワーはすぐにやめていってしまうのです。キャンペーンの後に続いて有益な内容をファンに提供できなければ、彼らをとどめておくことはできないのです。これはサービスナンバーのカウントを見れば一目瞭然です。つまり、不安定で顧客数の浮き沈みが激しいということです。
解決方法
キャンペーンの内容とキャンペーンの場所はターゲットとする読者をよく見極めてください。
例えば内容がファンに受け入れられやすいものであったり、キャンペーンの場所は顧客とするターゲットを中心に据えたりするべきです。そして、続けてそのファンたちの需要に符合する内容を書いてアカウントの記事を更新し続ければ、購読を取り消しにするファンは大いに減るでしょう。

 

「客を人として大切に見てない」

1、 裏工作

いま、ファンを増やす裏工作用のソフトを提供する第三者団体がたくさんあります。もっと言えば、あなたは号外を代理の運営に任せることでよりファンを増やすこともあるのでしょう。私はこのような行為が大変嫌いなのです。
もしあなたが、ファンを大切にしていないのでしたら、ファンが失望して更新を読んでくれなくなるのも仕方のないことでしょうね。自業自得です。

2、 事後回復

あとあとで読者が戻ってきてくれることもあるでしょう。その時に彼らをないがしろにしてしまうのであれば、明らかにフォロワーたちの興味をそいでしまうでしょう。(皆さんのフォロワーは多くないかもしれませんし、コメントもそう多くは残してくれないかもしれません。ですが決してないがしろにしてしまってはいけませんよ~)

3、 必要以上にキャンペーンが多い

朝から晩までずっとキャンペーンを開催していて(あなた方がそうでない限り)、通常の記事の更新が無いようでしたら、それも、フォロワー数の減少につながってしまうのです。
キャンペーンがいくら良くても、そういう類のものは需要に見合っていなく、やはりほとんどの人は通常の記事を読むのが好きなのです。
しかも、本質的な話を言えば、フォロワーをきちんと人として見ずに、完全に自己満足に浸っているのではないのでしょうか。

 

以上3点の解決方法

公式アカウントとは、決してニュースサイトではないですし、雑誌でもなんでもありません。これは一種の自由度の高い閲覧サイトなのです。だから、内容がつまらなく、硬くなりがちです。頻繁に何かのキャンペーンをするというのは明らかに合理に合うものではありません。
パソコンサイトを運営する方法のと同じやり方で公式アカウントを運営してはいけないのです。高みの見物をして、世間から隔絶して超絶したようにふるまうのはよしましょう。
口調は親しみをもって、優しく語りかけるように、必要に応じて二人称を多用してみてください。
また、競争相手が増えれば、似たような内容の記事も増えるでしょう。
おそらく圧倒的多数の方がこの問題に出会ったことがあるのではないですか。例えば、新たにマスコミ業界に入った人に運営を教育しているXiao Lei Leiのことであれば、私のやっているテーマはおそらく何十もの公式アカウントが同じことをやっていることと思います。

1、 競争相手の出現

ファンは非常に鼻が利きます。いったん競争相手が現れれば、こちらのアカウントと向こう側のアカウントとを比較して研究し始めます。この時、小さなことがきっかけでフォロワーを失ってしまうこともあるのです。と同時に、それ以上フォロワーを増やすのも難しくなるでしょう。
解決方法
ほとんどの公式アカウントとなにが違うのかということについてよくよく考え続けなければなりません。
例えば新媒体運営の中には微信(Wechat)の公式アカウントの運営や、その日の目玉記事、Wei Buo運営などが含まれています。そして微信(Wechat)公式アカウントの運営にもさらに、セルフアカウントの運営や企業アカウントの運営、サービスナンバーの管理を含むのです。そしてセルフアカウントの運営にも、コメディやユーモア、感動もの、トレンディものやそうでないもの、全国ものローカルもの……(様々な角度から考えてみてください。)

2、 同質化の内容

現在の業界の中では、一片の良質の文章は数百のアカウントに転載されます。もしあなたがその中の一人だとして、このようなことを頻繁にするというのであれば、申し訳ないのですけど、フォロワーが減るのを指をくわえてみてるしかないですよ。
理由としては、この種のアカウントの価値は非常に低いものであるからです。ファンは馬鹿ではないのですし、そのようなことが続くと、ファンはより高品質でオリジナルの記事を発表しているアカウントに傾いていくのです。
解決方法
できるだけたくさんのオリジナリティーのある記事を更新するようにしてください、転載する文章は少なめにするといいでしょう。
一番良いのは、四年制大学の学生さんにアルバイトで書いてもらい、原稿費を支払うというのもいいかもしれませんね。もちろん一通りの訓練は必要でしょうが。
それにファンから記事を提供してもらうというのもいいでしょう。現行の質は不ぞろいになってしまう可能性も出てきますが、やはりいくらかは良質な文章ができるでしょうし、私だって、昔はこのようなことをやっていましたし(泣)。

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。