中国Webニュース

2016年Google が削除した悪質広告数17億件に達する

海外の報道によると、Google は毎年その検索エンジン上の大量の悪質広告を削除しているとのことです、これらの広告は往々にしてGoogle の政策理念に反するもので,過ぎる2016年の広告数は最も多く、Google の統計によると削除した悪質広告の数は17億件にも上るようです。これは一昨年の2015年に比べて9,2億件の増加です。

これら政策に反する悪質広告の大半は貸し金融、闇市、違法ドラッグ,賭博などが占めています、それ以外にも消費者を騙し誘導する医療広告などがあります、例えば“あなたはまれに見るひどい皮膚病にかかってはいませんか?”などの手口。

これら悪質広告以外にも、Google は大量の偽新聞記事を削除してきました、これら偽新聞記事は今注目を集めている話題やタイトルを利用して、ユーザーを引き付け当サイトにクリックさせるというもの、ところが出てくるのはあるデパートのサイトという始末です。

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
中国向けホームページの制作は中国Web専門会社にお任せください

株式会社レクサーは中国を専門とするホームページ作成・広告マーケティング会社です。