中国Webニュース

驚愕! 2017年第1週目の中国におけるネットのセキュリティ状況

robot-707219_1280

2017年の最初の1ヶ月目も、早くももう半分以上過ぎましたが、インターネットセキュリティを脅かす問題は、時々刻々と存在しています。最近、ある組織が2017年の第一週目のインターネットセキュリティの状況について発表しましたが、その数値はわたしたちを驚愕させるものでした!

おかしくなった中国国内のホストコンピューターの感染量
中国国内でインターネットウィルスに感染したホストコンピューターの数・62.0万台。
中国国内で改ざんされたサイトの総数・1544サイト。
そのうち政府関係のサイトの数・36サイト。
中国国内でバッグドア(ネットワークを通じて外部からコンピューターを自由に操作できるような経路を勝手に設置すること)を取り付けられたサイトの総数・1506サイト。
そのうち中国政府関係のサイト数・16.0%。

今週のインターネットウィルスの活動状況
トロイの木馬(マルウェア/コンピュータ-の安全上の脅威となるソフトウェアの一分類)あるいはゾンビ型ウィルス(対策ソフトで駆除となった後もパソコンを誤作動させ続け、利用者は暗証番号などを盗まれたことに気づかないまま現金を引き落とされる可能性があるウィルス) の数・35.8%。
パソコン数約62.0万台、そのうち39.7万台が含まれる。
中国国内でトロイの木馬あるいはゾンビ型ウィルスによりコントロールされたConficker(コンフィッカー/ネットワークやUSBメモリーを介し、ネットにつながっていないパソコンにも感染する遠隔操作ウィルス)・0.1%、ホストコンピューター約39.7万台、及び中国国内でConfickerに感染したホストコンピューター・約22.322.3万台。

トロイの木馬あるいはゾンビ型ウィルスにコントロールされているホストコンピューターの中国大陸の分布状況が示されている図にあるように、地図中の赤の地域がトロイの木馬とゾンビ型ウィルスの感染量が最も多い地域です。ランキングの上位三地域は、広東省、江蘇省、福建省となっています。

・約5.1万台(広東省 中国大陸総感染量の12.8%を占める)
・約4.0万台(江蘇省 中国大陸総感染量の10.2%を占める)
・約3.0万台(福建省 中国大陸総感染量の7.5%を占める)

“放马”サイトとは、インターネットウィルスが広められる元のサイトです。今週、「CNCERT監視サイト」(National Computer Network Emergency Response Technical Team /中国国家インターネット応急センター )が発見した“放马”サイトと関わりを持ったドメインは104あり、同じく関わりを持ったIPアドレスは334にのぼることがわかっています。104のドメインの中で30.8%は中国国外で登録されており、さらにトップ・レベル・ドメインである“.com”はそのうち約75%を占めています。そして334のIPアドレスのうち、約7.5%は国外にあります。“放马URL”に対する分析よると、大部分の“放马”サイトはドメインのアクセスを通っていて、さらに直接アクセスした9つの関連あるIPアドレスを通っていることがわかりました。
今週「CNCERT監視サイト」が発見した中国国内の改ざんされたサイトの数は1554サイト、中国国内でバッグドアが取り付けられたサイトの数は1506サイト、中国国内サイトへの模倣ウェブページは929ページに及びます。今週「CNCERT監視サイト」が見つけた中国国外の改ざんされたサイトは49.4%にものぼります。
今週、中国国内の改ざんされた政府関係のサイトの数(GOV/米国政府関係のドメインなど)数は36サイトで、国内サイトの2.3%を占めます。これは先週の数値より減少して48.6%です。中国国内でバッグドアが取り付けられた政府関係のサイト(GOVなど)の数42サイトで、国内サイトの2.8%を占めます。これも先週の数値より減少して16.0%となっています。中国国内のサイトの模倣ウェブページに関連したドメイン594、IPアドレス316。平均するとそれぞれのIPアドレスに約3ページの模倣ウェブページがあることになります。

今週、中国国内の改ざんされたサイトの種類別分布図
今週、中国国内でバッグドアが取り付けられたサイトの種類別分布図
今週、重要なセキュリティーホールの状況

これらの数値から、セキュリティーホールの面では、やはりウェブページの模倣の比率が最も大きく、9割近くとなっていることがわかります。と同時に、ホストコンピューターでトロイの木馬ウィルスに感染している地域の大多数は、やはり中国大陸沿岸の発展した大都市であり、影響を受けたサイトは、数え切れないほどに及んでいます! インターネット環境を取り巻くセキュリティは非常に緊迫しているのです!

役にたったら
いいね!して下さい

中国Webマーケティングラボを
中国向けホームページの制作は中国Web専門会社にお任せください

株式会社レクサー(LXR Inc.)は中国を専門とするホームページ作成・広告マーケティング会社です。

中国語でのホームページ制作はもちろん多言語ホームページや越境ECサイト作成。中国現地のWebマーケティングやSNSマーケティングから中国観光客に対するインバウンドマーケティングまで中国のWebビジネスをワンストップで提供できます!

株式会社レクサーのメンバーは中国で10年以上の経験を持つ代表を初めホームページ作成専門家、Webサービスの制作専門家、越境ECサイト及び中国現地の天猫等のECモールの専門家、経営コンサルタント、元中国現地法人の広告代理店勤務者、中国での経理・法務経験者、翻訳者など中国ビジネスのプロフェッショナルの集団です。日本と上海に拠点があり、グローバルに対応可能です。