中国Webニュース

搜狐(SOHU)公式アカウントは悪意のあるSEO行為に対して対策を進めています。

現在大手のプラットフオームに対する悪意あるSEO行為による被害はますます拡大していますが、まだ多くの思慮の浅い人たちが危険なこの行為を続けており、そのことに対して搜狐(SOHU)公式アカウントの専門家はこれらの行為をやめさせるため、運用広告を発表しました。
広告の中では1232のアカウントのアクセス禁止と以下の行為を禁止しています。
(1)リンク、個人のWEIXIN番号、QQ番号、連絡先等を推薦する情報を記載した文章を発表する行為。
(2)一つのアカウントで同一内容の多くの文章を推薦しているもの、並びに、多くのアカウントで同時に内容を一気に発表する行為。
(3)規則に違反した株式の評価を誇張して大量に発表する行為。
(4)図表の中に大量の推薦している情報を織り込む行為。(文章の中に利用する図表処理技術を織り込み、図表を著名な人の微博スタイルになるように作成し、微博の中に推薦情報を織り込む。)
関連する悪意のある行動:検索エンジンを利用して対象範囲を捜し、ユーザーに調べるべき鍵となる言葉を捜すように提示しています。
更に、明星微博推薦の情報のように見せかけ、その中には推薦情報と多くのID番号を一緒に一つのWEIXIN番号に入れ込み、または文章の最後に作者のWEIXIN番号を入れ込んで、その中には関連する推薦情報を盛り込んでいます。
以上の通り説明した内容は、悪意を持った行動を推薦しているようにも見え、メデイア側から好ましい行動を推薦することは難しいのが現状で、文章はオリジナルでしかも保護されたものでなければならず、その内容は悪意を持った行動を推薦する手段にならないものでなければならず、従ってプラットフオームの礼儀を守らせる道のりはまだまだ遠いように思えます。
卢松松はSOHUプラットフオームの為に2年余り文章を発表してきました。
2000人余りの購読者を擁していて、興味のあるユーザーは予約購読することができます。

[原文]

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
中国向けホームページの制作は中国Web専門会社にお任せください

株式会社レクサーは中国を専門とするホームページ作成・広告マーケティング会社です。