近年にかけて,中国に進出する日系企業の数が増加しており中国語Webサイト制作の必要性も増しています。

中国向けWebサイトの制作では,単に原文を機械的に翻訳するのではなく原文の意図を良く把握した上で,スムーズに読んでもらえる中国語ホームページを制作する必要があります。

中国語は2種類あります。

中国語には,中国本土全般で使われている簡体字と,香港・台湾で使われている繁体字の2種類があります。

その為,中国語ホームページの制作は中国本土向けを簡体字,香港と台湾向けは
繁体字で表記する事が基本です。

また,簡体字中国語と繁体字中国語で異なるコンテンツにする方法もあります。

簡体字と繁体字の違い

簡体字はシンプルな書体,繁体字は伝統的な書体で日本語の漢字に似ています。

たとえば「東京」の文字は,东京(簡体字)・東京(繁体字)と表記されます。
ちなみに日本語の「ホームページ制作」は,中国語では「网站设计」です。

中国文化を考慮した翻訳

中国語にも日本語にはない独特の言い回しがあります。
中国人とスムーズな伝達と効果的なコミュニケーションを図るには中国の文化的背景を理解する必要があります。

且つ,効果的に伝えるノウハウも必要とされ中国人の視点に合わせた自然な文章の作成が肝要です。

翻訳とローカライズの違い

翻訳の作業と合わせてローカライズの作業もあります。

翻訳とローカライズは元の言語からその国の言語へ翻訳する点では似ていますが,作業プロセスに於いては全く違う手順で進行します。

翻訳での正確な文章に対し,ローカライズは現地の言葉で考えながら作成する作業です。

元の言葉をベースに他言語に置き換えるので現地のユーザーに細かなニュアンスを伝えられます。

契約書や説明書は正確さが要求されるので翻訳では,商品や会社の魅力をアピールする場合はローカライズを選択する方法があります。

サイト制作の際には,翻訳とローカライズの違いを理解し目的に合った作業を選択する必要があります。

ネィティブな中国語翻訳

現地への言語を変換するというのは単に“言葉”を変えるだけでなく,その背景にある文化習慣も考慮しなければなりません。
翻訳先の言語を母語とする人が自然に読めて,好感が持てる文章に表記するためには現地語に順応したネィティブ翻訳が大切です。
海外SEO対策で検索エンジン上位に表示されるには,元となる文章の制約がないローカライズによるコンテンツ制作が有効と思われます。

中国向けWebサイトの制作では,中国語翻訳と現地ローカライズに特化した
中国専門の制作会社を選びましょう!

役にたったら
いいね!して下さい

中国Webマーケティングラボを
中国向けホームページの制作は中国Web専門会社にお任せください

株式会社レクサー(LXR Inc.)は中国を専門とするホームページ作成・広告マーケティング会社です。

中国語でのホームページ制作はもちろん多言語ホームページや越境ECサイト作成。中国現地のWebマーケティングやSNSマーケティングから中国観光客に対するインバウンドマーケティングまで中国のWebビジネスをワンストップで提供できます!