中国 中国テクノロジー 中国企業

36Kr研究院の重大発表 中国無人型経済分野における最も潜在性の高い企業TOP20 ランキング 無人型経済の現状が一目で分かる!

シェアリングエコノミーに吹いていた投資の春風が、現在では無人型経済に吹き、今年の下半期の注目分野の一つとなっています。36Kr研究院は「中国無人型経済分野の最も潜在性の高い企業TOP20」のランキングを発表しました。

シェアリングエコノミーに吹いていた投資の春風が、現在では無人型経済に吹き、これは今年の下半期の注目分野の一つとなっています。無人コンビニ、オフィスコンビニ、自動販売機、無人型スポーツジム、自動洗車マシン、ミニKTV、スマート無人ロッカー、無人マッサージチェア、UFOキャッチャー、写真プリンターなどが人々の生活に関わり、生活に便利さを与えています。36Krは2017年9月27日までに、無人型経済分野の企業から発展潜在性の高いトップ企業を選び、調査とデータ収集を行い、「中国無人型経済分野の最も潜在性の高い企業TOP20」のランキングを発表しました。

無人型経済とは、主に無人の管理サービスを意味します。スマートインテリジェンスを用いて、小売、娯楽、生活、健康なとの消費において無人の売買サービスを実現するものです。有人の管理サービスと比較すると、企業は人的コストを削減でき、消費者も効率的で便利なサービスを得ることができます。

36Kr研究院によると、無人管理サービスは主に4つに分類され、人々の生活に関わる様々な部分をカバーしています。うち、無人販売はオフィスコンビニ、自動販売機、無人コンビニなどがあります。娯楽類は主にミニKTV、UFOキャッチャー、写真プリンターなどです。生活関連は、主に自動洗車マシン、スマート無人ロッカーなどです。健康類は無人型スポーツジムや無人マッサージチェアなどです。

JINGDATA(元36Kr創投助手)によると、無人型経済分野は、現在多くの投資家の注目が集まる分野の1つとなっています。わが国には現在138社の無人型販売企業があり、そのうち57社は融資を受けておりその融資額の合計は48億4,730万元に達します。そのうち、種子輪10社、天使輪22社、Pre-A8社、A輪10社、A+輪3社、その他が4社となっています。(訳者注:種子輪、天使輪、Pre-A、A輪、A+輪とは融資の規模を表します。種子論は規模が最も小さく、A、B、C・・・と進むごとに融資規模が大きくなります)。このことから分かるのは、現在の無人販売分野は、投資家の注目が集まる対象となっており、将来の発展する可能性が大きいということです。

目次

業界の現状

36Kr研究員が9月末に無人型経済利用者を対象に行った研究では、無人型経済に8つの特徴があることが分かりました。

無人型経済の4つの分類の中で、無人型販売の分野が、最も資本と消費者の注目を集める分野となっています。細分化された10分野のうち、無人型スポーツジムの利用が最も少なく、また一方で利用希望者が最も多くなっています。メディアは新事業の展開に核心的な役割を果たし、同時にオンラインでのトラフィックを抱えています。有益で興味深い無人型経済は注目を集めています。60%以上の消費者は無人型経済に30元以下の金額を支払うことを求め、全く支払いたくないという消費者は僅か4%です。無人型経済の主な消費者は大都市のIT企業のホワイトカラーです。地域のコミュニティなどでは無人型の販売のニーズが高まっており、地下鉄や地上の駅などの交通拠点、オフィスビルなどが続いています。取材によると、無人型経済には効率と価格などの3点を判断基準にしているようです。(補足:文末には無人型経済の特徴の解説があります。ここでは序文として無人型経済の利用者の調査研究図解と調査研究報告に触れています)

中国で最も影響力のある事業媒体である36Krとして、総合的に言うと、無人型経済の急速な発展の背景には、消費者がより早く手軽なサービスを求め、多角的な品質を求める需要が急速に高まり、投資家もこの新興市場の十分な発展を求めていたことにあると考えています。

方法論

JINDATAデータによると、無人型経済は2013~2016年に発展の初期段階を迎え、2017年に急速に発展しました。企業の創業以外にも、Eコマース、小売などの巨大企業も営業を開始しました。現在、無人型経済は無人小売、娯楽、生活、健康といった4つの分野にまたがり、それは更に10に細分化され、投資家の熱い視線を集め、消費者も自身の生活に関連する分野に非常に関心を集めています。

4つの分類のうち、無人販売の分野は投資が最も集中し、起業数も最も多くなっています。無人販売のうち、オフィスコンビニの分野が最も競争が激しく、果小美と番茄便利の間には合併の話もあります。また、猩便利の51零食への買収の話もあります。そのうち、如哈米科技、猩便利などの一部の企業は短期間で急速に成長し、消費者や投資家の注目を集めています。全体的には、無人型経済は急速に成長する黄金時代を迎えています。

データ整理を経て、36Krは2017年9月27日までに、中国の現時点の無人型経済分野の企業のうちで、最も潜在性の高いトップ企業を選び、それらの企業に対して調査とデータ収集を行いました。この競争の中で、20社は最も将来性と専門性があり、投資の動きを見ても無人型経済分野において最も潜在性が高くなっています。

「中国無人型経済 最も潜在性の高い企業TOP20」ランキングのランク付けの方向は、企業自身の革新的な発展の実力を基にし、会社の経営データ、製品のイノベーション、市場シェア及び、投資市場の動きなどを4つから無人型経済分野の企業を総合的にランク付けしました。今回のランク付けは、無人型経済の企業の発展潜在性に特に注目しています。そのため我々はB輪及びB輪より前段階の企業に対してランク付けしております。(一部は未融資の優秀なトップ企業を含みます)。

中国無人型経済の分野 最も潜在性の高い企業TOP20受賞理由(順番はピンイン順)

F5未来商店

F5未来商店は機械のオートメーション生産アルゴリズムを利用し、人員を代替した24時間スマート無人コンビニです。ここでは従業員は必要なく、店内の調理、飲料の提供、品出し、生産、棚卸し、清掃などは機械で自動的に行われています。店内商品は生鮮食品、飲料、生活必需品などです。F5は将来的に小売と店内飲食可能な空間の提供を試み、消費者と商品を繋ぐ環境を再構築しようとしています。こちらはTCL、創新工場の融資を受けています。

缤果盒子(Bingo Box)

2016年に缤果盒子は無人販売の分野で営業を開始しました。ゼロから設立された全方面物流とビジネスモデルにより、最も効率的な販売チャネルを構築しました。フォアグラウンドの無人化とバックグラウンドの効率化の向上により、コストを大幅に下げました。将来的は安定化と拡大を行い、多くの消費者に無人販売のサービスを体験してもらう予定です。

非洗不可

非洗不可は自動洗車マシンを開発しました。これは無人で管理されるスマート店舗です。車のオーナーは携帯で何時でも何処でもサービスの利用が可能です。2年間に全国の130以上の都市に1,000以上の無人の洗車サービス店舗が作られ、100万以上のオーナーがより素早くコストも安い洗車サービスを体験し、1日あたりの注文は約10,000件に達します。市場シェアは現在No.1で、市場自体も急速に拡大し、ガソリンスタンドや開放的なコミュニティなどとオンラインで協力を結んでいます。投資はPre-A輪の段階です。

豊巣科技(HIVE BOX)

豊巣科技は初めてロッカーによる無人型の宅配ロッカーサービスを開始し、優良なスマート無人宅配ロッカーとして、宅配の最後の100mという難題を解決し、“24時間宅配サービス、無人ロッカーのお得感”を実現しました。全ての業界の宅配便の末端営業を開始し、全方位型の開放的で共有可能な自動スマートプラットフォームを構築しました。現在では25億元のA輪の融資が完了し、鼎晖領投、国開、鐘鼎、熠遥なども続いて投資を行い、既存の株主も追加投資を行います。

功夫豆

南京功夫豆信息科技有限公司は、プリンタープラットフォームのシェアを行う業態に位置づけられ、携帯の写真のプリントプラットフォーム拠点は既に全国40,000箇所に達し、累計ユーザー数は5,000万を突破し、プリントされた写真は3億枚に達しています。強大なプロモーション能力と業界的な資金力により、1年で携帯写真のプリント分野でトップとなり、2017年4月には分衆伝媒(Focus Media)の戦略的融資を受け、9月には昆仲資本のA輪の融資を受けました。

果小美

果小美網絡科技有限公司は2017年に成立し、国内でのオフィスの無人コンビニをリードし、オフィスの消費環境に新しい方法を築き上げました。果小美は、企業のために無人型のコンビニを作り上げ、企業スタッフの幸福度指数と企業への帰属意識を高め、企業への満足度を高めました。会社設立当初から著名な投資機構であるIDG資本領投の数千万元の融資を受け、その後は蓝驰創投、IDG資本領投的の1000万米ドルの融資を受けました。2017年10月、果小美とスマート無人棚を展開する“番茄便利”戦略的合併を実現し、無人コンビニと無人オフィスコンビニの分野で事業展開のスピードを加速しています。今後も無人コンビニの分野でその先駆者としての優位性を確立します。果小美CEO閆利珉氏は元アリババの聚劃算の総経理であり、元原美団智能餐厅事業部の総経理であった殷志華が総裁となり、元美団COOの干嘉偉氏が会社の戦略顧問を担当します。

哈米科技

哈米は京東、新美大及び快消品の幹部が設立し、早くから新しい販売分野の潜在性を見抜いていました。営業開始から企業の大きな注目を集め、現在は全国の1線都市に3,000カ所のオフィスを持ち、ホワイトカラー向けサービスは延べ200万回に達しています。哈米は易果と全面的に協力し、代替食品、飲料等を基礎に、ホワイトカラーへ果物、ヨーグルト、果汁などの健康食品を提供し、企業の幸福度と従業員の帰属意識を高めています。

咖啡零点吧

零点空間科技(北京)有限公司は伝統的な産業のスマート化、IT化に注力し総合運用するインターネット企業です。“咖啡零点吧”(自動スマート珈琲館)を起点として、自動のスマートマンマシン販売設備を運営しています。“咖啡零点吧”にはコーヒーを入れる自動販売システムがあり、一括型の販売物流システム、クラウドプラットフォームのスマート遠隔操作システム、消費者の会員システムがあります。

楽刻運動

楽刻運動は、中国でITによるO2Oスポーツジムを運営しています。「コーチなし」と「利用者間の共有」を核心的な理念として、ビックデータを利用して人、物、場所の関係を再構築しました。現在8つの都市で事業を行い、200店舗以上の支店があり、サービス範囲は全国1000ものコミュニティ、7,000社余りの企業、数百の会社拠点にまたがり、坪あたりの売上額が最も高く、リピーター率も最も高い企業のリーダーとなっています。

楽摇摇

深セン楽摇摇公司は2015年9月の成立以来、四輪の1.6億元の融資を受け、UFOキャッチャーを200,000台市場に導入し、月間支払い額は1.5億元を突破し、市場シェアは80%を超え、複数の革新的技術を抑え、数十種類のソフトとハードの特許を保有しています。

摩摩哒

摩摩哒は中国国内で最大規模のシェアリングマッサージチェアのブランドを保有しています。サービス拠点は全国の300以上の都市にまたがり、70%の興行収入1,000万元を超える映画館にサービスを提供し、万達院線、星轶影城、CGV影城、華連院線、浙江時代等の国内の重点映画館チェーンと戦略的協力関係を結んでいます。摩摩哒の製品は継続的なイノベーションに力を入れています。今年の上半期に世界で始めてロビー用のマッサージチェアを発表し、最近では摩摩哒ミニスマートマッサージチェアを発表しました。10月に摩摩哒は新しい環境で新販売のシェアリングタイプの販売棚を発表します。摩摩哒はまたシェアリング業界の先駆者として、多くの消費者に、より多くのサービスを提供し、業界の基準を確立し、シェアリング業界の健全で秩序がある発展を確立したいと考えています。

每日優鮮便利購

每日優鮮便利購は保温機能を備えた商品棚を含めた全方面の温度帯の商品棚を導入し、商品の種類は生鮮食品や調理済み食品を導入しています。また、每日優鮮の高度なコールドサプライチェーンシステムにより商品をターゲット向けに選別した棚に置き、自前の配送員が棚への補充を行います。補充頻度は1,2回/日です。現在北京、天津、上海、杭州、深セン等の都市へと展開し、今後の2ヶ月の間に全国の複数の1~2線都市へも展開し、15,000カ所をカバーします。現在の市場シェアは15%程度で、店舗あたりの売上額150元~200元です。親会社の每日優鮮は中国国内の生鮮食品分野のEコマースのトップ企業の1つであり、近日便利購プロジェクトに3億元を投入することを発表し、現在その投資はすでに着金済みとのことです。

咪哒miniK

咪哒miniKは中国国内で初の高品質で細分化された新声代のミニKTVです。革新的なミュージック・娯楽製品とフォーマットにより音楽協会で全く新しい種類の製品を切り開き、中国国家文化部はこれによりボックス型歌唱設備を文化娯楽産業に取り入れ、咪哒が切り開いた新しい業界の形を高く評価しています。現在咪哒miniKは全国300あまりの都市で事業展開し、ロイヤルカスタマーは1,400万を超え、市場シェアは業界トップで、その際も急速に拡大しています。

觅跑

觅跑は中国国内で初の無人型スポーツジムを立ち上げ、無人型スポーツジム業界の先駆者、リーダーとなっています。現在の安定したユーザー数は1万以上で、客単価は50元前後で、市場シェアは95%以上に達しています。会社を設立して半月の間に経緯、合鲸、信中利、猎鹰の2,500万の共同の两輪融資を受け、億を超えていると推測されます。9月には国家中小企業発展基金領投の融資を受け、この两輪投资は追加投資の7,500万元のA輪融資のことであり、会社の価値は5億円に達しています。

魔盒CITYBOX

魔盒CITYBOXは新しい購買方法をリードしています。その最大の特徴は消費者に個性的な商品を提供することです。消費者は異なる商品嗜好により、価格もその都度変更します。投資市場において魔盒の動きは非常にエレガントであり、A輪として1,500万米ドルの融資を受け、全国の本営業店として2,000社と契約し、将来的に50,000台の導入を計画しています。

深兰科技

深兰科技は著名な人工知能研究とアプリケーション開発企業です。人工知能による小売のレベルを高める分野において業界から認められたリーダーです。40名余りの博士号と修士号で構成された革新的な技術者グループを抱え、この学者たちは海外の著名な学校出身であり、2つの世界大会で第1位の成績を獲得し、3つの国内大会で第1位の成績を獲得しています。スマートな小売、自動運転、スマートロボットなどの方面で研究開発を進め、そのうちfacepay、quiXmart快猫、takegoの無人型小売や、metamind猫蜜管家は小売のレベルを高める重要な製品です。

天使之橙

上海巨昂投資有限公司は農業、工業、小売の3つを一体化した産業チェーンプラットフォーム型企業です。傘下の主要商品は現地でのスマートなオレンジジュース絞りマシン——天使之橙です。これは初めて“工場の前線配置”の理念により、生活本来の“健康、新鮮”を再現しています。現在5,000台のマシンが全国176 の都市及び直轄地に導入され、毎年のオレンジ消費量は5万トンに達し累計サービスは延べ1億人を超え、市場シェアは90%を超えています。最近では4億元のB輪融資が完了しました。将来的には“天使之橙”オレンジジュースを中心に農業、工業、小売の産業を組み合わせ、現地製造・現地販売により全商品の無人型サービスを展開し、高度で手軽な方法を提供し、無人型経済市場へ参入します。

小e微店

小易到家は2015年6月に設立された、新しい小売分野へ注力する革新的な移動Eコマース企業です。この企業が展開する公司“小e微店”プラットフォームは、携帯のITと位置情報サービスにより、消費者に無人型管理と自動購買可能な消費環境を提供します。消費者は携帯でスキャンすることで支払いを完了し購買が成立します。これまでのように店舗に並んでレジで精算するために並ぶ必要もなく消費者の体験を大きく向上させます。“小e微店”は主にハイテクなオフィスビル、産業地域で、ホワイトカラー向けに距離の近い手軽で便利なサービスを提供しています。また消費者の消費データに基づき、ビックデータ研究を行い、商品のチャネル市場での営業に正確な意思決定の根拠を提供しています。“小e微店”の革新的な方法により、小易到家は2016年度の北京十大事業ブランドの革新的ブランド賞を受賞しました。現在、小易到家は著名なベンチャーキャピタルの融資を受け、会社の従業員は300人を超え、北京、上海、広州、深センで事業を展開し、さらに有名な小売企業やブランドと中間業者と戦略的パートナーシップ関係を結び、多くの消費者に手軽で便利な購買サービスを提供しています。現在はPre-B輪の融資規模です。

猩便利

今年6月に成立した猩便利は、9月までにオフィスコンビニ設置場所が10,000を超え、15の都市をカバーしています。“便利·蜂窩”方式により、店と棚が一体化した全く新しいサービスを提供し、500メートル範囲の消費者の需要を満たしています。現在、猩便利はオフィスコンビニ分野で市場シェアトップの実力を誇り、市場からも高評価され、1億元を超える天使輪の融資は、革新的な小売最大の天使輪の規模となっています。

友唱M-Bar

娯楽消費産業のレベルが高まる歴史的背景の中、“全民消費”は膨大な市場のニーズを生み出し、新しい消費者の誕生と共に、個性的・細分化及び社会コミュニティが新しい潮流となりました。友唱は極めて将来性の高い戦略的指導の下、僅か1年の間で、“我々は楽しみだけを生産する”のブランド核心理念により、新しい空き時間に利用するエンタメコンテンツを切り開き、生み出された価値の高いブランドは、巨大なビジネス的影響力をレバレッジし、その名に恥じない業界の開拓者となり、リーダーとなりました。

無人型経済の8つの特徴 無人型経済を読み解く

特徴1:無人型小売分野が最も投資家と消費者の注目と集めている

36Kr研究院の消費者研究によると、無人型経済の4つの分野において、28.65%の消費者が無人型経済の時代に無人型の小売サービスを受けることを求め、28.47%が生活サービスを求め、20.5%が健康サービスを求め、19.07%が娯楽サービスを求めています。1.88%の消費者は特に必要ないとのことでした。その他は1.43%でした。またJINDATAによると、中国では現在138社の無人型小売企業が存在し、そのうち57社が融資を受け、総額は48億4730万元に達しています。

特徴2:無人型スポーツジムを聞いたり使用したことがある人が最も少なく、一方では試用を希望する人が最も多い

無人型経済の10の細分化された分野において、自助販売機、無人コンビニとミニKTVは最もよく耳にする分野です。自動洗車、無人型スポーツジムは最も知られておらず、使用したことがある人も最も少ないです。また、自動販売機、スマート無人型ロッカー、写真プリンターの使用者が最も多いです。今後試してみたい無人型経済の3つの分野は無人型スポーツジム、無人コンビニ、自動洗車でした。

特徴3:メディアが新しい業態の展開について核心的な役割を果たし、同時にオンラインでも実体のあるトラフィックが存在する

36Kr研究院の消費者研究によると、既存のチャネルにおいて、消費者が無人型管理サービスを知るきっかけのうちの4割がメディアであり、37%がオンラインで無人型経済を見たことであり、周囲の人間からの紹介が11%であり、企業広告が10%でした。これからわかることは、メディアが新しい事業を紹介する際に重要な役割を果たすと同時に、多くの消費者がオンラインで無人型経済を実際に選択して試していることであり、つまりこれはオンライン上に実体のあるトラフィックが存在することを意味しています。

特徴4:有用で興味深い無人型経済がより注目を集めている

36Kr研究院の消費者研究によると、無人型経済を使用する理由には。38%が無人型経済により提供されるサービスが手軽で素早いと答え、34%近い消費者が好奇心と答え、9%近くがお得感と答え、4%近くが友人の推薦と答えています。

特徴5:6割の消費者が30元以下で無人型経済を利用したい。無人型経済での消費を希望しない消費者は僅か4%

36Kr研究院の消費者研究によると、1回あたりの消費金額は、6割の消費者が30元以下での利用であり、この金額は無人型経済の企業が提供する客単価と合致しています。無人型経済の1回あたりの単価は高くとも30元程度が適しているようです。

特徴6:無人型経済の主要な消費者は大都市のIT企業のホワイトカラー

36Kr研究院の消費者研究によると、大城市のIT企業のホワイトカラーがより無人型経済を試用したいと考えています。年齢層で見ると63%が18~29歳の若者でした。教育レベルでみると、97%が大学・専門学校、大学本科、研究生及びそれ以上の学歴でした。業界から見ると62%がITソフトウェア、文化広告メディアと金融、法律コンサルタントに集中していました。地域から見ると85%が直轄市及び省都に集中していました。収入から見ると67%が0~12,000元の間でした。

特徴7:地域やコミュニティが最も無人型小売の需要が高い環境であり、地下鉄、駅などの交通拠点、オフィスビルがそれに続く

36Kr研究院の消費者研究によると、23.63%は地域コミュニティでの無人型小売サービスへの需要が最も高いと答え、20.94%が地下鉄、駅などの交通拠点と答え、20.75%がオフィスビルと答え、15.27%が商業施設での需要が高いと答え、8.65%がオフィスと答え、エレベーターは4.51%であり、全く必要なしという答えが0.48%であり、その他が0.38%でした。

特徴8:效率派、いいね派と『羊毛党』

36Kr研究院の消費者研究によると、取材を受けた消費者には3つの無人型経済への判断基準があったとのことでした。1つ目は “効率こそ全て”というものでした。8割近くは、無人型経済が生活をより便利で素早く効率的にすると答えました。6割近くは、無人型経済が生活の質をより高めると答えました。回答者の8割以上は、無人管理サービスが企業の人件費を削減することになると答えました。
2つ目は“迷うことなくいいね!”でした。6割近くは、直ぐにでも無人型管理サービスを体験してみたいと答えました。7割以上が無人型管理サービスの技術レベルは高いと答えました。6割以上が無人型管理サービスは長期にわたり存在すると答えました。回答者の6割近くが周りの人間に勧めてみたいと答えました。
3つ目は熱心“薅羊毛”の存在です(訳者注:薅羊毛(羊毛党)とはインターネット上で集団となって活動し、各業界の企業のキャンペーンなど自分たちにとってお得な活動に注目し、コストを限りなく抑えて利益を得るグループのことです)85%がお得感が高いときに無人型経済を選択し、試してみたいと答えていました。6割近くが無人型経済での出費が高いと感じたときには継続使用はしないと答えていました。5割近くが、無人型管理サービスが生活のコストを引き上げるとは考えておらず、また3割は興味が無いという状態でした。

[原文]

NewsPicks_button_01

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
中国向けホームページの制作は中国Web専門会社にお任せください

株式会社レクサーは中国を専門とするホームページ作成・広告マーケティング会社です。