2016年7月20日、有名なインターネット盲点についての問題報告サイト“Wooyun”が“サーバー更新”を発表し、一時的にアクセス不可となったのと同時に、“Wooyun”の創立者方小頓氏を含め、管理層の幹部数名が逮捕された噂も広がりました。よって、“Wooyun”はやむを得ず、サービス終了となりました。

現在、サイトは依然としてメンテナンス中という状態になっております(中国IPがアクセスすると表示が無し、海外IPがアクセスするとメンテナンス中と表示される)。オフィシャル発表によりますと、三ヶ月前に管理層の幹部職数名が既に逮捕されたということです。
《刑事訴訟法》第百五十四条に定められている様に、“容疑者への拘留審査は上限二ヶ月と見なし、事情が複雑な案件であれば、人民検査院承認の元、一ヶ月に伸ばすことが出来ます”。

よって、“Wooyun”の管理層の幹部職が関与していた事件に複雑な事情がありそうです。
《刑事訴訟法》追加項目によりますと、“それで非常に複雑な案件である場合、二回に分けて、それぞれ二ヶ月の延期が出来ます”。つまり、逮捕された容疑者たちは最高七か月間訴訟されず、拘留することが出来ます。

そして、今週発売された《財新週刊》の記事《ホワイトハッカーとハッカーの法律的境》が“Wooyun”事件について、もう一名三月に逮捕された袁(えん)氏も事件に関与しているとコメントしております。

役にたったら
いいね!して下さい

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
中国向けホームページの制作は中国Web専門会社にお任せください

株式会社レクサー(LXR Inc.)は中国を専門とするホームページ作成・広告マーケティング会社です。

中国語でのホームページ制作はもちろん多言語ホームページや越境ECサイト作成。中国現地のWebマーケティングやSNSマーケティングから中国観光客に対するインバウンドマーケティングまで中国のWebビジネスをワンストップで提供できます!