中国Webニュース

【中国】微信(WeChat)公衆閲覧アカウント名前変更可能へ

account-880780_1280

以前からQQユーザー“王家坊ちゃん”(アカウント:6371537)より報告を受けておりましたが、本日より、微信(WeChat)の公衆閲覧アカウントの名称変更が可能となりました。

以前は、公衆閲覧アカウントの名前を変更したい場合は、Wechat認証の段階でしか変更が出来ませんでした。しかも、チャンスは1回しかなく、手数料300人民元(凡そ5000円)がかかっていました。しかし、今回微信(WeChat)が公衆閲覧アカウントの名前変更機能を追加したことは、多くのメディア利用者にとっては、きっと嬉しい知らせになるでしょう。
201608191911_208

利用者は、ただ、自分のWechatアカウントをログインし、アカウント詳細及び名前を修正することが出来ます。ただし、注意して頂きたいのは個人類アカウントの情報変更は、年1回までしかできないということです。

今年4月より、微信(WeChat)が“登録名の重複禁止”規則を取り組んでおり、ある程度、“登録名先取り”現象を防いでいますが、今回、アカウントユーザー名の変更可能ルールは、大きな前進とも言えるでしょう、近い未来、テンセントは個人認証制度も開始することになるでしょう。

公衆閲覧アカウントの名前を変更したいユーザーがいたら、早速試してみてください。

役にたったら
いいね!して下さい

中国Webマーケティングラボを
中国向けホームページの制作は中国Web専門会社にお任せください

株式会社レクサー(LXR Inc.)は中国を専門とするホームページ作成・広告マーケティング会社です。

中国語でのホームページ制作はもちろん多言語ホームページや越境ECサイト作成。中国現地のWebマーケティングやSNSマーケティングから中国観光客に対するインバウンドマーケティングまで中国のWebビジネスをワンストップで提供できます!

株式会社レクサーのメンバーは中国で10年以上の経験を持つ代表を初めホームページ作成専門家、Webサービスの制作専門家、越境ECサイト及び中国現地の天猫等のECモールの専門家、経営コンサルタント、元中国現地法人の広告代理店勤務者、中国での経理・法務経験者、翻訳者など中国ビジネスのプロフェッショナルの集団です。日本と上海に拠点があり、グローバルに対応可能です。