中国Webニュース

HTTPSサイトが検索トップを占める割合が50%に到達

先日Mozが「グーグル検索順位トップページでHTTPSサイトが占める割合が50%に達し、9ヶ月前の30%から20%上昇した」との文章を発表しました。

「Mozの推定によると、2017年末にはGoogle検索順位トップページでHTTPSサイトが占める割合は65%に達するが、
グーグルの計算方式、また他の外的要因の影響を鑑みると、この数字は参考にしかならない。」

グーグル検索順位の上位20位のサイト中、HTTPSとHTTPのサイトにおける比率はおよそ1対1で、その中の上位10位のサイトではほぼ全てHTTPSを利用しています。

HTTPとHTTPSの選択問題に対してはすでにサイト管理人たちを長く困らせており、
グーグルはHTTPSサイトの「特権」について明確な説明をして居ないにもかかわらず、
少なくない状況がグーグルのHTTPSのセキュリティについての贔屓を側面から反映されています。
今、ネットユーザーが非セキュアサイトを閲覧するとChromeは「危険」警告を出します。

また、今セキュリティ照明の費用は高くないため、新人のサイト管理人はもし状況が許すなら、
HTTPSの利用を考えるべきです。
また、既存のサイトでは費用や検索順位の影響などにより多少面倒なので慎重な検討が必要です。

どのようにHTTPをHTTPSに転換するかよくわからない場合は前のブログ「どのようにHTTPサイトをHTTPSサイトに換えるか」を気軽にチェックしてみてください。

[原文]

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
中国向けホームページの制作は中国Web専門会社にお任せください

株式会社レクサーは中国を専門とするホームページ作成・広告マーケティング会社です。