magentoとは、現在世界で最も利用されているオープンソースのECプラットフォームで、世界で20万以上のECサイトがMagentoによって作られています。
それだけの人気を誇る要因はいくつかあり、本記事ではそのMagentaの優れた部分について紹介していきます。

『無料版と有料版の存在』

magentoは無料版と有料版といった2種類のパッケージが用意されています。
無料版は「コミュニティエディション」
有料版は「エンタープライズエディション」
とそれぞれ名称付けられています。

小規模のビジネスであればコミュニティエディションを、大規模なECサイトの構築を目指す場合にはエンタープライズエディションがよく用いられています。有料版ではMagentoの開発チームが要望に応じてくれるため、拡張していく上で困る事はないでしょう。その分「$14,420/年間」のコストが生じます。

また、無料版であるコミュニティエディションでも、有志の開発者達がエクステンション(追加機能)を開発しており、それを追加する形で機能を拡張していくことができます。エクステンションには無料の物、有料の物とありますが、自分のサイトに適した機能を選べるため、コストも有料版ほどかかりません。無料版、有料版と、それぞれでサイト構築者のニーズに対応できる体制が取られている点が、Magentoが人気である要因のひとつになっています。

『世界シェアNo1・拡張性・多言語、多店舗管理』

先述していたエクステンションなどによる拡張性も、Magentoが人気な要因です。それではなぜ多くの開発者が、Magentoに参入しているのか?それは単純な話です。Magentoは開発者にとって最もお客さんの居る市場だというだけのことです。世界的に見て、最もECサイトの構築に用いられているのがこのMagentoです。Magentoによるサイト運営者数が、イコールで、エクステンション開発者のお客さんという訳です。

従って、「世界No1のシェア率を持つ」、「オープンソース」であるという点が、Magentoを選ぶ一つの要因となっているんです。さらにはグローバルな展開という意味で非常に有利に働く「自動翻訳」、「多店舗管理」システムも用意されています。

日本向けのECサイトを作る分には、日本開発のプラットフォームである「EC-CUBE」の方が使い勝手が良いかもしれません。

しかし、海外に向けたECサイトを構築する上では「Magento」の方に分があると考えられています。

NewsPicks_button_01

役にたったら
いいね!して下さい

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
中国向けホームページの制作は中国Web専門会社にお任せください

株式会社レクサー(LXR Inc.)は中国を専門とするホームページ作成・広告マーケティング会社です。

中国語でのホームページ制作はもちろん多言語ホームページや越境ECサイト作成。中国現地のWebマーケティングやSNSマーケティングから中国観光客に対するインバウンドマーケティングまで中国のWebビジネスをワンストップで提供できます!