先日、微信(WeChat)がネットビジネスを取り締まり、ネットビジネスの微信(WeChat)店が閉店されたという報道を取り上げました。そして昨日、取り締まり関係者がネットビジネス歩合制度について調査を実施し、一部微信(WeChat)ユーザーが個人商売のふりをして、実はネットビジネスを行っていると指摘しました。これは、微信(WeChat)にて自分のビジネスをやっている人にとっては、存在自体に関わる重大ニュースになります。

中国《中央放送ニュース》の報道によりますと、微信(WeChat)における段階的な歩合制度の営業モードは既に中止されました。中国国家工商総局が発表したものによると、《ネットビジネス審査処理実行についての通知》の中に、“微信(WeChat)ビジネス”や“多段階ビジネス”及び“チャリティ”などが対象となりました。

沢山の人は“微信(WeChat)ビジネス”の先行きを期待しているわけではなく、多くの“微信(WeChat)ビジネス”が“ネットビジネス”及び“地産地消”ということになっているからです。

ある“微信(WeChat)ビジネス”をやっている人の情報になりますと:だいたい“微信(WeChat)ビジネス”でネットビジネスに関与している経営パターンは段階代理制度ということで、加盟したい代理の人から加盟費用を徴収せず、ただ買い物するだけで、代理になることが出来ます。なお、一つのブランドに多数の段階があり、レベルが高ければ高いほど、沢山の商品を買わなければなりません。最高レベルの代理は一回で数万円以上の商品を買い、最終代理になってから、自由に次の代理を育てます。代理によって、商品価額もことなります、よって、段階によりる収入も違ってきます。

情報提供者によりますと、一旦この様な代理営業パターンと遭遇すると、ネットビジネスになっているかもしれませんので、是非ご用心ください。

どうやら、これから微信(WeChat)でのビジネスの先が心配です。

役にたったら
いいね!して下さい

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
中国向けホームページの制作は中国Web専門会社にお任せください

株式会社レクサー(LXR Inc.)は中国を専門とするホームページ作成・広告マーケティング会社です。

中国語でのホームページ制作はもちろん多言語ホームページや越境ECサイト作成。中国現地のWebマーケティングやSNSマーケティングから中国観光客に対するインバウンドマーケティングまで中国のWebビジネスをワンストップで提供できます!