中国Webニュース

偽サイト頻発!その儲けのからくりを暴露する

ネットの普及につれ、ネット上に数えきれないほどのサイトが存在するようになりましたが、中には偽サイトが数多く混ざっていて、一般ユーザーも見分けが付かなくなっています!

一番よく見かける偽サイトは、ドメインと画面を完全に模倣し、例えば淘宝網のwww.taobao.comに対して、偽サイトはwww.taobao.net.com、また、サイト画面のデザインやスタイルも一致しています。これらの偽サイトを開設する違法業者は大抵海外から登録し、海外のサーバーを利用します。不注意な消費者は騙されてしまいます。

偽サイトの二つ目の特徴は権威ある言葉の模倣です。例えば、「中国」「国家」「北京」等の言葉を入れます。具体例を挙げると、違法業者がある国家の某部委員会のサイトに酷似したサイトを開設する際、自ら「中国国家◯◯部門(実際は該当部門はありません)」と名乗り、国家の名前を悪用して消費者の個人情報を盗み、消費者の権益に損害を与えます。

もう一種の偽サイトのタイプは公式サイトの内容を模倣して、低価格で同じ商品を販売と称し、消費者をおびき寄せ、実質的に各アカウントから顧客情報や財産をむしり取り、消費者に経済的な損害を与えます。

偽サイトが対処しずらい理由は、偽サイトが違法性故に低コストだからです。偽サイトは半日から一日で一つ出来上がり、行政機関が今日にサイトを閉鎖しても、明日には新しいサイトが立ち上がっています。次に、偽サイトは摘発を逃れるために隠れ蓑として経営者の本物の情報を入手している可能性があります。例えば、違法業者は国際ドメインに登録すると、国内の届出なしで接続できます。ユーザーが確認するとき、本当の身分を確認することは至難の業です。また、これらのサイトは閉鎖されにくいですのですが、サーバーが国内に存在せず、ドメインも国内のレジストラから与えられるドメインで登録していません。

現在、これらの偽サイトの主な手口はやはりネットユーザーに個人情報を入力させるように仕向け、不正に利益を得ることです。被害を避けるには注意力を持ち、個人情報、特にクレジットカードやアリペイに関する情報はしっかり確認できるようにしてください。

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。