訪日中国人旅行者にとって必須とも言える日本でのネット環境。
Japan Connected-freeWi-Fiの様にスマホにアプリをインストールして利用出来たり、Travel Japan Wi-Fiの様に2週間のみ無料で使えるフリーWifiを利用したりと日本滞在中に必ず必要となるネット環境ですが、2017年7月にSIMカードを差し替える必要がない、世界100カ国で利用出来るという今までになかった画期的だと注目される、ウワサのWi-Fiルーター「GWiFi G3000」が、いよいよ日本国内で販売開始されます。
そもそも「GWiFi G3000」とはどういうものなのか?また、訪日中国人旅行者の利用する際に利便性に優れているのか?など探っていこうと思います。

ウワサのWi-Fiルーター「GWiFi G3000」 一体ナゼ注目されるのか?

販売元はBroadLine株式会社という企業で主にモバイル通信事業とアクセサリー事業などの携帯電話関連商品を扱う企業です。BroadLine株式会社によれば新たに販売される「GWiFi G3000」は日本を含む約100か国で使える、モバイルWi-Fiルーター「G3000」を2017年7月21日に発売すると発表しています。
このWi-Fiルーター「G3000」は事務契約が不要で購入後すぐに使えて、国内海外問わずパケットデータの購入もインターネット経由で簡単に行うことができ、基本使用料・解約料も一切不要との事です。例えば今まで海外旅行に行く場合は出国前の準備段階でSIMフリーWi-Fiルーターをあらかじめ用意して旅行先に到着してから格安プリペイドSIMカードを購入していた方が多いと思いますが、この「G3000」に関してはSIMフリーなので格安プリペイドSIMカードを購入するという手間が無くなります。SIMカードの入れ替えやAPN情報の設定を必要とせずに今いる地域で通信を行えるとされています。どういう事かというと、「G3000」は香港GWiFi社のサービスにはイスラエルSimgo社のSIMカード仮想化ソリューションが用いられていてその利用しようとする旅行先の国々でSIM情報が自動的に書き換えられてわずらわしい手続きやSIMカードの入れ替えが不要になっています。
さらに料金形態も月額基本料、解約料は一切不要で、日本でのパケットデータは購入後30日間有効で、海外で使用する場合のパケットデータは1日単位での購入となっており、パケット利用の事前お申込みや追加購入もインターネットから簡単に申し込み出来ます。有効期間内はパケット利用制限はなく、無制限で利用出来ます。

Wi-Fiルーター「G3000」を購入後の利便性は?

この「G3000」の本体価格:19,800円(税抜)となっています。
日本国内で利用する場合は、NTTドコモとauの回線を繋がりやすい回線を自動選択して使用出来るとの事です。利用料金も安く設定されていて利用期間30日間の料金設定は税込みでそれぞれ「4G LTE 3GB 1480円」「4G LTE 5GB 2280円」「4G LTE 10GB 3480円」「4G LTE 100GB 3980円」と設定されています。購入したデータプランを早く使い切ってしまった場合は、新たにデータプランを購入して、新たなデータプラン購入時点から30日の利用期限となります。
また、「G3000」を購入後に海外で使用する場合は、対象国であらかじめ利用料金が設定されています。対象国は100ヶ国を3つで分けられていてそれぞれ利用料金も違ってきます。ここでは対象国の詳細は省きますが、中国で利用する場合は中国は対象国Aで分類されています。対象国Aの利用ブランは1日300MBで日本円税込で580円、500MBで680円です。
「G3000」は利用した時だけ料金が発生するので使用していない時は料金は掛かりません。これは訪日中国人で利用される方には便利ではないでしょうか。訪日した時にこの「G3000」を購入して訪日中使用して、中国へ帰国して「G3000」を使用する場合も低料金で利用出来て、また訪日する場合は「G3000」を利用出来ます。
「G3000」を購入後には会員と登録が必須になっているのでスマホやPCから会員ページにログインしてパケットデータを購入したらすぐに利用出来る様になっています。

「G3000」が1台あれば余計な店頭での事務手続きをする必要もなく、ネット上ですぐに利用手続きが完了します。そして日本以外の国で旅行される時にも「G3000」は利用出来るので1台持っていると便利であることは間違いありません。

まとめ

今まででは「Japan Connected-freeWi-Fi」を利用していた方も「Travel Japan Wi-Fi」を利用されていた方も多いと思います。「G3000」が販売開始されるからと言って必ずしも購入する必要はないかも知れません。
日本に訪日で滞在する期間も回数も人それぞれ違うので断言は出来ませんが、訪日中国人にとって選択肢が増えて「便利に使える」と思う方もいるかも知れません。「G3000」の利便性は今後も伸びる可能性は高いと思えますので今後の展開にも要注目である事は間違いないでしょう。

NewsPicks_button_01

役にたったら
いいね!して下さい

中国Webマーケティングラボを
中国向けホームページの制作は中国Web専門会社にお任せください

株式会社レクサー(LXR Inc.)は中国を専門とするホームページ作成・広告マーケティング会社です。

中国語でのホームページ制作はもちろん多言語ホームページや越境ECサイト作成。中国現地のWebマーケティングやSNSマーケティングから中国観光客に対するインバウンドマーケティングまで中国のWebビジネスをワンストップで提供できます!