中国Webニュース

中国大手検索エンジン百度が広告ルールを発表、悪質広告に対し体験部門はNO

多くのネットサイト管理人はこう考える:自身のサイトを運営するのは容易でないのでいよいよアフィリエイト会社を見つけ広告を貼りアフィリエイト収入が得られるようになり、サイトに広告が貼りたくてたまらなくなっているが、果たしてその広告は本当にあなたにたくさんの収入を生み出してくれるものなのだろうか?と。
先日百度アカウントユーザー体験部門は百度ユーザーに対して満足度調査をしたところ、たくさんの低俗悪質な広告が百度ユーザーの検索行為を阻害していることがわかりました。我々は百度ユーザーの皆様が安心安全に検索行為を行えるよう、このたび百度検索エンジンは《百度モバイル検索ネットページ白書——広告編》を発表しました。この中に百度検索での厳しい違法広告行為についても掲載されました。

百度エンジン広告規範を発表、悪質広告に対し百度体験部門はNO

皆さんご存知の通り百度は6億のユーザーを抱える携帯検索クライアントコンピューターです。中国語ユーザー情報獲得に関して右に出るものはいません。良質な広告はサイトにとってプラスになりますが、百度やサイトにとって低質な広告は致命傷を与えるリスクにしかなりません。
ですので今回モバイルページ広告の乱調に関して、百度検索とタイアップを行う良質なサイトのPV損失を防ぐ手助けと健全で効率の良い検索環境を提供するため手入れを行いました。

低俗内容は禁止、虚偽内容については厳しく取り締まります。
ユーザーが正常にブラウザページを見てる際の低俗禁止広告(エロ系、賭博系、法律に違反する品やサービス)は画像、文字リンクいずれに関わらずユーザーに対して極度の弊害にしかならないため、百度は厳しく取り締まりを行います。

内容を阻害してしまう広告形式、広告位置に関しても取り締まりの対象です。
白書の中には広告のサイズ、広告位置に関しても細かな規範を作りました。どのようなスマホサイトであってもユーザーは画面いっぱいに広告が張り付けられているようなサイトは見たくありません。ですので百度はスマホサイトページの広告面積の要求は小さければ小さいほど良いとしました。

広告の不当使用はサイトのユーザー流失に直結する。
検索する場面を想像してみてください。ユーザーが携帯で情報について百度検索するとき、関連するサイトを見つけ、サイトに入った時、スマホ画面に出てくるのは様々な広告ばかり。こんなことではユーザーは知りたい情報がみつけたくても見つけられません。そんなサイトをあなたは見たいでしょうか?恐らく直接飛ぶことのできる別のサイトに移るのではないでしょうか?

サイトはアフィリエイト広告でしか収益を上げられないのか?

サイトを大きく、そして強くしようと思ったら、コツコツクリック広告で稼ぐのでなく、合理的な方法が必要です。ただし、いかにしてユーザーを居させるか、来させるか、ユーザーの上昇数、自分と関連あるサイトの分析が重要ですし、どのサイト先から自分のサイトにやってきたかの分析、サイトの内容やビジネスモデルを練ること、スマホ登録画面、大量広告によるユーザー流失問題に関して一歩ずつ解決することも大切です。またユーザーの快適なネットサーフィンと広告利益の獲得と両立をどのように実現させるか、ヘビーユーザーの増加と合理化もサイトをビジネス化した後、必ず考えなければならない問題となります。

[原文]

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。