中国Webニュース

セルフメディア“金融八卦女”はなんと2億元の融資を受けた!?

euro-593761_1280

近頃「自媒体」(セルフメディア/自分自身を表現し、SNSや動画を駆使し、影響力を持つようになった個人を意味している)“金融八卦女”は2000万のエンジェル投資家の融資を受けたようで、なんとその額2億元(日本円にすると、約31億5000万円)にものぼるとされています! 情報によると、“金融八卦女”が結成されて5年間で、すでに500万人が彼女たちのファンとなりました。最初は、金融関係出身のOL4人組みの女性によって結成され、職業のシェアをすることを目的に、微博(ウェイボー/Weibo/中国最大のSNS )を始めて、しばらくして微信(ウェイシン/We chat/中国版LINEのようなSNS)の公式アカウントを取得しました。
よく知られていることですが、現在“金融八卦女”はすでに4つの関連公式アカウントを持っていて、2016年6月に時代の流れに乗って、携帯版のアプリを作り、世に出しました。いまのところ彼らの「自媒体」運営団体には30人あまりがいますが、この人数は「自媒体」の中では相当多い人数と言えます。現在の「自媒体」は一人で奮闘している人たちがほとんどです。例えばPAPI酱(醤は日本語の「ちゃん」の当て字。「PAPIちゃん」/今、中国で非常に人気のあるセルフメディアの一人)もその一人で、その名前からも想像できるように、彼女は一人で運営している「自媒体」です。
創業当初の特別配当金の時期がすでに過ぎていて、いま現在「自媒体」の分野は、多くの人が成功するために挑戦し、競争している非常に活気のある時期と言えるでしょう。内容的にも、彼らのメディアへの打ち出し方は注目の的なっています。“金融八卦女”創設人はこう述べています。『金融の「自媒体」のランキングを見てください、上位10名のうちわたしたちだけが、“金融八卦女”であり、他はほとんど全てが比較的おかたい財政と経済の「自媒体」です。さらに、わたしたちのユーザーの大部分の人は金融グループの著名人で、素晴らしく、才能と経験をもったそのようなファンの人たちは、さらに色々な可能性を提供できるように変化してきています。』
いまのところ、“金融八卦女”の利潤モデルは広告を中心としていて、この部分の比率は70%にも達しています。残った収益には、オフラインでのイベント、ネットビジネスなどの方面が含まれています。2016年には、“金融八卦女”の営業収入は2000万元(日本円で約3億1500万円)に達したようです。将来さらに「自媒体」が発展していくことは、すでに遮ることが出来ない程、勢いづいています。何十人かのグループの「自媒体」も少なくはなく、それぞれの職種にそれぞれの「自媒体」があり、色とりどりの美しい花が一斉に咲き始めるように、「自媒体」も一気に成長し、発展していくことは必然と言えるでしょう。
「自媒体」の発展について、みなさんは、楽観的な見方をしていますか?

役にたったら
いいね!して下さい

中国Webマーケティングラボを
中国向けホームページの制作は中国Web専門会社にお任せください

株式会社レクサー(LXR Inc.)は中国を専門とするホームページ作成・広告マーケティング会社です。

中国語でのホームページ制作はもちろん多言語ホームページや越境ECサイト作成。中国現地のWebマーケティングやSNSマーケティングから中国観光客に対するインバウンドマーケティングまで中国のWebビジネスをワンストップで提供できます!