中国Webニュース

Jandan.netが視覚中国から画像著作権の使用料として25万元の賠償請求を受けました

最近Jandan.netが発表した小さなニュースがネット上で大いに議論を呼びました。
その内容は、「Jandan.netが視覚中国から画像著作権の使用料として25万元の賠償請求を受けた」というもので、Jandan側は「資格中国から画像著作権の賠償請求を受けましたが、そのことにただ驚いて受け入れるわけにはいきません。なぜならこのやり方を受け入れるとお互い共倒れになってしまうからです。」という内容の公文書を返しました。
この件のいきさつは以下の通りです。:4月14日にJandan.netのリーダーのseinが視覚中国から権利を侵害したとする告知の郵便を受け取りました。それによると視覚中国はJandan.netを新浪微博の中で微信が所有する画像を使用したことにより、その画像の著作権を侵害したことになるというものでした。
その後4月21日に、Seinは中国のQ&Aサイトの知乎で、この件について以下の通り最新の説明を行いました。
:この著作権侵害の事実を最初から認めて自ら積極的にやりとりをしました。またこの情報を公開したのは、相手方が賠償金額を吊り上げるのはよくないと思ったからです。
これまでの状況は、それ以降ネット上で激しい議論を引き起こしました。
@談笑間:視覚中国はこの件を問題視していて、大手のウェブサイトは皆、同様の件で視覚中国に脅されてきており、我々の会社も同じように脅されました。彼らの主張の背景は厳しいもので、中国でこの著作権を持っているのは一社だけというものです。
中国著作権局はこの2年間著作権についての厳しい取り締まりを行ってきたので、後になって皆この状況を理解しました。しかし視覚中国は相手を訴えることはしたくないので、その代わりにペナルテイを与えたいと考えているのです。それはあなたにどれくらい資金を払えるかを話してもらい、そして視覚中国側からこの話を終わりにさせましょう、という風に対応をしてきたのです。(私たちの会社も同じような方法で対処しました。)そのほかの会社依然として皆で知恵を出し合い検討しているようです。
@peter55: このようにSINA(新浪)やSOHU(搜狐)は購入する必要がなくて全部リンクにより抜け道に精力を費やす方法を取ったとしても「微利图」で購入する方法には劣ります。「微利图」を使用する際には権限の内容をよく理解する必要があり、また権限も制限されていますが、「微利图」の価格は既に視覚中国の「传统图库」よりもかなり低価格です。
@:阿伊土鳖公主:専門性は行き詰っていて、技術は熟達しています。
現在は著作権とオリジナルを重要視する時代です。
提言する価値があると思うのは、:「もしオリジナルでない画像等を引用する必要がある時には、
1/2
最初にその文章もしくは画像の下面に、出所が明示載されているかどうかを確認して、明示されていれば使用するのは問題ないが、そうでなければその画像の出所を明示しても著作権の侵害になるということです。従ってこのプラットフオームの管理者は図表を使用することについて、慎重であるべきだと戒めているのです!」
最新の情報:Jandan.netと視覚中国は、正規の画像著作権の受け渡しについて協議する協定に署名します。
資格中国は、Jandan.netに高品質の独創性のある図表と、図表等の編集の専門的な内容を提供し、Jandan.netの作成したい内容を満足させ、必要としている情報を伝えて、Jandan.netが視覚中国からまだ権限を与えられていない図表の使用権限問題の解決に協力するというものです。

[原文]

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
中国向けホームページの制作は中国Web専門会社にお任せください

株式会社レクサーは中国を専門とするホームページ作成・広告マーケティング会社です。