中国Webニュース

新浪UCチャットソフトサービス終了

長くインターネットを楽しんで来たユーザーは新浪UCに対して多少の理解があると思います。
新浪UCは国内で最も早く開発されたリアルタイムチャットソフトの一つで、長年の研究と改良により、
インターネット利用者の選択の一つとなっています。
しかし、この十数年に渡って活躍してきた新浪UCのクライアントソフトは5月10日、正式にサービスを終了します。

クライアントシステムの管理者は以下のようにサービス終了を通知しました。
「いつもご利用くださっている皆様へ。
新浪UCクライアントをご利用いただきありがとうございます。
業務調整により新浪UCクライアントソフトはサービスを終了することとなりました。
サービス終了は2017年5月10日を予定しています。
今後は微博アプリのチャット機能またはDM機能をご利用いただければと思います。」

新浪UCの正式版は新浪が2009年9月に正式公開しましたが、
テンセントのQQに遅れをとり、一時期盛り上がりを見せましたが、
それは当時のQQの利用申し込みが面倒だったためです。
後にQQが登録を解放して以来、その人気は下がりませんでした。

現在、チャットソフトはQQの一人勝ちです。
UCのサービス終了はネットユーザーにとって感慨深いものになって居ます。
2003年に私は彼と马腾は天下を二分すると思っていました。
その年、みなyyを利用していて、UCは細かい部分に気が回らずyyにユーザーを持って行かれました。

この誰もが思い至ってしまう変化できたものだけが生き残る自然の生存法則で、
騰訊は強大なユーザーグループを所有し、チャットソフトのUCをサービス終了に追い込んだのです。

[原文]

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
中国向けホームページの制作は中国Web専門会社にお任せください

株式会社レクサーは中国を専門とするホームページ作成・広告マーケティング会社です。